ダウェーSEZ計画、雨季明けに再開へ【ミャンマー】

経済・貿易省タンミン連邦大臣は、長期間停止しているダウェー経済特区(SEZ)の開発計画を今年の雨季明けに再開する方針を明らかにした。
同大臣によると、同 SEZ 周辺の道路整備及び基幹計画である深海港と工業団地の建設を、ミャン マー・タイ・日本の協力で進めていくという。

同 SEZ は当初、イタリアン・タイ・デベロップメント(ITD)が 75%、マックス・ミャンマーが 25%を出資 して合弁会社を設立し、開発を進めていた。2013 年には財政難のため同計画は停止となったが、 2015 年にミャンマー・タイ・日本の政府が再開に向けて協議を開始。今年5月には JICA が開発のマ スタープランを作成した。

ダウェー経済特区は、ミャンマーで3つ指定されている経済特区(ティラワ、チャオピュー、ダウェー)のうちの1つ。2013年の停止以来、立ち消えたわけではなく、何度も話題にのぼっていた。「開発計画の再開に向けた合意形成のための会議開催」等の報道は過去に何度も流れてきた。しかし、再開の報道はなされぬまま、5年が経過。

それが一転、雨季明けには工事が再開される予定とのこと。ミャンマー・タイ・日本の3カ国で計画を進めていくことになりそうだ。タイから西側諸国への輸出を考える際には、要衝となりうる場所で、タイに進出する日系企業にとっても、タイ企業にとっても重要な場所となる。深海港がつくられる計画もあり、また特区全体の広さからも、注目を浴びている。

ほぼ時を同じくして、チャオピュー経済特区も開発を開始するとの報道が流れている。経済特区が動き出すまでに、1〜2年という単位ではないが、確実にミャンマーが動き始めている。

 

関連記事

  1. 旅する真空パック器、海を越えてインドネシアへ

  2. タイ企業2社が、小売・卸売業への投資を申請。ミャンマーと陸で国境を接す…

  3. ベトジェットエア、ホーチミン~バンドン線を新たに就航

  4. ミャンマーの通信利用料金の7割をデータ通信利用料が占めるとの発表。カン…

  5. 絶え間ない経済成長と労働環境から見るベトナムのアパレル産業の光と闇

  6. FinTechベンチャーのグローバルモビリティサービス、4カ国目となる…

  7. 日系設計事務所WORKLOUNGE03‐ オーストラリア人共同とベトナ…

  8. バリ島特有の「キャンディおつりシステム」減少の傾向 貰えたらラッキー?…

最近の記事 おすすめ記事

CATEGORIES

ARCHIVES

LINE