ミャンマーの生産年齢人口割合は3,600万人で、その半数近くが農業に従事。

労働・入国管理・人口省労働管理局は1月7日、ミャンマーの生産年齢人口は約3,656万人で、多くは農業分野に就労していることを2018年2月から4月(第1四半期)報告書で発表した。

国際労働機関(ILO)の技術支援で年間労働力調査が行われている。

同報告書によると15歳以上の生産年齢人口のうち、半分以上が女性だった。
生産年齢人口の47.6%は農業分野、16.3%は小売りと卸売り分野、10.6%は商品生産分野、5%は輸送と貯蔵分野、2.5%は教育分野に就労している。

失業率は女性と男性でほとんど差がなく全国で1%、若者の失業率は1.9%。

5歳から17歳までの未成年者の総人口は約1,240万人で、約61万人は児童労働を行っているという。

ミャンマーの生産年齢人口は約3,600万人。

総人口に占める生産年齢人口の割合は、おおよそ68%程度。

ちなみに日本の生産年齢人口割合は、2018年には60%を割っている。

また、従事している産業については農業分野が半分近くを占め、圧倒的多数を占めているのが現状。

ヤンゴンだけを見ていると、なかなか感覚としては掴みにくいが、これがミャンマーの実態。

製造業に従事している人の割合は10%程度であり、まだまだ伸びしろはありそうだ。

関連記事

  1. 日本もスポンサーに カンボジアには「日本雇用のための介護訓練施設」がオ…

  2. フィリピン乗り合いタクシー「ジプニー」環境汚染・インフラ改善のためスク…

  3. ベトナム経済は今年は良好か 非小売ビジネスの激化と外資系アパレルの増大…

  4. 本物を手元に!カンボジアの女性のためのコスメ購入プラットフォームが強化…

  5. 対ドルのチャット相場が下落―1米ドル1,450チャットの予測も【ミャン…

  6. 揺れるアジアのファッション産業 勝ち馬ベトナムに続くのは?ベトナムは革…

  7. 新たな規制緩和の動き。ミャンマーで生産される21品目について、外国企業…

  8. ハノイZARA 店員が女性客に不当な対応で炎上、不買行動数週間続く Z…

最近の記事 おすすめ記事

CATEGORIES

ARCHIVES

LINE