ミャンマーにおける外国人観光客向けのカジノが合法化へ。改正賭博法が国会で承認。

ミャンマー連邦議会が、賭博法の改正を承認した。本改正は、1986年に制定された法律の改正となる。
改正により、認可を得た上で外国人観光客を対象としたカジノの運営が可能になる。

今後、カジノの建設や運営に関わる法律についても、整備を進める予定だという。

ミャンマーで、遂に外国人観光客を対象としたカジノ運営が承認された。
政府から認可を得れば、外国人観光客を対象としたカジノの運営は可能となる。
一方でミャンマー国民は認められない事になる点に注意が必要だ。

ミャンマーを訪れる観光客の中には、カジノ好きも一定数含まれており、外貨獲得の手段の1つとしても期待される。
カジノを目当てに海外に出かける日本人も一定数いるため、観光客増加にも期待が集まる。

細かい法整備については、これからのようだが、大きな一歩が踏み出された。

関連記事

  1. カンボジア: 栄養不良を治療するウエハースを開発~自国生産で普及を目指…

  2. IT産業が熱いベトナムへの進出

  3. 半年閉鎖のボラカイ島環境問題、進捗は?著名ホテルも営業許可が下りない実…

  4. 巨大神像に金の冠 バリ28年ぶりの神像進捗 今年8月の完成目指す

  5. 深刻な薬物問題と戦うフィリピン。刑務所2箇所「麻薬の無い施設」として認…

  6. <カンボジア3都市で総勢600名以上を動員> 世界の若者たちを応援する…

  7. シンガポールとマレーシアの領空・領海紛争が緊張緩和で合意

  8. タイでの今年のデング熱死亡患者 1~7月までに45人超える。患者数は約…

最近の記事 おすすめ記事

CATEGORIES

ARCHIVES

LINE