フェイスブックのミャンマー語文字化け、まもなく解消

Techomationの社長は、フェイスブック及びグーグルで使われるミャンマー語が文字化けしてしまう問題について、まもなく解決できると発表した。

現在、Unicode及びZawgyi-oneという2種類のフォントが混在しており、文字化けの原因となっている。

フェイスブックとグーグルにおいて、Zawgyi-oneで入力した場合はUnicodeに自動変換されるため、Zawgyi-one使用者は読むことができないという。

同社長によると、今後はどちらのフォントを用いても文字化けせずに読めるよう、改善しているという。

インターネットユーザーのほとんどがスマートフォンユーザーであり、Zawgyi-oneフォントを利用して入力している。

Zawgyi-oneとUnicodeフォント間の自動変換の問題が解決すれば、メディア事業や広告事業などをはじめとして、ウェブマーケティング市場をはじめとしたインターネット業界の構造が大きく変わることになりそうだ。一気に市場が動き出すかもしれない。

ミャンマーではフェイスブックがウェブ市場で優位に立ち、フェイスブック一強状態が続いている。

ミャンマー人向けウェブマーケティングを考える際、フェイスブックをいかに運用するかが重要になる。

関連記事

  1. 【ミャンマー】ヤンゴン市内を走るバスの一部が24時間運行へ。

  2. ミャンマー国内におけるEC普及における課題は、情報セキュリ ティと国民…

  3. B-EN-Gの「mcframe」がタイで中堅製造業の競争力強化のための…

  4. 2032年五輪招致へ。第18回アジア大会金31個でインドネシア総合4位…

  5. ミャンマー国内初の外国人雇用法の原案を作成中。

  6. 肥料援助、先住民女性の家畜生産育成プログラム。次世代へと変化しつつある…

  7. 変化する訪日需要 ベトナムや中国の外国人客数は?2018年から見る「爆…

  8. 空港シャトルバスが運行開始―ヤンゴン国際空港〜市内まで約40円

最近の記事 おすすめ記事

CATEGORIES

ARCHIVES

LINE