ミャンマーにおける外国人観光客向けのカジノが合法化へ。改正賭博法が国会で承認。

ミャンマー連邦議会が、賭博法の改正を承認した。本改正は、1986年に制定された法律の改正となる。
改正により、認可を得た上で外国人観光客を対象としたカジノの運営が可能になる。

今後、カジノの建設や運営に関わる法律についても、整備を進める予定だという。

ミャンマーで、遂に外国人観光客を対象としたカジノ運営が承認された。
政府から認可を得れば、外国人観光客を対象としたカジノの運営は可能となる。
一方でミャンマー国民は認められない事になる点に注意が必要だ。

ミャンマーを訪れる観光客の中には、カジノ好きも一定数含まれており、外貨獲得の手段の1つとしても期待される。
カジノを目当てに海外に出かける日本人も一定数いるため、観光客増加にも期待が集まる。

細かい法整備については、これからのようだが、大きな一歩が踏み出された。

関連記事

  1. 【FUN! JAPAN Lab】アニメや漫画でおなじみのキャラクターが…

  2. FinTechベンチャーのグローバルモビリティサービス、4カ国目となる…

  3. 【ミャンマー】ヤンゴンでプラスチックゴミ削減啓発の劇を披露。各所でゴミ…

  4. タイでデング熱が大流行中 出張やレジャーの際には感染症情報と自衛の確認…

  5. ミャンマー現地大手飲食チェーンのYKKOが、ヨマに株式売却へ。

  6. フィリピン禁煙化、順調に進む 煙草パッケージのインパクトや価格値上げが…

  7. 2019年元旦に誕生した命、世界で約39万5千。内4分の1はインドネシ…

  8. 話題の絶えないタイ・ワチラーロンコーン国王陛下の肖像紙幣。500/10…

最近の記事 おすすめ記事

CATEGORIES

ARCHIVES

LINE