ミャンマー・中国・タイ間で e コマース導入を協議

 

タイのチェンマイ商工会議所連盟とミャンマーのマンダレー管区商工会議所連盟(MRCCI)は5月 19 日、ミャンマー・中国・タイの3カ国間で日用品や食料品をオンラインで直接売買する e コマースの導入について協議した。

MRCCI のオッカーチョー事務次長は「中国・チェンマイ(タイ)間では既に導入しており、好調だ。 今後はミャンマーも含めてオンラインで直接製品の売買ができるよう協議している」とコメントした。e コマースのプラットフォームを経由してミャンマーの製品を中国やタイの消費者に直接販売したり、自国へ輸入したりすることができるという。食料品や化粧品を輸出する際は FDA の認証がある場合に限り可能で、衣服、土産品、日用品などについては必要ないという。

ミャンマーは、中国・タイ、いずれの国とも陸続きで国境を共有している。3カ国で、eコマースを導入し運営しようというスケールの大きな構想。食品や化粧品等の一部商品については、FDAの認証が必要になるが、衣服や日用品についてはその届出も不必要なため、スタートするとなれば、比較的すぐにでも開始できるだろう。どの業者が通関を行うか等の課題は残るが、実現は可能そうだ。

 現時点でもミャンマーには、中国やタイから多くの製品が輸入され、流通しているが、その流れはさらに一段と加速しそうだ。ボーダレス化があっという間に進んでいくことになる。タイ・中国で活動を展開する企業は、この流れを注視しておきたい。

 

関連記事

  1. インドネシア地震原因解明 北海道と地震被害国で支えあう観光と復興

  2. カンボジア労働市場における現地人材の実務スキル不足を解決する!企業と人…

  3. 産炭国の石炭採掘・保安技術の向上に貢献

  4. インドネシア2018アジアパラ競技大会 上地結衣選手 女子車いすテニス…

  5. フィリピン2019年の観光客増加に向け施設やイベント増加へ。サマル島へ…

  6. インバウンドPRの新たな進化。動画に直接CMを組み込む「インフルエンサ…

  7. 世界初。ベトナム人の素肌再生にフォーカスし、研究し尽くした日本製化粧品…

  8. 国交省の官民研究開発投資拡大プログラムに 日越連携による建築業界向けA…

最近の記事 おすすめ記事

CATEGORIES

ARCHIVES

LINE