ミャンマーの通信利用料金の7割をデータ通信利用料が占めるとの発表。カンボジア、ベトナムなどの約3倍。

マイテルのゾーミンウー広報部長は、請求額の70%はデータ使用料金となっており、データ使用料金が高いため、データ使用量はラオスやカンボジアより少ないと述べた。

ベトナム、カンボジア、ラオスでは、データ使用料金は請求額の25%にとどまっている。

ミャンマーのデータ通信量は1カ月あたり4.5GB。一方、ラオスでは14GB、カンボジアでは10GBとなっている。

通信事業者市場へベトナム系のマイテルが参入し、通信料は1MBあたり1チャット(=0.07 円)に下落したが、利用者の収入に合わせて通信料をさらに引き下げる必要があると、マイテルは1月18日に発表した。

通信指示局のミョースエ局長は「通信料の設定価格は赤字であってはならず、過当競争となれば巡り巡って消費者に皺寄せが来る」と話した。

2018年夏頃に、マイテルが市場に参入したことで、固まりつつあった市場価格に新たな動きが生まれ、現在では1MB 1チャット程度になっている。

ミャンマーの通信量は1ヵ月あたり4.5GBのため、利用料金では4,608チャット(約323円)に相当する。

1日の最低賃金が4,800ks(約336円)で、ほぼ1日の賃金に相当する。

日本でも、月給20万円の人の日給はおよそ1万円換算。

この水準が高いのか低いのか、一概には語れないが、月に1万円ほど携帯料金を支払っていれば、同じような金額になる。

ミャンマーでは1ヶ月当4.5GB、ラオス14GB、カンボジア10GBといった比較の数字も大変興味深い。

関連記事

  1. 国交省の官民研究開発投資拡大プログラムに 日越連携による建築業界向けA…

  2. フィリピン:アグリビジネスの農業起業家への予算増額 ジョブフェアに向け…

  3. フィリピンのジプニースクラップ案廃止 新たにニーズに合わせた新型の設計…

  4. ホテルやレストランのルームチャージ、サービスチャージに対しても商業税を…

  5. フィリピンの歴史ある祭りでトランスジェンダーが集うミス・コンテストが開…

  6. 日本の大和PIパートナーズが、またもミャンマー企業に投資。今度はオンラ…

  7. シンガポールでミャンマー就職フェア開催(7月14日、15日)

  8. フランジア、CIのアップデートを実施し、「株式会社Sun Asteri…

最近の記事 おすすめ記事

CATEGORIES

ARCHIVES

LINE