ミャンマーで責任あるビジネスを推進するMCRBによる、企業透明性ランキング発表。大手が上位に。

Myanmar Center For Responsible Business (MCRB)がミャンマーの企業透明性評価報告書を発表し、シティ・マート・ホールディングスが1位となった。
2位はファースト・ミャンマー・インベストメント(FMI)、3位はマックス・ミャンマー及びシュエタウンと、大手財閥企業が続く。

MCRBは2014年から同報告書の発行を開始。
国内企業約250社を調査しており、コンサルティング会社Yeverが調査事業を支援している。
対象企業のうち約100社あまり(44%)は会社のウェブサイトがなく、公開されている情報が少ない。

同報告書によると、国営企業の透明性が最も低く、住宅開発銀行及びヤンゴン配電公社の透明性の評価点はわずか5点だったという。

ビジネスのしやすさランキングでは、世界190カ国中171位と下位に位置するミャンマー。
企業の透明性評価報告書の認知度が高まり、責任あるビジネスを進める会社が増えていけば、ミャンマー全体のビジネス環境も整備されていくことになる。

企業一社一社の意識変化を通じて、ビジネスのしやすい環境が整備されていくことに期待したい。

関連記事

  1. インドネシア 第25回日本留学フェア開催 参加者は過去最高に

  2. ミャンマー国内で自動車の製造・組み立て事業を行なう許可を得た企業は18…

  3. 世界初。ベトナム人の素肌再生にフォーカスし、研究し尽くした日本製化粧品…

  4. 【ザ・リッツ・カールトン バリ】新たなウエディングの需要喚起を目的とし…

  5. 8月に控えたアジア協議大会、主催インドネシア・ジャカルタ湾の悪水質で選…

  6. フィリピンのジプニースクラップ案廃止 新たにニーズに合わせた新型の設計…

  7. ダバオの新しいエコツーリズム「コウモリ観光」 市内の島にはギネス登録の…

  8. インドネシア・ロンボク島の地震による被災者支援のため、出動を決定 ~死…

最近の記事 おすすめ記事

CATEGORIES

ARCHIVES

LINE