フェイスブックのミャンマー語文字化け、まもなく解消

Techomationの社長は、フェイスブック及びグーグルで使われるミャンマー語が文字化けしてしまう問題について、まもなく解決できると発表した。

現在、Unicode及びZawgyi-oneという2種類のフォントが混在しており、文字化けの原因となっている。

フェイスブックとグーグルにおいて、Zawgyi-oneで入力した場合はUnicodeに自動変換されるため、Zawgyi-one使用者は読むことができないという。

同社長によると、今後はどちらのフォントを用いても文字化けせずに読めるよう、改善しているという。

インターネットユーザーのほとんどがスマートフォンユーザーであり、Zawgyi-oneフォントを利用して入力している。

Zawgyi-oneとUnicodeフォント間の自動変換の問題が解決すれば、メディア事業や広告事業などをはじめとして、ウェブマーケティング市場をはじめとしたインターネット業界の構造が大きく変わることになりそうだ。一気に市場が動き出すかもしれない。

ミャンマーではフェイスブックがウェブ市場で優位に立ち、フェイスブック一強状態が続いている。

ミャンマー人向けウェブマーケティングを考える際、フェイスブックをいかに運用するかが重要になる。

関連記事

  1. ネオキャリアの海外サービスブランドREERACOEN、マレーシア・ジョ…

  2. 一風堂、インドネシア首都ジャカルタに3号店オープン! – …

  3. ベトナム繊維業界は試練の年になるか?世界規模のアパレル輸出国で商品原産…

  4. マレーシア、不法労働者の再雇用 6月打ち切りへ

  5. タイにて高速道路が次々完成予定 デジタル免許証の復旧の加速にも期待

  6. AnyMind Group(エニーマインドグループ)、マレーシアに現地…

  7. ハノイのACミランサッカースクールと、 ベトナム発の日系プレスリリース…

  8. 日本の「美」がテーマ セレクトショップ『JAPAN BEAUTY ST…

最近の記事 おすすめ記事

CATEGORIES

ARCHIVES

LINE