ヨーロッパ商工会議所がマンダレーに拠点開設し、経済発展のための覚書締結。第2の都市も発展の兆し【ミャンマー】

ヨーロッパとミャンマーとの事業協力および支所開設に関しての了解覚書に、ヨーロッパ商工会議所とマンダレー管区商工会議所連盟(MRCCI)が8月30日に調印。
マンダレーとヨーロッパ間での投資拡大については、2017年10月21日の会議以降、2018年5月1日にも協議が継続されて いた。

マンダレー管区商工会議所連盟のジョーミン会長は「マンダレーに拠点を開設することで、ヨーロッパ諸国の企業とミャンマー北部の企業との相互交流を図り、いっそうの経済発展を目指してゆきたい」と語っている。

ミャンマーでは、ヤンゴンを中心に世界中の各国から 投資が集まっている。
日本はもちろん、中国・韓国・タイなどのアジア各国はもちろん、ヨーロッパ、アメリカを含み、世界各国から案件が集まってきている。
これまでの投資先は、ミャンマーの最大都市ヤンゴンが中心となっているが、ヤンゴンも飽和状態に近い。そのため、第2の都市マンダレーへと進出をはじめる企業も増えてきている。
マンダレーは、中国からの距離が近いこともあり、以前から中国の影響力が強い。しかし、ここに来て そこを押しのけて、ヨーロッパ商工会議所が、本格的にマンダレー進出を決めた。

当然ながら、日本の商工会議所がマンダレーに拠点を開設といった話はない。今後、マンダレーは、各国の支援を受けて、どのように経済発展をしていくのだろうか。
ヤンゴンだけでなく、マンダレーやその他の都市が発展していくことは、ミャンマー経済にとってもいい影響があるだろう。

関連記事

  1. インドネシアで初となる“政府承認ドローン”飛行開始 東南アジアでのドロ…

  2. ハノイZARA 店員が女性客に不当な対応で炎上、不買行動数週間続く Z…

  3. Mastercard調査「2018年度アジア太平洋渡航先ランキング」~…

  4. 日本スポーツ界に途上国発の人材育成プログラムが導入カンボジアで展開する…

  5. 肥料援助、先住民女性の家畜生産育成プログラム。次世代へと変化しつつある…

  6. ベトナム日本大使館、外務省Sports for Tomorrowなどか…

  7. 占い感覚で楽しめる!「理想の彼氏」と行く旅行プラン KKday.com…

  8. 日本・韓国・中国・インドに続いて、ドイツ・フランス・イタリアに対しても…

最近の記事 おすすめ記事

CATEGORIES

ARCHIVES

LINE