ミャンマーで責任あるビジネスを推進するMCRBによる、企業透明性ランキング発表。大手が上位に。

Myanmar Center For Responsible Business (MCRB)がミャンマーの企業透明性評価報告書を発表し、シティ・マート・ホールディングスが1位となった。
2位はファースト・ミャンマー・インベストメント(FMI)、3位はマックス・ミャンマー及びシュエタウンと、大手財閥企業が続く。

MCRBは2014年から同報告書の発行を開始。
国内企業約250社を調査しており、コンサルティング会社Yeverが調査事業を支援している。
対象企業のうち約100社あまり(44%)は会社のウェブサイトがなく、公開されている情報が少ない。

同報告書によると、国営企業の透明性が最も低く、住宅開発銀行及びヤンゴン配電公社の透明性の評価点はわずか5点だったという。

ビジネスのしやすさランキングでは、世界190カ国中171位と下位に位置するミャンマー。
企業の透明性評価報告書の認知度が高まり、責任あるビジネスを進める会社が増えていけば、ミャンマー全体のビジネス環境も整備されていくことになる。

企業一社一社の意識変化を通じて、ビジネスのしやすい環境が整備されていくことに期待したい。

関連記事

  1. 一風堂、フィリピン マニラ屈指の大型ショッピングモール「Greenbe…

  2. 【ミャンマー】1カ月のインターネット使用料金が約3億ドル。市場規模…

  3. ミャンマー語未表記の製品、4月から取り締まり強化へ

  4. カンボジア労働市場における現地人材の実務スキル不足を解決する!企業と人…

  5. アジア小売業コンサルティング~アジア圏小売業態への『オペレーション組織…

  6. ベトナム発の日系プレス配信サービスVEHO PRESS シンガポール、…

  7. アジアリーグ主催テリフィック12 出場チーム発表。日本、フィリピン含め…

  8. ヨーロッパ商工会議所がマンダレーに拠点開設し、経済発展のための覚書締結…

最近の記事 おすすめ記事

CATEGORIES

ARCHIVES

LINE