タイ最大級のインフルエンサーネットワークを擁するMoindyを買収し経営権を取得

AI ソリューションプロバイダのAnyMind Group(本社:シンガポール、CEO:十河 宏輔)は、TV Thunder Public Company Limited(本社:タイ、読み:テレビサンダー)の保有する、タイに本社を構え同国内最大級のMCN(マルチチャンネルネットワーク)のビジネスを行うMoindy Digital Co Ltd.,(本社:タイ、創業代表:Punsak Limvatanayingyong、読み:モインディ)を買収し、経営権を取得いたしました。これにより、AnyMind Group傘下でインフルエンサーマーケティング事業を行うCastingAsia(読み:キャスティングアジア)のビジネスポートフォリオにMoindyブランドが加わることになります。

Moindyは2004年、インディーズ音楽レーベルやミュージシャンが様々なデジタルプラットフォームを通じて音楽の収益化支援を目的とするMobile Indyとして創業しました。2014年にはYouTube MCN事業を開始し、2017年にはTV Thunder Public Company Limitedに売却しMoindyと社名を変更しました。以降Moindyは報道やセレブリティなどの独立したチャンネルを拡大しています。Moindyは現在、YouTubeとLINE TVに合計500以上のチャンネル、3,000万以上のチャンネル登録者数と月間6億を超える視聴回数を有する、タイ国内で最大規模のMCN事業者に成長しております。

左から:Pirath Yensudjal, Siwat Vilassakdanont, 十河 宏輔, Punsak Limvatanayingyong

加えてCastingAsiaは本日、タイ、インドネシア、ベトナム、フィリピン、マレーシアの5市場にて、インフルエンサーマネジメント事業であるCastingAsia Creators Networkを立ち上げました。年内には香港、台湾、日本を含む既存市場への展開を計画しています。 CastingAsiaに登録されている17市場*のおよそ35,500人のマイクロ・マクロインフルエンサーがこのネットワークに加わることで、Facebook、Instagram、YouTube、LINEおよびTwitterの全体で1億8,000万を超えるフォロワーを抱えることになります。
*日本を含むアジア、オーストラリア、ニュージーランド、北米およびヨーロッパ

CastingAsia Creators Networkでは、インフルエンサーやコンテンツクリエイターに対して、チャンネルのモニタリングおよび最適化、制作サポートとスタジオの提供、コンテンツ制作に関わるコンサルティング、クリエイターに対するCastingAsia Creators Academy(コンテンツ戦略、オーディエンスマネジメント、各プラットフォームへのコンテンツ最適化の事例共有を目的としたワークショップ)の提供をいたします。

十河 宏輔、AnyMind Group 共同創業者兼CEO
「当社はこれまでブランド(広告主)とインフルエンサーを繋げるインフルエンサーマーケティングプラットフォームを開発、提供してまいりました。今回のMoindyの買収により、インフルエンサーのネットワークとマネジメントの強化を行い、CastingAsia Creators Networkの構築を通じて、アジア市場から世界に向けて包括的なインフルエンサーマーケティングソリューションの提供を実現いたします」

Punsak Limvatanayingyong, Managing Director and Founder of Moindy
「Moindyがプレミアムコンテンツのマネジメント、テレビ番組、音楽レーベルおよびセレブリティのビジネスに注力する一方で、CastingAsiaはインフルエンサープラットフォームとブランドスポンサーのネットワークを構築しています。両社の得意分野を活かすことでコンテンツの最適化、収益化の両面でクリエイターの支援を行うことが可能です」

Siwat Vilassakdanont, Managing Partner of Moindy, and Global Managing Director of CastingAsia Creators Network
「インフルエンサーマーケティング同様、従来のテレビからYouTubeなど他の動画視聴プラットフォームへの転換は世界的にみて大きなトレンドです。CastingAsia Creators Networkは、11市場13拠点を有するAnyMind Groupのネットワークを生かし、アジア全域でビジネスを拡大できる立ち位置にあると考えています」

