ミャンマー北部の秘境、ザガイン管区のナガランド、入域許可不要になり、観光客は行きやすく。

ザガイン管区観光発展委員会のチョーズワーミン委員は3月17日、国境を除く同管区のナーガ自治区への入域について国内外の観光客は許可が不要になったと話した。

同自治区は、10年以上に渡り、許可なしでの入域が禁止されていた。ヤンゴン市プルマンホテルで行われたナーガ新年祭へのオフロードツアーの成功を記念した記者会見で明らかになった。

ミャンマー遺産トレイル観光集会(MHTTR)は、観光発展のために知られざる秘境の魅力を発掘し、国内外に発信していくという。MHTTRは、これまで自動車でのオフロードツアーを7回成功させている。

 

これまで10年以上にわたって許可がなければ入域できなかったが、オフロードツアーの成功を機に、入域許可なしでの観光が可能になった。
ナガランドを訪れればわかるが、秘境感がずば抜けている。ナガ族が暮らす村はまさに文明からかけ離れた世界だ。

 

携帯の電波は、主要都市でしか通じず、少し奥の町へ行けば、電波どころか、商業用看板すらないような状態。心休まる時間を過ごすことができる場所と言える。

アクセスも容易ではなく、マンダレーから飛行機でカムティまで飛び、そこから自動車での移動が必要となる。車の数も少なく、交通費も高くなるため、金銭面のハードルも残される。

観光客が増えることで、ナガランドらしさが消えない事を願う。

関連記事

  1. 日本人と対等に働くことができるベトナム人の育成を初月無料にてホーチミン…

  2. フィリピンのコーヒー産業、輸出の未来は明るくとも国内改革には課題が

  3. 土地税・建物税導入検討で揺れるタイの住宅事情 阪急阪神グループは投資拡…

  4. ヤンゴン市内の交通渋滞緩和対策。バス路線見直し、タクシーへの対策などに…

  5. 子供地球基金30周年記念 HAPPY EARTH展 開催

  6. モスバーガーがタイで出店加速!5年で8店舗→45店舗の展開へ

  7. ベトナム繊維業界は試練の年になるか?世界規模のアパレル輸出国で商品原産…

  8. フィリピンのジプニースクラップ案廃止 新たにニーズに合わせた新型の設計…

最近の記事 おすすめ記事

CATEGORIES

ARCHIVES

LINE