【ミャンマー】年内にも貿易事業者に対して、外国銀行が直接融資可能に。ミャンマー経済の活性化に期待。

ミャンマー中央銀行は、ミャンマー国内で支店開設許可を得ている外国銀行に対し、貿易事業者への融資を認可する予定であることを明らかにした。
年内の開始を予定しているという。

現在、外国銀行からの融資は国内銀行を経由して行われている。
貿易事業者が直接外国銀行の融資が受けられるようになれば、事業拡大に繋がると期待されている。
ミャンマー中央銀行は、日本、シンガポール、タイ、インド、韓国などの外国銀行13行に対し支店開設を認可している。

外資銀行に対する規制緩和の流れが加速中だ。同じ金融分野の保険業界においても、外資系企業にライセンスを交付する旨が報道されているが、今度は、銀行業に対する規制緩和が行われる。

現在、日本の三菱UFJ銀行、三井住友銀行、みずほ銀行の3行がミャンマー国内における支店開設の認可を取得して、事業を展開しているが、営業範囲に限りがあるのが現状。今回の動きを通じて、貿易事業者に、直接融資できるようになれば、経済の活性化も見込める。

規制緩和を通じて、金融業全体も活性化し、若干冷え込み気味のミャンマー経済全体が活性化していくことを期待したい。

関連記事

  1. 開始から撤去数1万軒を突破 次々と撤去されるタイの路上屋台

  2. 日系PIXTAとハノイ工科大学が機械学習に関する共同研究で合意

  3. 【ミャンマー】JICAによる合計800億の円借款が、ヤンゴン市内の下水…

  4. インドネシアで初となる“政府承認ドローン”飛行開始 東南アジアでのドロ…

  5. 世界遺産登録を目指すバガンの空港、東南アジア初のグリーン空港へ【ミャン…

  6. Mastercard調査「2018年度アジア太平洋渡航先ランキング」~…

  7. 世界にとって存在意義のあるスタートアップを創り出す! ICMGシンガポ…

  8. 株式会社トキオ・ゲッツがアジアの小学校を活用した キッズマーケティング…

最近の記事 おすすめ記事

CATEGORIES

ARCHIVES

LINE