ミャンマーで責任あるビジネスを推進するMCRBによる、企業透明性ランキング発表。大手が上位に。

Myanmar Center For Responsible Business (MCRB)がミャンマーの企業透明性評価報告書を発表し、シティ・マート・ホールディングスが1位となった。
2位はファースト・ミャンマー・インベストメント(FMI)、3位はマックス・ミャンマー及びシュエタウンと、大手財閥企業が続く。

MCRBは2014年から同報告書の発行を開始。
国内企業約250社を調査しており、コンサルティング会社Yeverが調査事業を支援している。
対象企業のうち約100社あまり(44%)は会社のウェブサイトがなく、公開されている情報が少ない。

同報告書によると、国営企業の透明性が最も低く、住宅開発銀行及びヤンゴン配電公社の透明性の評価点はわずか5点だったという。

ビジネスのしやすさランキングでは、世界190カ国中171位と下位に位置するミャンマー。
企業の透明性評価報告書の認知度が高まり、責任あるビジネスを進める会社が増えていけば、ミャンマー全体のビジネス環境も整備されていくことになる。

企業一社一社の意識変化を通じて、ビジネスのしやすい環境が整備されていくことに期待したい。

関連記事

  1. 人工知能テクノロジー・スタートアップのシナモン、シリーズBラウンドの第…

  2. 【デュシット インターナショナル】ホイアン旧市街近くのビーチサイドにベ…

  3. 深刻な薬物問題と戦うフィリピン。刑務所2箇所「麻薬の無い施設」として認…

  4. 旅する真空パック器、海を越えてインドネシアへ

  5. ベトナムにおける「器楽教育」の導入・定着化施策が、ジェトロの「社会課題…

  6. ヒューマンリソシア、海外ITエンジニア採用フェア「Japan IT J…

  7. アジア主要10カ国対応SIMカード「Wi-Ho!SIM アジア周遊」販…

  8. ビジネスSNSプラットフォーム「freeC」に大きな注目。東南アジアの…

最近の記事 おすすめ記事

CATEGORIES

ARCHIVES

LINE