フェイスブックのミャンマー語文字化け、まもなく解消

Techomationの社長は、フェイスブック及びグーグルで使われるミャンマー語が文字化けしてしまう問題について、まもなく解決できると発表した。

現在、Unicode及びZawgyi-oneという2種類のフォントが混在しており、文字化けの原因となっている。

フェイスブックとグーグルにおいて、Zawgyi-oneで入力した場合はUnicodeに自動変換されるため、Zawgyi-one使用者は読むことができないという。

同社長によると、今後はどちらのフォントを用いても文字化けせずに読めるよう、改善しているという。

インターネットユーザーのほとんどがスマートフォンユーザーであり、Zawgyi-oneフォントを利用して入力している。

Zawgyi-oneとUnicodeフォント間の自動変換の問題が解決すれば、メディア事業や広告事業などをはじめとして、ウェブマーケティング市場をはじめとしたインターネット業界の構造が大きく変わることになりそうだ。一気に市場が動き出すかもしれない。

ミャンマーではフェイスブックがウェブ市場で優位に立ち、フェイスブック一強状態が続いている。

ミャンマー人向けウェブマーケティングを考える際、フェイスブックをいかに運用するかが重要になる。

関連記事

  1. ベトナム ハノイ にPlan・Do・See運営ホテルが誕生 HOTEL…

  2. KDDIがベトナムのDEEP C(ディープシー)工業団地でIoTの実証…

  3. カンボジア労働市場における現地人材の実務スキル不足を解決する!企業と人…

  4. インドとベトナムの繊維・アパレル貿易が活況。ベトナムの生産環境問題クリ…

  5. コンゴ紛争で性暴力にあった女性の支援に「ふるさと納税」を活用 目標金額…

  6. インドネシア地震原因解明 北海道と地震被害国で支えあう観光と復興

  7. 肥料援助、先住民女性の家畜生産育成プログラム。次世代へと変化しつつある…

  8. 製造業向け検品ロボット用のAIモデルを開発! ~先着5社へ半額キャンペ…

最近の記事 おすすめ記事

CATEGORIES

ARCHIVES

LINE