世界初。ベトナム人の素肌再生にフォーカスし、研究し尽くした日本製化粧品、「Naked & Sacred」がいよいよベトナムに本格上陸!

「LTS LAB VIETNAM」社(以降LTS社、代表 LeThi Suu氏)は、NIKOMIX Co.,LTD(本社:日本CEO 仲西宏介)の協力の元、2018年よりベトナム人の肌再生プロジェクトを共同でスタートしていたが、このたびついに、「Naked & Sacred」として、その研究成果を商品化することに成功した。

「Suu氏の熱意にプロジェクト発足」
プロジェクト発足はSuu氏が酷い肌荒れに悩まされていた事がきっかけ。Suu氏は各国の高級化粧品を試したものの肌荒れが一向に治まらなかった。そこで、マーケティングコンサルのNIKOMIX社日本法人CEOの仲西に相談しNIKOMIX社において調査を開始。

1,000人以上の現地ベトナム人女性にヒアリングや調査を重ねた結果、日本人に比べ、ベトナム人の肌は常日頃から様々なダメージに晒されている実態が見えてきた。
中でも大きな違いとして、日本・北米・ヨーロッパと比べて特に排気ガスやPM2.5 などの空気の悪さが肌に影響を与えており、一般的な化粧品では効き目が限られる可能性が高い事が判明したのだ。
自分や同じ悩みを持つベトナム人女性のために、日本の研究開発力をフルに活用してベトナム人の悩みを解決する化粧品を作りたいとのSuu氏の熱意にNIKOMIX社側としても強く賛同し、肌再生プロジェクトとして進める運びとなった。自身でもPh.D資格を持ち、日本国内大手製薬会社との共同研究を行った経験を持つCEO仲西を筆頭に、日本で数々のヒット化粧品を生み出した精鋭メンバーが企画段階から複数参加し、肌再生プロジェクトがスタートした。

「日本品質とベトナム人」
Suu氏は、当初から日本の化粧品は品質が極めて高く、安心して使える認識を持っていたほか、実際によく試していた化粧品が「日本製」であった事もあり、商品化する時は「日本製」と決めていた。そこで、上記の調査の結果であるベトナム人の肌やスキンケア事情及び生活パターンを踏まえ、今回「All in One」化粧品の開発に至った。
公害やPM2.5から肌を守る成分や、ダメージを受けた肌にやさしく効く5種類のセラミドを贅沢に配合した商品で、「肌をダメージから守るだけなく、肌の再生を促す」のが特徴。セラミドによりバリア機能が高まり、キメが整った潤いのある美肌効果が期待できる。また、ベトナム人女性のライフスタイルの特徴として共働きや働き者の女性が多い事から、スキンケアの意識が高いにもかかわらず、忙しさゆえケアがついおろそかになってしまう女性のために、化粧水、乳液、美容液、マスク、化粧下地などの成分を1本に集約して配合。忙しい女性でもしっかりとしたスキンケアを可能とした。

「今後の展開」
2019年12月末にBtoB向け商品を発売、2020年3月にはBtoC向け商品を発売予定。

年間販売予定数量及び売り上げは非公表だが、広告塔に著名人を起用する等既に具体的な動きも着々と進んでおり、NIKOMIX 社としては、このN&Sプロジェクトに、製品開発のみにとどまることなく、マーケティング面でも注力するとしている。
現在のラインナップは「All in One」1本のみであるが、今後はクレンジングや日焼け止め等様々な商品によるラインナップの強化を検討している。

≪この記事の問合せ先≫
LTS LAB VIETNAM CO.,LTD
代表:Le Thi Suu
住所:11st floor,TID building,No4,Cong Vi,Lieu Giai st Ba Dinh District,Ha Noi,Vietnam
電話:02432003416(ベトナム語、日本語、英語対応可)
Web:https://www.naked-and-sacred.com
NIKOMIX JSC (株式会社NIKOMIX )
代表:仲西 宏介(Kouske Nakanishi)
824-0005
3-4-7,Chuo,Yukuhashi-shi,Fukuoka,Japan
電話;093-025-2725(藤岡)

関連記事

  1. ミャンマー・中国・タイ間で e コマース導入を協議

  2. モスバーガーがタイで出店加速!5年で8店舗→45店舗の展開へ

  3. 【ミャンマー】1月からヤンゴンの路線バス乗車で、カード決済が可能に。

  4. インドネシアLRT用車両導入へ!EVタクシーも導入で変わりゆくインドネ…

  5. リッツカールトンバリ、ワールドラグジュアリーホテルアワードで部門受賞!…

  6. 株式会社トキオ・ゲッツがアジアの小学校を活用した キッズマーケティング…

  7. 農業従事者用アプリ開発、農業ツーリズム。ASEAN諸国の農業を支える技…

  8. ベトジェットエア、ホーチミン~バンドン線を新たに就航

最近の記事 おすすめ記事

CATEGORIES

ARCHIVES

LINE