ミャンマー語未表記の製品、4月から取り締まり強化へ

4月26日から調査員が小売店を巡回し、ミャンマー語表記のない商品を取り締まることがわかった。

マンダレー管区消費者問題局のキンミィンミィンタン局長補佐が明らかにした。

昨年の10月26日に商品の情報をミャンマー語で表記するようガイドラインが発表されており、販売されている商品が基準を満たしていない場合、法規則に従って通告・罰金・販売の一時停止・商品の押収・ライセンスの没収など段階を経て取り締まるという。

消費者問題局の今回の発表は、消費者が安心して基準を満たした商品やサービスを受けられるようにすることが目的だとも、同局長補佐は述べた。

現在、ミャンマーのスーパーマーケットをはじめとした小売店には英語表記のみの商品、タイ語表記のみの商品などが多く並んでいる。

他国から輸入された日本ブランドの商品も説明書は英語であることが多い。

一定の教育水準以上の人は英語に対しても抵抗感は薄いが、それでもミャンマー人にとって母国語はミャンマー語。

ミャンマー語表記への変更は、各企業ともに対策が必要となる。

関連記事

  1. アジア主要10カ国対応SIMカード「Wi-Ho!SIM アジア周遊」販…

  2. タイ企業2社が、小売・卸売業への投資を申請。ミャンマーと陸で国境を接す…

  3. 製造業向け検品ロボット用のAIモデルを開発! ~先着5社へ半額キャンペ…

  4. <カンボジア3都市で総勢600名以上を動員> 世界の若者たちを応援する…

  5. W杯メインスポンサーであるアディダス・ナイキ大手2社。アジア生産工場の…

  6. ミャンマー政府、ユニコード文字使用に本腰。ユニコード使用の携帯電話の…

  7. フィリピン・ダバオ「カダヤワン祭り」今年も大盛況のうち終了 観光客は宿…

  8. Mastercard調査「2018年度アジア太平洋渡航先ランキング」~…

最近の記事 おすすめ記事

CATEGORIES

ARCHIVES

LINE