シンガポールで昨年の麻薬逮捕者発表 30歳以下の初犯者が多い結果に

シンガポールの麻薬乱用の逮捕者が11%増加

中央麻薬取締局(CNB)は25日、麻薬乱用で昨年逮捕した者は3,438人で、前年より11%多かったと発表しました。うち40%が初犯者であり、全逮捕者のうち20~29歳の年齢層が1,010人と最多となりました。

この中で再犯者は12%増の2,072人。麻薬乱用の罪で初めて逮捕された者は9%増の1,249人で、うち64%は30歳以下。 民族別逮捕者は、マレー人が最多の1,760人。次いで中国系人の974人。インド系およびその他は、絶対数は少ないものの増加率は31%と最大となる結果となりました。

マレー人乱用者が人口の割に多いことをCNBは憂慮しており、2017年4月から、乱用抑制のための活動を行っています。 昨年押収された違法薬物は末端価格で推定665万Sドル(約5億4,597万円)。薬物で最も利用されるのはメタンフェタミン(中枢神経刺激剤)で、2位がヘロイン、3位が昨年から乱用が急増した新たな精神興奮薬(NPS)となります。

新たなタイプのNPSはコカイン、カナビス、エクスタシー(覚醒剤)、メタンフェタミン、ヘロインと同様の効果をもたらすことが知られており、25種が違法薬物に指定されました。 東南アジアは世界最大のメタンフェタミン市場で、密造量も多いことで知られています。

シンガポールにて死刑が適用される麻薬犯罪についてご紹介します。

  • 麻薬の密輸……アヘン1200グラム以上、モルヒネ30グラム以上、ヘロイン15グラム以上、コカイン30グラム以上、大麻500グラム
  • 麻薬の製造

死刑方法はイギリス式絞首刑であり、豊かな国として知られているシンガポールですが麻薬においては世界的に見ても厳しい罰則が存在しています。

またシンガポールでは定期的に全国一斉麻薬取締りを実施しています。2017年にも各種の麻薬関連犯罪に関与した容疑で計88人を逮捕しており、その際の一連の逮捕に伴い、ヘロイン90グラム、結晶状覚醒剤70グラム、大麻130グラム、エリミン-5(睡眠薬)268錠、エクスタシー(合成麻薬)錠剤2錠を押収しています。

CNB捜査班が同年にマーシリン地区にあるアパートの1室を急襲した事例では、23歳の男が分包されたヘロイン72グラム、7,500シンガポールドル(62万円)相当を隠し持っており、男は麻薬密売の容疑で逮捕されました。麻薬逮捕者はその大半を麻薬密売、所持、使用などの容疑で起訴する方針が取られています。

関連記事

  1. タイ有数の観光地、中国人観光客が激減し半分以下に。7月転覆事故の影響い…

  2. インドネシア・ロンボク島の地震による被災者支援のため、出動を決定 ~死…

  3. ミャンマーで責任あるビジネスを推進するMCRBによる、企業透明性ランキ…

  4. ミャンマー国内におけるEC普及における課題は、情報セキュリティと国民の…

  5. 【ミャンマー】年内にも貿易事業者に対して、外国銀行が直接融資可能に。ミ…

  6. 「ASEANツーリズム・アワード・ジャパン2018」受賞ツアー決定

  7. 2019年元旦に誕生した命、世界で約39万5千。内4分の1はインドネシ…

  8. 米国企業団12社が、ミャンマーを訪問。国際社会の風向きが変わる動きとな…

最近の記事 おすすめ記事

CATEGORIES

ARCHIVES

LINE