日中韓の観光客に対しビザ免除を検討【ミャンマー】

ホテル・観光省のキンタンウィン副大臣は、次の観光シーズンから日本、中国、韓国からの観光客に対し観光ビザを免除するよう検討していることを明らかにした。現在、関連省庁と協議中だという。

ラカイン州でのロヒンギャ問題が原因で、昨年から欧米諸国からの観光客数が減少。一方、アセアン加盟国や日本、韓国、中国からの観光客は増加したという。ミャンマーを訪れる観光客のうち 31%が中国、20%がタイ、2%は日本からの観光客だという。現在、 ミャンマーは 100以上の国に対しビザ申請を義務付けているが、ビザが免除されればミャンマーへの観光客数は増加することが期待される。

観光客としての日本人の数は少ないようだが、ビジネスを含めて訪問する日本人の数は、それなりに増えている。また日本とミャンマーの関係強化を目的として、「次の観光シーズンから」適用される可能性が高い。具体的には、雨季が明ける11月か11月頃となると予想される。

現在、観光ビザは2015年7月から導入された e VISA(オンラインビザ)で 50米ドル、在日本ミャンマー大使館申請で4,200円となっており、決して安い金額ではない。しかしオンライン申請が可能になったことで、随分と気軽にミャンマーへ入国できるようになった。

さらに、この金額がゼロになれば、旅の目的地としてミャンマーを選択する人も増えそうだ。これまで、手間も費用もかかった ビザが不要となれば「ミャンマー行ってみよう」と考える人も増えるだろう。世界一周旅行をする人などで「ミャンマーはビザ代が高いから」と敬遠する人もいたが、そうした人達もミャンマーを選択肢に入れる可能性が高まる。結果として、ミャンマーにより多くのお金が落ちることになりそうだ。

まだ正式な発表はなされていないため、今後の経過についての発表を待つ必要があるが、日本人観光客が増えれば、ミャンマーにも様々なビジネスチャンスが広がっていきそうだ。

関連記事

  1. ミャンマー国内におけるEC普及における課題は、情報セキュリティと国民の…

  2. ミャンマー第4の通信キャリア、マイテル利用者がサービス開始1カ月で2…

  3. 【ミャンマー】ヤンゴン市内を走るバスの一部が24時間運行へ。

  4. EUがミャンマー産米の特恵関税適用を3年間停止へ。新たな販路の開拓が必…

  5. テラドローンインドネシア、国際協力機構(JICA)の協力のもと UAV…

  6. マリオット・インターナショナルとワン・バンコクがバンコク初となるリッツ…

  7. 米国企業団12社が、ミャンマーを訪問。国際社会の風向きが変わる動きとな…

  8. ベトナム史上最大規模の闇金融組織を摘発。首謀者逮捕、2名逃走中

最近の記事 おすすめ記事

CATEGORIES

ARCHIVES

LINE