ミャンマーで責任あるビジネスを推進するMCRBによる、企業透明性ランキング発表。大手が上位に。

Myanmar Center For Responsible Business (MCRB)がミャンマーの企業透明性評価報告書を発表し、シティ・マート・ホールディングスが1位となった。
2位はファースト・ミャンマー・インベストメント(FMI)、3位はマックス・ミャンマー及びシュエタウンと、大手財閥企業が続く。

MCRBは2014年から同報告書の発行を開始。
国内企業約250社を調査しており、コンサルティング会社Yeverが調査事業を支援している。
対象企業のうち約100社あまり(44%)は会社のウェブサイトがなく、公開されている情報が少ない。

同報告書によると、国営企業の透明性が最も低く、住宅開発銀行及びヤンゴン配電公社の透明性の評価点はわずか5点だったという。

ビジネスのしやすさランキングでは、世界190カ国中171位と下位に位置するミャンマー。
企業の透明性評価報告書の認知度が高まり、責任あるビジネスを進める会社が増えていけば、ミャンマー全体のビジネス環境も整備されていくことになる。

企業一社一社の意識変化を通じて、ビジネスのしやすい環境が整備されていくことに期待したい。

関連記事

  1. フィリピンのジプニースクラップ案廃止 新たにニーズに合わせた新型の設計…

  2. フェイスブックのミャンマー語文字化け、まもなく解消

  3. バリ島特有の「キャンディおつりシステム」減少の傾向 貰えたらラッキー?…

  4. 空港シャトルバスが運行開始―ヤンゴン国際空港〜市内まで約40円

  5. 日系設計事務所WORKLOUNGE03‐ オーストラリア人共同とベトナ…

  6. ミャンマー国内におけるEC普及における課題は、情報セキュリティと国民の…

  7. インドネシアで初となる“政府承認ドローン”飛行開始 東南アジアでのドロ…

  8. 身長93cmのIT企業女性社長、努力と家族の愛で起業

最近の記事 おすすめ記事

CATEGORIES

ARCHIVES

LINE