ミャンマーにおける外国人観光客向けのカジノが合法化へ。改正賭博法が国会で承認。

ミャンマー連邦議会が、賭博法の改正を承認した。本改正は、1986年に制定された法律の改正となる。
改正により、認可を得た上で外国人観光客を対象としたカジノの運営が可能になる。

今後、カジノの建設や運営に関わる法律についても、整備を進める予定だという。

ミャンマーで、遂に外国人観光客を対象としたカジノ運営が承認された。
政府から認可を得れば、外国人観光客を対象としたカジノの運営は可能となる。
一方でミャンマー国民は認められない事になる点に注意が必要だ。

ミャンマーを訪れる観光客の中には、カジノ好きも一定数含まれており、外貨獲得の手段の1つとしても期待される。
カジノを目当てに海外に出かける日本人も一定数いるため、観光客増加にも期待が集まる。

細かい法整備については、これからのようだが、大きな一歩が踏み出された。

関連記事

  1. 日系PIXTAとハノイ工科大学が機械学習に関する共同研究で合意

  2. タイにおける第6号・第7号プロジェクトへの参画が決定 タイでの分譲マン…

  3. SEMエージェンシー、東南アジア展開としてラオスに子会社SEM Age…

  4. 世界的暗号資産企業であるHuobiがシンガポールの起業家Eric Ch…

  5. 国交省の官民研究開発投資拡大プログラムに 日越連携による建築業界向けA…

  6. 世界初。ベトナム人の素肌再生にフォーカスし、研究し尽くした日本製化粧品…

  7. 旧正月明けの採用ラッシュを支援 日系Talenty、リファラル採用プラ…

  8. ミャンマー第4の通信キャリア、マイテル利用者がサービス開始1カ月で2…

最近の記事 おすすめ記事

CATEGORIES

ARCHIVES

LINE