【ミャンマー】経済・貿易省、イオンなど外資の小売・卸売業を許可

経済・貿易省は、外資および合弁企業に対して国内での小売・卸売販売許可を発表後、4社に対して仮登記証を発行し、販売を許可したことを明らかにした。

外資100%のマイケア・ユニ・チャームがおむつの卸売販売、合弁のパシフィック・アンダマンが女性・子ども用ヘルスケア用品の卸売販売、イオン・オレンジが優先販売物品グループ15種の小売販売、内資100%のシティ・マート・ホールディングスがミニマーケットでの小売販売についてそれぞれ販売許可を受けた。

一方、内資100%企業による店舗ごとの販売物品は計70万ドル(=約7,870万円)未満であれば新たに登録の必要はないが、既存の登記内容に対して認証した3社のリストも公表した。

認証を受けた3社は、食品・日用品・薬品を含む物品グループ12種の小売販売を行うミャンマー・コンビニエンスストア、機械油の小売販売とミニマートのデンコー・トレーディング、化粧品の小売販売を行うティリ・コスメティックス(Mistine)であった。

同省のチョーテッムー副局長は「外資100%企業および内資株式比率20%未満の合弁会社は、卸売販売の場合土地代を除いて500万ドル(=5億6,200万円)、小売販売の場合は300万ドル(=約3億3,700万円)の初期投資が必要だ」と述べた。

2018年5月に外資企業に小売・卸売業が認可され、7月末には優先品目リストが発表されたが、遂に外資系企業・合弁企業に事業許可がおり、遂に本格的に外資企業による、小売業・卸売業がスタートすることとなる。

ミャンマー経済発展に向けた大きな動きとなるだろう。

関連記事

  1. カンボジア ポイペトにおける工業団地事業に関する販売提携について

  2. 2019年元旦に誕生した命、世界で約39万5千。内4分の1はインドネシ…

  3. ベトナム最⼤の⽇系会計事務所I-GLOCAL 給与代行専門会社を設立

  4. ミャンマーにおいて自動車ローン制度整備が進んだことで、購入者の8割が分…

  5. 絶え間ない経済成長と労働環境から見るベトナムのアパレル産業の光と闇

  6. フィリピン2019年の観光客増加に向け施設やイベント増加へ。サマル島へ…

  7. 世界初。ベトナム人の素肌再生にフォーカスし、研究し尽くした日本製化粧品…

  8. KDDIがベトナムのDEEP C(ディープシー)工業団地でIoTの実証…

最近の記事 おすすめ記事

CATEGORIES

ARCHIVES

LINE