ミャンマー国内におけるEC普及における課題は、情報セキュリティと国民の信頼。チャンスは多い。

3月15日、電子商取引(eコマース)に関するセミナーがミャンマー商工会議所連盟で開かれ、ミャンマーにおいて電子商取引を円滑に普及するためには、情報セキュリティの強化と電子商取引へ国民の信頼が必要であると指摘された。

ミャンマー・コンピューター連盟の副会長と役員達は、QRコード決済、バイオメトリクス認証、スマートコントラクトなど金融機関が共同で実現する分野について協議を行った。国内では、銀行口座を開設している人もいまだ少ないのが現状。

今後の課題として格差調査や技術と資金の拡充が挙げられた。

現在、ミャンマーでは、他国のように電子商取引も少しずつ認知度が高まっており、Facebookやshop.com.mmなどのプラットフォームを利用して、オンライン上で買い物をする人の数も増えている。

ECに対する国民の信頼は時間をかけて醸成していくことが必要となり、一定期間の時間が必要となるだろう。

電子商取引を進める上で、その利便性の鍵を握るのが、決済と物流。その両者が整えば、電子商取引は一気に進む可能性がある。

QRコード決済については、アリババがアリペイを広めかけたがミャンマー政府がそれを止め、地場大手のKBZ銀行が主導するKBZPayを進めようとしているが、同時に政府主導で進めようとしているのが現状。しかしながら、セキュリティ面など、まだまだ課題は残さる。

裏返せば、それだけビジネスチャンスがあるといえる。

関連記事

  1. 揺れるアジアのファッション産業 勝ち馬ベトナムに続くのは?ベトナムは革…

  2. 【ミャンマー】ヤンゴン市内の一部エリアで、電気代の確認・支払いをスマホ…

  3. 肥料援助、先住民女性の家畜生産育成プログラム。次世代へと変化しつつある…

  4. 日本・韓国・中国・インドに続いて、ドイツ・フランス・イタリアに対しても…

  5. 日本人と対等に働くことができるベトナム人の育成を初月無料にてホーチミン…

  6. 2032年五輪招致へ。第18回アジア大会金31個でインドネシア総合4位…

  7. 非接触で出退勤を管理。AIを用いた製品を提供する地場企業BEET IN…

  8. ミャンマー政府、ユニコード文字使用に本腰。ユニコード使用の携帯電話の…

最近の記事 おすすめ記事

CATEGORIES

ARCHIVES

LINE