【SDGsに貢献】ヨーロッパ生まれ、植物性由来のお肉「earthmeat(*1)」がベトナムにて輸入・販売代理店の募集を開始

日本、シンガポール、タイに展開中の植物性由来(*2)のお肉「earthmeat(アースミート)」を販売する原田産業株式会社(本社:大阪府、代表:原田暁)が、ベトナムでの販売開始のため輸入・販売代理店の募集を行います。

earthmeatは独自製法により、本物の鶏肉のような繊維感と食べ応えがあり、たんぱく質や食物繊維が豊富に摂れる一方で、従来の肉に比べてカロリーや脂質が大幅に低い、コレステロールフリーのプラントベースミートです。(*3)

資源の有効利用、温室効果ガスの削減につながる代替食材として用途が広がっています。

*1 : earthmeatの名称およびそのロゴは、原田産業株式会社の日本およびその他の国における商標または登録商標です。
*2 : earthmeatの主原料は大豆たんぱくで、原材料中に動物性のものを含みません。
*3 : 各栄養成分の100gあたりの含有量=たんぱく質19.7g、食物繊維 6.4g、コレステロール0mg

[背景]
近年、2030年までにSDGs:Sustainable Development Goals(持続可能な開発目標)の目標達成のため、各国で様々な取り組みが行われています。期限まで残り10年となった今年、これまでの進捗状況を見てみると「2.飢餓をゼロに 12.つくる責任 つかう責任 13.気候変動に具体的な対策を」の3つの目標に関して達成度が遅れている[1]とされています。

また、ベトナムではバイクでの移動が主流であること、発電所・工場などの影響で空気汚染度が2019年では世界でワースト15位[2]に入っています。そのためベトナム自体としても、大気汚染の改善は最
重要事項であり、今後ますます企業は環境に配慮した生産や販売をしていく必要があります。

そこで、生産の過程で大量の水や穀物、温室効果ガスの排出が余儀なくされてきたお肉を、植物性由来のお肉に変えることで、資源や温室効果ガスを最低限に抑え、大気汚染の改善に貢献することがで
きます。
加えて、植物性由来という事から、ベジタリアンやヴィーガンなどの幅広い層の人が食べる事ができるお肉になっており、環境だけでなく、健康にも良い食材という魅力があります。

[earthmeatについて]
earthmeatは食品業界で今話題の植物性のお肉です。10年ほど前にヨーロッパで製造・販売開始され、アジアでは弊社が日本、シンガポール、タイで輸入・販売しています。

本来のお肉の柔らかさや食べ応えを楽しむことができ、摂取できるたんぱく質などは残しながらも、カロリーと脂質を大幅に減らしました。また、本来お肉からはほとんど摂取できない食物繊維を豊富に摂ることができます。

■earthmeat ブランドサイト
https://earthmeat.jp/global/
・多彩な調理方法
湯戻しは必要なく、解凍後すぐに調理することができます。調理工数がかからないため、様々な現場で導入しやすい食材です。
また、本来の肉と同様、焼く・揚げる・煮るなどの調理をすることで美味しく召し上がることができます。

・これまでの実績
今年2月に、期間限定で東京オペラシティの社員食堂にて、earthmeatが使用されたメニューが販売されました。
また、7月には行政機関の食堂にも導入されるなどし、現在では社員食堂のみならず、外食店舗やホテルでもearthmeatの採用が広がり、ベジタリアン、ヴィーガンレストランでも好評を頂いています。


earthmeatのミルフィーユカツ

[コメント]
原田産業株式会社 シンガポール支店長
木下 廣太
ベトナム、タイ、シンガポール、そして日本。
アジアという一括りに在りながら、言葉や文化、物価も全く違います。ただ、異なる食文化においても、「できれば体に良くて、美味しいものを食べたい」という想いは万国共通だと思います。
earthmeatを初めて食べたときの感動を、より多くの人に味わってもらいたい。この想いを胸に販売の準備を進めてきました。
本来であれば、ベトナムでの展示会出展を通じて、現地の方々に食していただき、驚きの表情をこの目で見たいところですが、残念ながら現在のコロナ禍においては実現することができません。
少々さみしい思いはありますが、プレスリリースという形で発信することで、少しでも広く知って頂き、ベトナムでearthmeatを一緒に育てていただける企業様からのご連絡をお待ちしております。プ
ラントベースという流行りの言葉だけではなく、新たな食材としてアジアに根付いていってくれる日を楽しみにしています。

[会社概要]
会社名:原田産業株式会社
設立:1923年3月4日
資本金:3億円
代表:原田 暁
URL : https://www.haradacorp.co.jp/
事業内容:半導体、液晶、情報通信、医療、介護、造船、建築、環境、食品、コンシューマープロダ
クト等の業界向け機器・資材の輸出入及び国内販売
[お問い合わせ]
Email : info@earthmeat.jp
担当 : 木下(日本語、英語)、Duy(ベトナム語、英語)

[参考]
1.SDGs Indicators
https://s3.amazonaws.com/sustainabledevelopment.report/2020/2020_sustainable_development_report.pdf
2.IQ Air – World’s most polluted countries 2019 (PM2.5)
https://www.iqair.com/world-most-polluted-countries

関連記事

  1. フィリピンGlorietta Activity Centerで『HAB…

  2. 230カ国を対象にした「2019年 最安モバイル通信料ランキング」でミ…

  3. シンガポール WIFIスポット 2万ヵ所突破。Wireless@SG政…

  4. 【ザ・リッツ・カールトン バリ】新たなウエディングの需要喚起を目的とし…

  5. 【Salad Cafe通信 vol.11】2月16日はアジアの旧正月 …

  6. タイでの今年のデング熱死亡患者 1~7月までに45人超える。患者数は約…

  7. 【ミャンマー 】JICAによる合計800億の円借款が、ヤンゴン市内の下…

  8. 世界的暗号資産企業であるHuobiがシンガポールの起業家Eric Ch…

最近の記事 おすすめ記事

CATEGORIES

ARCHIVES

LINE