ミャンマーにおける外国人観光客向けのカジノが合法化へ。改正賭博法が国会で承認。

ミャンマー連邦議会が、賭博法の改正を承認した。本改正は、1986年に制定された法律の改正となる。
改正により、認可を得た上で外国人観光客を対象としたカジノの運営が可能になる。

今後、カジノの建設や運営に関わる法律についても、整備を進める予定だという。

ミャンマーで、遂に外国人観光客を対象としたカジノ運営が承認された。
政府から認可を得れば、外国人観光客を対象としたカジノの運営は可能となる。
一方でミャンマー国民は認められない事になる点に注意が必要だ。

ミャンマーを訪れる観光客の中には、カジノ好きも一定数含まれており、外貨獲得の手段の1つとしても期待される。
カジノを目当てに海外に出かける日本人も一定数いるため、観光客増加にも期待が集まる。

細かい法整備については、これからのようだが、大きな一歩が踏み出された。

関連記事

  1. ヨーロッパ商工会議所がマンダレーに拠点開設し、経済発展のための覚書締結…

  2. ミンダナオの交通インフラ開発に期待 国内の輸送効率を向上で農工業ベンチ…

  3. 【ミャンマー】ヤンゴン市内を走るバスの一部が24時間運行へ。

  4. バリ島特有の「キャンディおつりシステム」減少の傾向 貰えたらラッキー?…

  5. 土地税・建物税導入検討で揺れるタイの住宅事情 阪急阪神グループは投資拡…

  6. インドネシア 第25回日本留学フェア開催 参加者は過去最高に

  7. ミャンマー政府、ユニコード文字使用に本腰。ユニコード使用の携帯電話の…

  8. 空港シャトルバスが運行開始―ヤンゴン国際空港〜市内まで約40円

最近の記事 おすすめ記事

CATEGORIES

ARCHIVES

LINE