ミャンマーにおける外国人観光客向けのカジノが合法化へ。改正賭博法が国会で承認。

ミャンマー連邦議会が、賭博法の改正を承認した。本改正は、1986年に制定された法律の改正となる。
改正により、認可を得た上で外国人観光客を対象としたカジノの運営が可能になる。

今後、カジノの建設や運営に関わる法律についても、整備を進める予定だという。

ミャンマーで、遂に外国人観光客を対象としたカジノ運営が承認された。
政府から認可を得れば、外国人観光客を対象としたカジノの運営は可能となる。
一方でミャンマー国民は認められない事になる点に注意が必要だ。

ミャンマーを訪れる観光客の中には、カジノ好きも一定数含まれており、外貨獲得の手段の1つとしても期待される。
カジノを目当てに海外に出かける日本人も一定数いるため、観光客増加にも期待が集まる。

細かい法整備については、これからのようだが、大きな一歩が踏み出された。

関連記事

  1. 【ミャンマー】1カ月のインターネット使用料金が約3億ドル。市場規模…

  2. ミャンマーの通信利用料金の7割をデータ通信利用料が占めるとの発表。カン…

  3. 【ミャンマー】中国〜マンダレー〜ネピドー〜ヤンゴンの幹線道路建設は、中…

  4. 全盲の人も楽しめる絵画の美しさ!ベトナム・ハノイ市で「マリス作品展」開…

  5. 空港シャトルバスが運行開始―ヤンゴン国際空港〜市内まで約40円

  6. ミャンマー国内におけるEC普及における課題は、情報セキュリティと国民の…

  7. ベトナム最⼤の⽇系会計事務所I-GLOCAL 給与代行専門会社を設立

  8. レッド・プラネット・ジャパンは新ホテルをフィリピンで着工し、さらなる成…

最近の記事 おすすめ記事

CATEGORIES

ARCHIVES

LINE