2019年2月のPMI、ミャンマーがトップに。半年前には最下位に転落するも、半年でトップに返り咲き。

日本経済新聞社とIHSマークイットが発表した2019年2月のアセアン製造業 PMI(購買担当者景気指数)によると、対象7カ国の中でミャンマーがトップであり、ミャンマーの製造業が大きく発展して いることが分かった。

各国のPMIはそれぞれ、ミャンマー:53.1、フィリピン:51.9、ベトナム:51.2、インドネシア:50.1、タイ:49.9、マレーシア:47.6、シンガポール:45.1。

ミャンマーのPMIは 2018年3月と4月にトップであったが、景気の減速と共に5月から継続的に減少し、7月~9月には7カ国中最低となった。
その後インフレ率が減少した影響で、10月から再びPMIが上昇。
製造分野における需要増加により雇用も増加したという。

また、建設分野における新規事業開発が企業の発展を推進したと考えられる。

ミャンマー・チャット安などの影響で一時は大きく落ち込んだが、為替相場も一定程度落ち着きはじめ、需要が増加したことで、活性化している。

乾季に入り、建設現場が動き出したことも影響して経済は上向いている。半年ほどで、低迷から脱したミャンマー。

ミャンマーの勢いを象徴するかのような動きで、まだまだミャンマー成長の勢いは止まらなさそうだ。

関連記事

  1. 空港シャトルバスが運行開始―ヤンゴン国際空港〜市内まで約40円

  2. ベトナム人気の高い無印良品 2020年春にホーチミンに同国初出店

  3. インドネシア・ロンボク島の地震による被災者支援のため、出動を決定 ~死…

  4. インドネシア 第25回日本留学フェア開催 参加者は過去最高に

  5. デジタルプロダクト開発のモンスター・ラボ、 事業拡大に伴いハノイ拠点の…

  6. シンガポールでミャンマー就職フェア開催(7月14日、15日)

  7. ハノイのACミランサッカースクールと、 ベトナム発の日系プレスリリース…

  8. 肥料援助、先住民女性の家畜生産育成プログラム。次世代へと変化しつつある…

最近の記事 おすすめ記事

CATEGORIES

ARCHIVES

LINE