【ミャンマー】JICAによる合計800億の円借款が、ヤンゴン市内の下水設備改修、洪水・冠水対策、交通渋滞対策、電力設備等に充てられる見通し

3月12日の連邦議会で、日本の国際協力機構(JICA)より合計800億円以上の借款を受ける計画があることが取り上げられた。

議会では、計画・財務省、電力・エネルギー省が計画の詳細について説明した。

ヤンゴン市の下水道開発計画は、2019年から2028年の9年間の計画で、450億円が供与される。

敷設から130年以上経過して老朽化している下水設備の改修が必要とされており、ヤンゴン川に流出されている下水の水質を改善して汚染を防ぐことも目的の一つとなっている。

ヤンゴン新都市開発計画は、2019年から2024年の5年間の計画で、240億円が供与される。

同市内で批判が高まっている、洪水・冠水、交通渋滞の解消を目的として、水門・ポンプ場・下水管などを敷設し、交通渋滞対策として分離帯の設置、環状線列車の改善、信号機の増設などを実施するという。

都市区域送電計画は、2019年から2027年の8年間の計画で、120億円が供与される。変電所を増設し、変電設備を改良することで、ヤンゴン・マンダレー間の送電を改善するという。

ヤンゴン各所で少しずつインフラ整備が進んではいるが、まだまだ課題も多いのが現状。
またインフラ整備には、膨大な時間と費用掛かるため、借款等を通じて町の整備が進んでいくのは、歓迎すべきこと。

日本がヤンゴンの街づくりに大きく関わる事も日本人としては嬉しくも感じる。現在のミャンマーの課題があるのはもちろんながら、数十年先のスマートシティ化を見据えて、町並みが変わっていくことに期待したい。

関連記事

  1. インドネシアで初となる“政府承認ドローン”飛行開始 東南アジアでのドロ…

  2. 子供地球基金30周年記念 HAPPY EARTH展 開催

  3. ベトナム史上最大規模の闇金融組織を摘発。首謀者逮捕、2名逃走中

  4. フィリピンが米の輸入自由化へ 国内生産者からは大きな不満相次ぐ

  5. ミャンマー中銀、QRコード決済サービスの一切禁止を命じる

  6. 開始から撤去数1万軒を突破 次々と撤去されるタイの路上屋台

  7. ミャンマーのTech系スタートアップを支援するパンディーヤが 国内5社…

  8. ベトナム経済は今年は良好か 非小売ビジネスの激化と外資系アパレルの増大…

最近の記事 おすすめ記事

CATEGORIES

ARCHIVES

LINE