2019年2月のPMI、ミャンマーがトップに。半年前には最下位に転落するも、半年でトップに返り咲き。

日本経済新聞社とIHSマークイットが発表した2019年2月のアセアン製造業 PMI(購買担当者景気指数)によると、対象7カ国の中でミャンマーがトップであり、ミャンマーの製造業が大きく発展して いることが分かった。

各国のPMIはそれぞれ、ミャンマー:53.1、フィリピン:51.9、ベトナム:51.2、インドネシア:50.1、タイ:49.9、マレーシア:47.6、シンガポール:45.1。

ミャンマーのPMIは 2018年3月と4月にトップであったが、景気の減速と共に5月から継続的に減少し、7月~9月には7カ国中最低となった。
その後インフレ率が減少した影響で、10月から再びPMIが上昇。
製造分野における需要増加により雇用も増加したという。

また、建設分野における新規事業開発が企業の発展を推進したと考えられる。

ミャンマー・チャット安などの影響で一時は大きく落ち込んだが、為替相場も一定程度落ち着きはじめ、需要が増加したことで、活性化している。

乾季に入り、建設現場が動き出したことも影響して経済は上向いている。半年ほどで、低迷から脱したミャンマー。

ミャンマーの勢いを象徴するかのような動きで、まだまだミャンマー成長の勢いは止まらなさそうだ。

関連記事

  1. 【ミャンマー】中国の WeChat Pay がマンダレーにおいて3ヶ月…

  2. 新たな規制緩和の動き。ミャンマーで生産される21品目について、外国企業…

  3. ミャンマーのシャン州へ海外からの観光客が急増中!

  4. IT産業が熱いベトナムへの進出

  5. コンゴ紛争で性暴力にあった女性の支援に「ふるさと納税」を活用 目標金額…

  6. 英語留学、ワーキングホリデーにアジアが選ばれるわけ

  7. 【ミャンマー】ネット通販でのトラブルが増加傾向

  8. 【ミャンマー】1月からヤンゴンの路線バス乗車で、カード決済が可能に。

最近の記事 おすすめ記事

CATEGORIES

ARCHIVES

LINE