Pirath Yensudjai, Executive Vice President of TV Thunder
「タイのテレビおよびデジタルの両産業に27年以上コンテンツを提供してきたことで確立された、テレビ業界における当社の資産が、CastingAsiaとMoindyのインフルエンサーマーケティングの成長に大きなシナジーをもたらすと確信しています」

CastingAsiaのプラットフォームはAIを活用した検索機能を搭載しており、マーケターや広告主がキャンペーンや広告のニーズに最適なインフルエンサーを選出することができます。また、インフルエンサーがキャンペーンに直接応募することのできるCastingAsia Marketplaceも提供しています。このプラットフォームではインフルエンサー管理やコミュニケーション、また詳細なキャンペーンレポーティング機能を有しております。さらにマーケターとインフルエンサーの双方に対して透明性を保つため、過去及びリアルタイムキャンペーンデータ及びアカウント情報を活用した不正検出とブランドセーフティ対応を行っております。

インフルエンサーはCastingAsiaのモバイルアプリ上で自身の活動履歴を見ることができます。またアジアの主要市場にて、マーケターとインフルエンサーを支援するローカルチームが、キャンペーン戦略立案から管理、インフルエンサーとの関係構築までを実行いたします。

十河 宏輔、AnyMind Group 共同創業者兼CEO
「マーケターが最先端のテクノロジーを駆使できることと、インフルエンサーがさらに成長できる環境を提供することで、アジアにおけるインフルエンサーマーケティングのエコシステムを作り上げ、また業界の公平性と透明性の啓蒙および確立を目指してまいります」

AnyMind Groupについて】
2016年4月にAdAsia Holdingsとして創業し、2018年1月にAnyMind Groupを設立、傘下にAdAsia Holdings、CastingAsia、TalentMindの3社を子会社とする組織再編を行いました。AnyMind Groupは、あらゆる産業、業界、そして人に対してAIを活用したソリューションを提供して成長を支援しています。シンガポールに本社を置く当社は11市場13拠点で20国籍400名以上の従業員が勤務しています。今日までに、LINE株式会社、未来創生ファンド、VGI、JAFCO Asiaなどから総額35.9百万米ドル(約40億円)の資金を調達しています。

CastingAsiaについて】
CastingAsiaは広告主やマーケター、インフルエンサーの成長を支援するマーケティングテクノロジーカンパニーです。CastingAsiaのプラットフォームは、運用担当者がインフルエンサーおよびその情報を管理、運用することのできる機能を実装しています。アジア11市場に展開しているほか、アジアのインフルエンサーネットワークであるCastingAsia Creators Networkを提供しています。

Moindyについて】
Moindyは、デジタルプラットフォームを通してインディーズ音楽とそのアーティストの収益化を目的として10年前に創業しました。2014年に音楽チャンネルに特化したYouTube MCN事業を開始し、2017年にTV Thunder Public Company LimitedとSiwat Vilassakdanont氏に売却しました。2017年からの1年で、同社はクリエイターのネットワーク構築を推し進め、より付加価値の高いサービスを提供しています。45名の従業員を擁するMoindyは、月間6億PVを超えるネットワークへ拡大し、タイ国内でのYouTube MCN(Multi-Channel Network)ビジネスでは最大級のシェアを獲得しています。

 

関連記事

  1. アジアのフリーペーパーが読めるスマホアプリ「アジマガ」が新登場!

  2. 【ザ・リッツ・カールトン バリ】新たなウエディングの需要喚起を目的とし…

  3. デスメタル・ポップバンドのジ・アズキウォッシャーズ 東南アジアに向け…

  4. 一風堂、フィリピン マニラ屈指の大型ショッピングモール「Greenbe…

  5. ベトナム首相、官僚など約1000人が参加した ジェトロ・ベトナム計画投…

  6. タイ、トランス脂肪酸の製造・輸入・販売を来年1月から全面禁止に

  7. フィリピン:アグリビジネスの農業起業家への予算増額 ジョブフェアに向け…

  8. シンガポール取引所とインド証券取引所の摩擦が深刻に

最近の記事 おすすめ記事

CATEGORIES

ARCHIVES

LINE