ミャンマー現地大手飲食チェーンのYKKOが、ヨマに株式売却へ。

ヨマ・ストラテジック・ホールディングスが、大手外食レストランYKKOの株式65%を取得する予定であることを明らかにした。

2018年9月30日時点でのYKKOの時価総額は、約62億2,000万チャット(=約4億4,600万円)で、ヨマはYKKO発行の株式65%を約194億チャット(=約13億8,700万円)支払うことに同意した。

ヨマのメルヴィン・パン最高経営責任者は「YKKOは家族経営の飲食店から、ミャンマーで知名度の高い飲食店ブランドの一つになった。
更なる成長を支援できることを誇りに思う」と話した。

YKKOは麺料理チェオーを看板商品に、全国各地でチェーン店を展開しており、日本の丸亀製麺を運営するトリドールホールディングスとも合弁会社を設立している。

同社は1988年創業で、2018年には30周年を迎え、ヤンゴンだけでなく全国で37店舗を展開している。

外資系飲食店では、KFC(ケンタッキーフライドチキン)やロッテリアなどが全国展開を推し進めるが、飲食チェーンはそれほど多くない。

今回の報道によれば、ミャンマーでKFCやアンティ・アンズを運営するヨマホールディングスが運営に入ることになる。

ミャンマーにおいて、一般消費者向けビジネスは決して簡単ではないが、飲食ビジネスについては着実に伸びている。

ショッピングモールなどでも、フードコートや飲食店には、洋服店等に比べて集客が多い印象がある。

現地飲食チェーンを牽引するYKKOの大きな動きは、業界に大きな変化を起こしそうだ。

関連記事

  1. デスメタル・ポップバンドのジ・アズキウォッシャーズ 東南アジアに向け…

  2. ミンダナオの交通インフラ開発に期待 国内の輸送効率を向上で農工業ベンチ…

  3. 変化する訪日需要 ベトナムや中国の外国人客数は?2018年から見る「爆…

  4. 世界にとって存在意義のあるスタートアップを創り出す! ICMGシンガポ…

  5. 旅する真空パック器、海を越えてインドネシアへ

  6. 絶え間ない経済成長と労働環境から見るベトナムのアパレル産業の光と闇

  7. カンボジア ポイペトにおける工業団地事業に関する販売提携について

  8. 英語留学、ワーキングホリデーにアジアが選ばれるわけ

最近の記事 おすすめ記事

CATEGORIES

ARCHIVES

LINE