ミャンマーにおける外国人観光客向けのカジノが合法化へ。改正賭博法が国会で承認。

ミャンマー連邦議会が、賭博法の改正を承認した。本改正は、1986年に制定された法律の改正となる。
改正により、認可を得た上で外国人観光客を対象としたカジノの運営が可能になる。

今後、カジノの建設や運営に関わる法律についても、整備を進める予定だという。

ミャンマーで、遂に外国人観光客を対象としたカジノ運営が承認された。
政府から認可を得れば、外国人観光客を対象としたカジノの運営は可能となる。
一方でミャンマー国民は認められない事になる点に注意が必要だ。

ミャンマーを訪れる観光客の中には、カジノ好きも一定数含まれており、外貨獲得の手段の1つとしても期待される。
カジノを目当てに海外に出かける日本人も一定数いるため、観光客増加にも期待が集まる。

細かい法整備については、これからのようだが、大きな一歩が踏み出された。

関連記事

  1. タイ旅行客が年内100万人突破確実。近日グランドオープンのアウトレット…

  2. 吉本興業がアジア動画配信大手「iflix」に出資

  3. W杯メインスポンサーであるアディダス・ナイキ大手2社。アジア生産工場の…

  4. デジタルプロダクト開発のモンスター・ラボ、 事業拡大に伴いハノイ拠点の…

  5. 小売・卸売業への外国投資許可を延期【ミャンマー】

  6. 12/4(火)カンボジア障がい者支援活動報告会 ―心のバリアを取り除く…

  7. こんな校舎で学んでみたい!世界各国の学校をめぐる写真集『世界の美しい学…

  8. インドネシア 第25回日本留学フェア開催 参加者は過去最高に

最近の記事 おすすめ記事

CATEGORIES

ARCHIVES

LINE