2019年2月のPMI、ミャンマーがトップに。半年前には最下位に転落するも、半年でトップに返り咲き。

日本経済新聞社とIHSマークイットが発表した2019年2月のアセアン製造業 PMI(購買担当者景気指数)によると、対象7カ国の中でミャンマーがトップであり、ミャンマーの製造業が大きく発展して いることが分かった。

各国のPMIはそれぞれ、ミャンマー:53.1、フィリピン:51.9、ベトナム:51.2、インドネシア:50.1、タイ:49.9、マレーシア:47.6、シンガポール:45.1。

ミャンマーのPMIは 2018年3月と4月にトップであったが、景気の減速と共に5月から継続的に減少し、7月~9月には7カ国中最低となった。
その後インフレ率が減少した影響で、10月から再びPMIが上昇。
製造分野における需要増加により雇用も増加したという。

また、建設分野における新規事業開発が企業の発展を推進したと考えられる。

ミャンマー・チャット安などの影響で一時は大きく落ち込んだが、為替相場も一定程度落ち着きはじめ、需要が増加したことで、活性化している。

乾季に入り、建設現場が動き出したことも影響して経済は上向いている。半年ほどで、低迷から脱したミャンマー。

ミャンマーの勢いを象徴するかのような動きで、まだまだミャンマー成長の勢いは止まらなさそうだ。

関連記事

  1. 中国企業参入によりバンコクの賃料が上昇中 新規建設も中国企業が大幅予約…

  2. 東南アジアへの優良ツアーを表彰「ASEANツーリズム・アワード・ジャパ…

  3. 日本もスポンサーに カンボジアには「日本雇用のための介護訓練施設」がオ…

  4. ミャンマー・中国・タイ間で e コマース導入を協議

  5. フィリピン気象変動による農家への影響が懸念 土地の少なさに対するサポー…

  6. タイ総選挙目前!禁酒日も発表。結果発表は戴冠式の5月9日以降

  7. 【ミャンマー】ヤンゴンでオフィス物件の供給量が増加。2018年で3万平…

  8. 【ミャンマー】経済・貿易省、イオンなど外資の小売・卸売業を許可

最近の記事 おすすめ記事

CATEGORIES

ARCHIVES

LINE