ミャンマーの4G 通信速度、アジアで4位

ミャンマーの4G インターネット通信速度がアジアで4位になったことを、アジアの 12 都市のモバイル・ワイヤレスネットワーク調査をしているオープンシグナルが明らかにした。

調査した12 都市の内、ソウルが 45Mpbs で一位、次いでシンガポール、台北、ヤンゴン、東京、ホーチミンが25Mpbs、香港、クアラルンプール、マニラ、バンコク、プノンペンが 16.9Mpbs、ジャカルタ 10Mpbs となっている。

ソウルとシンガポールの4G インターネット速度は、アジアだけでなく国際ランキングでも 1 位となっ た。ミャンマーとベトナムでは4G インターネットを2年前から導入しており、通信速度が速いが、4G インターネット利用者が増加すれば速度が落ちる可能性があるという。

 

ミャンマーの通信環境は、2014年8月にミャンマー政府が外資2社にライセンスを付与したことで、市場が解放され物凄いスピードで通信環境の整備がはじまった。SIMカードの値段がそれまでは1万円していたところを150円になり、3Gが整備され、その3年後には、4Gネットワークも整備されるに至った。現在では、4社が競う形で、いずれも4Gネットワークを提供している。国内で生活していると「随分と早くなった」感覚はある。この4年間でのミャンマーの大きな変化の一つと言える。

今回の調査結果によれば、ミャンマーは、ソウル、シンガポール、台北に続いて4位のスピード。香港、クアラルンプール、マニラ、バンコク、プノンペン、ジャカルタよりも早いと発表されている。この結果には、さすがに驚きだ。ぜひミャンマーでお試しいただきたい。

関連記事

  1. タイ大型ショッピングモール【バンコク東急パラダイスパーク】来年3月末閉…

  2. 【ミャンマー】中国〜マンダレー〜ネピドー〜ヤンゴンの幹線道路建設は、中…

  3. 【イオン環境財団】第2期「インドネシア ジャカルタ植樹」をスタート

  4. トランスコスモス、「アジア10都市オンラインショッピング利用動向調査2…

  5. ベトナムにおける「器楽教育」の導入・定着化施策が、ジェトロの「社会課題…

  6. 【ミャンマー】経済状況「改善」と答える企業の割合が増加

  7. マザーハウス、シンガポールへ初出店。発展途上国の技術と素材を世界に届け…

  8. 絶え間ない経済成長と労働環境から見るベトナムのアパレル産業の光と闇

最近の記事 おすすめ記事

CATEGORIES

ARCHIVES

LINE