【ミャンマー】ヤンゴン市内の一部エリアで、電気代の確認・支払いをスマホ一台でできる仕組み導入へ。

毎月の電気メーター使用量、利用金額をスマートフォンで知ることができる「Advanced Metering Infrastructure(AMI)システム」を、ヤンゴン管区南オッカラッパ郡区において導入していくことを電力・エネルギー省とヤンゴン電力供給公社代表が明らかにした。

5月末から電力使用料をスマートフォンで払うことができるようになるという。

2018年5月からAMIシステムをドーポン郡区で初めて導入し成果が出た。
バベーダン郡区でも成果が出ているため今回南オッカラッパ郡区にも導入される。

同システムの導入で電気メーターを読み取りに行く作業員の労力を減らすことができ、電力の不正利用、不便さなども減らせるという。

これまでは、電気メーターの読み取りを担当する作業員がいて、メーターを確認し請求書を作成し、各家庭に配布していたが、スマートフォンを活用して対応できるようになる。

まずは、試験実施的にエリア限定で行われるが今後ヤンゴン全域でも導入されていくことになるだろう。

国民のほとんどがスマートフォンを手にしており、通信環境が整っているからこそできる取り組みではあるが、利便性は圧倒的に高まることが予想される。

まずは電気からだがうまくいけば水道など他の分野にも広がっていくことになるだろう。

関連記事

  1. 【ミャンマー】ヤンゴン市内を走るバスの一部が24時間運行へ。

  2. 身長93cmのIT企業女性社長、努力と家族の愛で起業

  3. 14億円超の投資でヤンゴン管区内のバス停を近代化へ【ミャンマー】

  4. 2032年五輪招致へ。第18回アジア大会金31個でインドネシア総合4位…

  5. 日本女性とコスメ比率が全然違う!「インドネシア20代女性の美容実態」。…

  6. ミャンマー語未表記の製品、4月から取り締まり強化へ

  7. フィリピンのクリスマスシーズン名物「クリスマスキャロル」が無くなる日

  8. インドネシア初!バリ島のリゾート仮想通貨「BALI(バリ)」を発行

最近の記事 おすすめ記事

CATEGORIES

ARCHIVES

LINE