ミャンマーの生産年齢人口割合は3,600万人で、その半数近くが農業に従事。

労働・入国管理・人口省労働管理局は1月7日、ミャンマーの生産年齢人口は約3,656万人で、多くは農業分野に就労していることを2018年2月から4月(第1四半期)報告書で発表した。

国際労働機関(ILO)の技術支援で年間労働力調査が行われている。

同報告書によると15歳以上の生産年齢人口のうち、半分以上が女性だった。
生産年齢人口の47.6%は農業分野、16.3%は小売りと卸売り分野、10.6%は商品生産分野、5%は輸送と貯蔵分野、2.5%は教育分野に就労している。

失業率は女性と男性でほとんど差がなく全国で1%、若者の失業率は1.9%。

5歳から17歳までの未成年者の総人口は約1,240万人で、約61万人は児童労働を行っているという。

ミャンマーの生産年齢人口は約3,600万人。

総人口に占める生産年齢人口の割合は、おおよそ68%程度。

ちなみに日本の生産年齢人口割合は、2018年には60%を割っている。

また、従事している産業については農業分野が半分近くを占め、圧倒的多数を占めているのが現状。

ヤンゴンだけを見ていると、なかなか感覚としては掴みにくいが、これがミャンマーの実態。

製造業に従事している人の割合は10%程度であり、まだまだ伸びしろはありそうだ。

関連記事

  1. パイプ切断の丸秀工機、ASEAN最大の工作機械見本市に参加 3日間で2…

  2. フィリピン:アグリビジネスの農業起業家への予算増額 ジョブフェアに向け…

  3. ベトナム人気の高い無印良品 2020年春にホーチミンに同国初出店

  4. ダバオの新しいエコツーリズム「コウモリ観光」 市内の島にはギネス登録の…

  5. 【ミャンマー】ヤンゴン市内の一部エリアで、電気代の確認・支払いをスマホ…

  6. 深刻な薬物問題と戦うフィリピン。刑務所2箇所「麻薬の無い施設」として認…

  7. タイム誌が「天才的企業」50社を発表 東南アジアからはシンガポールのあ…

  8. フランジア、CIのアップデートを実施し、「株式会社Sun Asteri…

最近の記事 おすすめ記事

CATEGORIES

ARCHIVES

LINE