2018年のミャンマーの新車販売台数は1.5万台。新車市場のシェア約58%がスズキ。トヨタのシェアは約17%。

ミャンマー自動車協会(AAM)は、今年11月までにショールーム 19カ所で新車1万5,390台が販売されたと明らかにした。

国内でコンプリート・ノックダウン(CKD)、セミノックダウン(SKD)生産された自動車がヤンゴンライセンスを取得できるため、完成車として輸入される新車より売れたという。

ブランド別自動車販売台数は、スズキ8,943台、トヨタ2,666台、フォード1,135台、日産918台、マツダ385台、BMW61台、シボレー250台、三菱175台、DanfFeng130台、Fuso Mercedes(CCAM)103台、GAC93台、現代93台、Isuzu86台、Higer76台、メルセデス・ベンツ66台、Scana59台、Volvo57台、日野49台、ランドローバー32台、ジャガー13台。

2018年11月までで、新車1万5千台以上が販売され、完成車として輸入された自動車よりも国内で組み立てられた自動車の方が多く売れた、とのこと。
スズキが最も売れていることがわかる。

トヨタの3倍以上売っている計算になる。

スズキは、セミノックダウン方式で、ミャンマー国内で生産しているが、売上台数を見ればわかるように、他を圧倒している。
他社は、このまま黙っていられないだろう。

新車市場が徐々に盛り上がりを見せているが、まだまだはじまったばかり。
2019年もスズキが独走しているのだろうのか、1年後も楽しみだ。

関連記事

  1. 2018年のミャンマーから国外への派遣者は22万人超に。最多はタイ。日…

  2. 2019年元旦に誕生した命、世界で約39万5千。内4分の1はインドネシ…

  3. W杯メインスポンサーであるアディダス・ナイキ大手2社。アジア生産工場の…

  4. インドネシアLRT用車両導入へ!EVタクシーも導入で変わりゆくインドネ…

  5. 軽油税増税、道路税割戻し、発電業者に炭素税を導入……激動のシンガポール…

  6. タイ旅行客が年内100万人突破確実。近日グランドオープンのアウトレット…

  7. ハノイZARA 店員が女性客に不当な対応で炎上、不買行動数週間続く Z…

  8. ミンダナオの交通インフラ開発に期待 国内の輸送効率を向上で農工業ベンチ…

最近の記事 おすすめ記事

CATEGORIES

ARCHIVES

LINE