ミャンマー国内で自動車の製造・組み立て事業を行なう許可を得た企業は18社に。うち外資は10社。

ミャンマー投資委員会(MIC)は、自動車組み立て・製造企業18社に対し、事業を許可した。

同18社のうち外資系が10社、国内民間企業が8社だという。

今回事業認可を受けた外資系企業は、スズキ・ミャンマー・モーター、電気自動車メーカーのカイカイサンダーグループ、日産自動車の組み立て事業を行うタンチョンモーター・ミャンマー、スカニアの組み立て事業を行うスカニア・オート・ミャンマー、フォードの組み立て事業を行うキャピタル・モーターズ及びゴールドAYAモーターズ・インタナショナルグループ、ヒュンダイ自動車の組み立て事業を行うシュエデハン・モーターズ、ゴー・エクセレント・ミャンマー、大宇バスの組み立て事業を行う大宇 バス・ミャンマー、ボルクヴァルドのSUV自動車の組み立て事業を行うゴー・エクセレント・ミャンマー。

国内企業では、起亜自動車や北京汽車集団(BAIC)、東南汽車(Soueast)などの組み立て製造を行う企業が事業許可を受けた。

ミャンマーは、国として自動車製造に力を入れたがっている印象が強い。

そうした国としての取り組みも功を奏したのか、既に18社が ミャンマー国内での自動車製造・組み立て事業の運営許可を得ている。

隣国に自動車製造拠点となっているタイがある中で、ミャンマーにも積極的な投資が集まっている。

日系企業は、スズキ、日産がミャンマー国内で自動車の組み立てなどを行っている。

現在、ミャンマーの町を走る車を見れば、そのほとんどが日本からやってきた中古車。

しかも、その7割以上はトヨタ。

現在、トヨタはミャンマー国内での自動車製造・組み立ては行っていない。

ミャンマーの町中を走る中古車が、新車に入れ替わっていく未来を考えた時、どのメーカーの車が多くなるだろうか。

現在、すさまじい勢いで販売台数を伸ばしているのはスズキ。

新車販売台数では、トヨタを上回っているだけに、今後さらにシェアを広げていく可能性もありそうだ。

関連記事

  1. EUがミャンマー産米の特恵関税適用を3年間停止へ。新たな販路の開拓が必…

  2. 東南アジアへの優良ツアーを表彰「ASEANツーリズム・アワード・ジャパ…

  3. eVISA、2016年度の歳入が、13億円超に到達。10月からは日本人…

  4. ミャンマー中銀、QRコード決済サービスの一切禁止を命じる

  5. ミャンマーにおいて自動車ローン制度整備が進んだことで、購入者の8割が分…

  6. アジアのトップクリエーターをめざせ!学生対象クリエイティブフェス「GA…

  7. タイ警察 東北下部にて一斉取締り 4000人以上逮捕 半数以上は麻薬関…

  8. フィリピンのジプニースクラップ案廃止 新たにニーズに合わせた新型の設計…

最近の記事 おすすめ記事

CATEGORIES

ARCHIVES

LINE