【ミャンマー】年内にも貿易事業者に対して、外国銀行が直接融資可能に。ミャンマー経済の活性化に期待。

ミャンマー中央銀行は、ミャンマー国内で支店開設許可を得ている外国銀行に対し、貿易事業者への融資を認可する予定であることを明らかにした。
年内の開始を予定しているという。

現在、外国銀行からの融資は国内銀行を経由して行われている。
貿易事業者が直接外国銀行の融資が受けられるようになれば、事業拡大に繋がると期待されている。
ミャンマー中央銀行は、日本、シンガポール、タイ、インド、韓国などの外国銀行13行に対し支店開設を認可している。

外資銀行に対する規制緩和の流れが加速中だ。同じ金融分野の保険業界においても、外資系企業にライセンスを交付する旨が報道されているが、今度は、銀行業に対する規制緩和が行われる。

現在、日本の三菱UFJ銀行、三井住友銀行、みずほ銀行の3行がミャンマー国内における支店開設の認可を取得して、事業を展開しているが、営業範囲に限りがあるのが現状。今回の動きを通じて、貿易事業者に、直接融資できるようになれば、経済の活性化も見込める。

規制緩和を通じて、金融業全体も活性化し、若干冷え込み気味のミャンマー経済全体が活性化していくことを期待したい。

関連記事

  1. インドネシアで保税物流センターのライセンスを取得

  2. 絶え間ない経済成長と労働環境から見るベトナムのアパレル産業の光と闇

  3. 【法人設立】日系人材派遣サンウェル、アジア3カ国目となるハノイ現法設立…

  4. KINGS GROUPが、シンガポール上場企業SUTL Enterpr…

  5. ミャンマーの通信利用料金の7割をデータ通信利用料が占めるとの発表。カン…

  6. フィリピン・ダバオから西日本豪雨における哀悼とお見舞いの声明が発表

  7. 占い感覚で楽しめる!「理想の彼氏」と行く旅行プラン KKday.com…

  8. ホテルやレストランのルームチャージ、サービスチャージに対しても商業税を…

最近の記事 おすすめ記事

CATEGORIES

ARCHIVES

LINE