ミャンマーにおける外国人観光客向けのカジノが合法化へ。改正賭博法が国会で承認。

ミャンマー連邦議会が、賭博法の改正を承認した。本改正は、1986年に制定された法律の改正となる。
改正により、認可を得た上で外国人観光客を対象としたカジノの運営が可能になる。

今後、カジノの建設や運営に関わる法律についても、整備を進める予定だという。

ミャンマーで、遂に外国人観光客を対象としたカジノ運営が承認された。
政府から認可を得れば、外国人観光客を対象としたカジノの運営は可能となる。
一方でミャンマー国民は認められない事になる点に注意が必要だ。

ミャンマーを訪れる観光客の中には、カジノ好きも一定数含まれており、外貨獲得の手段の1つとしても期待される。
カジノを目当てに海外に出かける日本人も一定数いるため、観光客増加にも期待が集まる。

細かい法整備については、これからのようだが、大きな一歩が踏み出された。

関連記事

  1. 人工知能テクノロジー・スタートアップのシナモン、シリーズBラウンドの第…

  2. ミャンマー北部の秘境、ザガイン管区のナガランド、入域許可不要になり、観…

  3. シンガポール WIFIスポット 2万ヵ所突破。Wireless@SG政…

  4. タイ有数の観光地、中国人観光客が激減し半分以下に。7月転覆事故の影響い…

  5. 日系PIXTAとハノイ工科大学が機械学習に関する共同研究で合意

  6. ミャンマーでレンタカー予約アプリ。ミャンマー国内の旅行をレンタカーで楽…

  7. ダバオ市 一定床面積以上の施設に放送設備設置義務化。地方政府センター設…

  8. 日本・韓国・中国・インドに続いて、ドイツ・フランス・イタリアに対しても…

最近の記事 おすすめ記事

CATEGORIES

ARCHIVES

LINE