ミャンマー・中国・タイ間で e コマース導入を協議

 

タイのチェンマイ商工会議所連盟とミャンマーのマンダレー管区商工会議所連盟(MRCCI)は5月 19 日、ミャンマー・中国・タイの3カ国間で日用品や食料品をオンラインで直接売買する e コマースの導入について協議した。

MRCCI のオッカーチョー事務次長は「中国・チェンマイ(タイ)間では既に導入しており、好調だ。 今後はミャンマーも含めてオンラインで直接製品の売買ができるよう協議している」とコメントした。e コマースのプラットフォームを経由してミャンマーの製品を中国やタイの消費者に直接販売したり、自国へ輸入したりすることができるという。食料品や化粧品を輸出する際は FDA の認証がある場合に限り可能で、衣服、土産品、日用品などについては必要ないという。

ミャンマーは、中国・タイ、いずれの国とも陸続きで国境を共有している。3カ国で、eコマースを導入し運営しようというスケールの大きな構想。食品や化粧品等の一部商品については、FDAの認証が必要になるが、衣服や日用品についてはその届出も不必要なため、スタートするとなれば、比較的すぐにでも開始できるだろう。どの業者が通関を行うか等の課題は残るが、実現は可能そうだ。

 現時点でもミャンマーには、中国やタイから多くの製品が輸入され、流通しているが、その流れはさらに一段と加速しそうだ。ボーダレス化があっという間に進んでいくことになる。タイ・中国で活動を展開する企業は、この流れを注視しておきたい。

 

関連記事

  1. バンコクに埼玉国際観光コンシェルジュ開設!埼玉の魅力をタイ国内からアプ…

  2. 現地の消費習慣に合わず?ベトナム進出の日本大手コンビニチェーン苦戦の状…

  3. ダバオで広まるパナマ病 従来の品種を元に作られた「クローン苗」で予防な…

  4. 世界の国々のネット利用時間、第1位はダントツのフィリピン!その驚くべき…

  5. シンガポール WIFIスポット 2万ヵ所突破。Wireless@SG政…

  6. 日本・韓国・中国・インドに続いて、ドイツ・フランス・イタリアに対しても…

  7. 「インスタ映え」狙いの海外旅行は日本だけじゃない!タイやシンガポールな…

  8. 8月に控えたアジア協議大会、主催インドネシア・ジャカルタ湾の悪水質で選…

最近の記事 おすすめ記事

CATEGORIES

ARCHIVES

LINE