ミャンマーの生産年齢人口割合は3,600万人で、その半数近くが農業に従事。

労働・入国管理・人口省労働管理局は1月7日、ミャンマーの生産年齢人口は約3,656万人で、多くは農業分野に就労していることを2018年2月から4月(第1四半期)報告書で発表した。

国際労働機関(ILO)の技術支援で年間労働力調査が行われている。

同報告書によると15歳以上の生産年齢人口のうち、半分以上が女性だった。
生産年齢人口の47.6%は農業分野、16.3%は小売りと卸売り分野、10.6%は商品生産分野、5%は輸送と貯蔵分野、2.5%は教育分野に就労している。

失業率は女性と男性でほとんど差がなく全国で1%、若者の失業率は1.9%。

5歳から17歳までの未成年者の総人口は約1,240万人で、約61万人は児童労働を行っているという。

ミャンマーの生産年齢人口は約3,600万人。

総人口に占める生産年齢人口の割合は、おおよそ68%程度。

ちなみに日本の生産年齢人口割合は、2018年には60%を割っている。

また、従事している産業については農業分野が半分近くを占め、圧倒的多数を占めているのが現状。

ヤンゴンだけを見ていると、なかなか感覚としては掴みにくいが、これがミャンマーの実態。

製造業に従事している人の割合は10%程度であり、まだまだ伸びしろはありそうだ。

関連記事

  1. 小売・卸売業への外国投資許可を延期【ミャンマー】

  2. 日本の働き方改革をベトナムへ輸出! NIKOMIXとベトナム会計事務所…

  3. 【ミャンマー】ヤンゴンでオフィス物件の供給量が増加。2018年で3万平…

  4. 【ミャンマー】日本の支援により、脳神経や心臓病の手術が受けられるヤンゴ…

  5. ダパオにヨーロッパの技術を使った排水処理施設設置 今年中にも建設完了に…

  6. はなまるうどんインドネシア1号店が開店!インドネシアの味覚に合わせつつ…

  7. 東南アジアへの優良ツアーを表彰「ASEANツーリズム・アワード・ジャパ…

  8. マレーシアが消費税廃止に。マハティール氏公約実現

最近の記事 おすすめ記事

CATEGORIES

ARCHIVES

LINE