ミャンマーで責任あるビジネスを推進するMCRBによる、企業透明性ランキング発表。大手が上位に。

Myanmar Center For Responsible Business (MCRB)がミャンマーの企業透明性評価報告書を発表し、シティ・マート・ホールディングスが1位となった。
2位はファースト・ミャンマー・インベストメント(FMI)、3位はマックス・ミャンマー及びシュエタウンと、大手財閥企業が続く。

MCRBは2014年から同報告書の発行を開始。
国内企業約250社を調査しており、コンサルティング会社Yeverが調査事業を支援している。
対象企業のうち約100社あまり(44%)は会社のウェブサイトがなく、公開されている情報が少ない。

同報告書によると、国営企業の透明性が最も低く、住宅開発銀行及びヤンゴン配電公社の透明性の評価点はわずか5点だったという。

ビジネスのしやすさランキングでは、世界190カ国中171位と下位に位置するミャンマー。
企業の透明性評価報告書の認知度が高まり、責任あるビジネスを進める会社が増えていけば、ミャンマー全体のビジネス環境も整備されていくことになる。

企業一社一社の意識変化を通じて、ビジネスのしやすい環境が整備されていくことに期待したい。

関連記事

  1. 日系PIXTAとハノイ工科大学が機械学習に関する共同研究で合意

  2. 理想的な世界移住国ランキングが発表!1位はやっぱりアジアのあの国

  3. サッカー国際交流イベント「CEREZO CUP(セレッソ・カップ)」を…

  4. ミャンマーの生産年齢人口割合は3,600万人で、その半数近くが農業に従…

  5. ミャンマー政府、ユニコード文字使用に本腰。ユニコード使用の携帯電話の…

  6. ミャンマー語未表記の製品、4月から取り締まり強化へ

  7. ミャンマー国内におけるEC普及における課題は、情報セキュリティと国民の…

  8. 日本の「美」がテーマ セレクトショップ『JAPAN BEAUTY ST…

最近の記事 おすすめ記事

CATEGORIES

ARCHIVES

LINE