ヤマトHD、ミャンマー進出。小口配送マーケットへの進出も視野に。

ヤマトホールディングスは、ミャンマーの店舗や個人向け小口配送マーケットに参入するため、合弁会社「ヤマト・グローバル・ロジスティクス・ミャンマー」をヤンゴン市に開設した。

同社のミャンマー事業として、まずはフォワーディング事業(航空、海上、陸上)、海外引越事業、倉庫事業を展開していき、いずれは小口配送サービスも視野に入れているという。同社はタイ、マレーシア、シンガポールで同様のサービスを展開しており、それらのネットワークと経験を活用して東南アジアのマーケット拡大を見込んでいる。建築資材や部品の運送の他、水産製品や野菜の冷蔵車での配送サービスを予定しているが、サービス開始時期は明らかにされなかった。なお、合弁相手は、Aye International Group。

同社は 2016 年にマレーシアの OTL グループを買収した。OTL はタイ・ベトナム経由でシンガポールから中国までをつなぐ巨大ネットワークを持っており、ミャンマーの新会社でもこれらを活用することができる。現在ミャンマーからタイへ接続する道路や税関ゲートの建設工事が行われている。

近隣諸国でも同様のサービスを展開していることから、ヤマトは、東南アジア市場の開拓・拡大に関するノウハウは持ち合わせている。ミャンマーとなれば、また勝手が違う面もあるだろうが、日本で蓄えた圧倒的な知識と経験に加えて、東南アジア各国での知識と経験を武器に、市場を席巻する可能性も大いにある。

ミャンマーでは、今のところ 小口物流を専門に行う圧倒的な強者はいない状況。5年後、10年後を考えた時に、ヤマトが業界トップの立場に立っているのだろうか。サービスイン、さらには、その後の業務拡大の状況、いずれもウォッチし続けたい。決して便利とはいえない、ミャンマーの小口物流事情がガラリと変わっていくことに期待したい。

 

関連記事

  1. 軽油税増税、道路税割戻し、発電業者に炭素税を導入……激動のシンガポール…

  2. SEMエージェンシー、東南アジア展開としてラオスに子会社SEM Age…

  3. 占い感覚で楽しめる!「理想の彼氏」と行く旅行プラン KKday.com…

  4. シンガポール取引所とインド証券取引所の摩擦が深刻に

  5. 人工知能テクノロジー・スタートアップのシナモン、アドバイザーに新浪剛史…

  6. ミャンマー国内初の外国人雇用法の原案を作成中。

  7. フィリピンGlorietta Activity Centerで『HAB…

  8. 日本で大人気のタピオカミルクティー専門店「100% – M…

最近の記事 おすすめ記事

CATEGORIES

ARCHIVES

LINE