ミャンマーにおける外国人観光客向けのカジノが合法化へ。改正賭博法が国会で承認。

ミャンマー連邦議会が、賭博法の改正を承認した。本改正は、1986年に制定された法律の改正となる。
改正により、認可を得た上で外国人観光客を対象としたカジノの運営が可能になる。

今後、カジノの建設や運営に関わる法律についても、整備を進める予定だという。

ミャンマーで、遂に外国人観光客を対象としたカジノ運営が承認された。
政府から認可を得れば、外国人観光客を対象としたカジノの運営は可能となる。
一方でミャンマー国民は認められない事になる点に注意が必要だ。

ミャンマーを訪れる観光客の中には、カジノ好きも一定数含まれており、外貨獲得の手段の1つとしても期待される。
カジノを目当てに海外に出かける日本人も一定数いるため、観光客増加にも期待が集まる。

細かい法整備については、これからのようだが、大きな一歩が踏み出された。

関連記事

  1. 中国企業参入によりバンコクの賃料が上昇中 新規建設も中国企業が大幅予約…

  2. 国外7つ目のAKBグループ「SGO48」第一期生決定!ベトナムを拠点に…

  3. 海外支持の高い「こどもちゃれんじ」からテレビ番組「しまじろう」がタイで…

  4. 14億円超の投資でヤンゴン管区内のバス停を近代化へ【ミャンマー】

  5. ベトナム経済は今年は良好か 非小売ビジネスの激化と外資系アパレルの増大…

  6. 非接触で出退勤を管理。AIを用いた製品を提供する地場企業BEET IN…

  7. 対ドルのチャット相場が下落―1米ドル1,450チャットの予測も【ミャン…

  8. 世界的暗号資産企業であるHuobiがシンガポールの起業家Eric Ch…

最近の記事 おすすめ記事

CATEGORIES

ARCHIVES

LINE