ミャンマーの生産年齢人口割合は3,600万人で、その半数近くが農業に従事。

労働・入国管理・人口省労働管理局は1月7日、ミャンマーの生産年齢人口は約3,656万人で、多くは農業分野に就労していることを2018年2月から4月(第1四半期)報告書で発表した。

国際労働機関(ILO)の技術支援で年間労働力調査が行われている。

同報告書によると15歳以上の生産年齢人口のうち、半分以上が女性だった。
生産年齢人口の47.6%は農業分野、16.3%は小売りと卸売り分野、10.6%は商品生産分野、5%は輸送と貯蔵分野、2.5%は教育分野に就労している。

失業率は女性と男性でほとんど差がなく全国で1%、若者の失業率は1.9%。

5歳から17歳までの未成年者の総人口は約1,240万人で、約61万人は児童労働を行っているという。

ミャンマーの生産年齢人口は約3,600万人。

総人口に占める生産年齢人口の割合は、おおよそ68%程度。

ちなみに日本の生産年齢人口割合は、2018年には60%を割っている。

また、従事している産業については農業分野が半分近くを占め、圧倒的多数を占めているのが現状。

ヤンゴンだけを見ていると、なかなか感覚としては掴みにくいが、これがミャンマーの実態。

製造業に従事している人の割合は10%程度であり、まだまだ伸びしろはありそうだ。

関連記事

  1. 2019年2月のPMI、ミャンマーがトップに。半年前には最下位に転落す…

  2. 中国企業参入によりバンコクの賃料が上昇中 新規建設も中国企業が大幅予約…

  3. ダバオで「子供にやさしいバランガイ(住民自治組織)」を認定

  4. 世界遺産登録を目指すバガンの空港、東南アジア初のグリーン空港へ【ミャン…

  5. 日本の介護向けの人材派遣実施へ【ミャンマー】

  6. 日本スポーツ界に途上国発の人材育成プログラムが導入カンボジアで展開する…

  7. ハノイのACミランサッカースクールと、 ベトナム発の日系プレスリリース…

  8. 【法人設立】日系人材派遣サンウェル、アジア3カ国目となるハノイ現法設立…

最近の記事 おすすめ記事

CATEGORIES

ARCHIVES

LINE