フェイスブックのミャンマー語文字化け、まもなく解消

Techomationの社長は、フェイスブック及びグーグルで使われるミャンマー語が文字化けしてしまう問題について、まもなく解決できると発表した。

現在、Unicode及びZawgyi-oneという2種類のフォントが混在しており、文字化けの原因となっている。

フェイスブックとグーグルにおいて、Zawgyi-oneで入力した場合はUnicodeに自動変換されるため、Zawgyi-one使用者は読むことができないという。

同社長によると、今後はどちらのフォントを用いても文字化けせずに読めるよう、改善しているという。

インターネットユーザーのほとんどがスマートフォンユーザーであり、Zawgyi-oneフォントを利用して入力している。

Zawgyi-oneとUnicodeフォント間の自動変換の問題が解決すれば、メディア事業や広告事業などをはじめとして、ウェブマーケティング市場をはじめとしたインターネット業界の構造が大きく変わることになりそうだ。一気に市場が動き出すかもしれない。

ミャンマーではフェイスブックがウェブ市場で優位に立ち、フェイスブック一強状態が続いている。

ミャンマー人向けウェブマーケティングを考える際、フェイスブックをいかに運用するかが重要になる。

関連記事

  1. フィリピン:アグリビジネスの農業起業家への予算増額 ジョブフェアに向け…

  2. 【ミャンマー】モバイルアプリ経由で消費者問題訴え可能に

  3. テラドローンインドネシア、国際協力機構(JICA)の協力のもと UAV…

  4. 日系設計事務所WORKLOUNGE03‐ オーストラリア人共同とベトナ…

  5. 新プロジェクトでインフレと戦うダバオ 農業の予算増加における生産力上昇…

  6. 【ミャンマー】ヤンゴン市内の一部エリアで、電気代の確認・支払いをスマホ…

  7. ホテルやレストランのルームチャージ、サービスチャージに対しても商業税を…

  8. 日本の介護向けの人材派遣実施へ【ミャンマー】

最近の記事 おすすめ記事

CATEGORIES

ARCHIVES

LINE