ミャンマー国内で自動車の製造・組み立て事業を行なう許可を得た企業は18社に。うち外資は10社。

ミャンマー投資委員会(MIC)は、自動車組み立て・製造企業18社に対し、事業を許可した。

同18社のうち外資系が10社、国内民間企業が8社だという。

今回事業認可を受けた外資系企業は、スズキ・ミャンマー・モーター、電気自動車メーカーのカイカイサンダーグループ、日産自動車の組み立て事業を行うタンチョンモーター・ミャンマー、スカニアの組み立て事業を行うスカニア・オート・ミャンマー、フォードの組み立て事業を行うキャピタル・モーターズ及びゴールドAYAモーターズ・インタナショナルグループ、ヒュンダイ自動車の組み立て事業を行うシュエデハン・モーターズ、ゴー・エクセレント・ミャンマー、大宇バスの組み立て事業を行う大宇 バス・ミャンマー、ボルクヴァルドのSUV自動車の組み立て事業を行うゴー・エクセレント・ミャンマー。

国内企業では、起亜自動車や北京汽車集団(BAIC)、東南汽車(Soueast)などの組み立て製造を行う企業が事業許可を受けた。

ミャンマーは、国として自動車製造に力を入れたがっている印象が強い。

そうした国としての取り組みも功を奏したのか、既に18社が ミャンマー国内での自動車製造・組み立て事業の運営許可を得ている。

隣国に自動車製造拠点となっているタイがある中で、ミャンマーにも積極的な投資が集まっている。

日系企業は、スズキ、日産がミャンマー国内で自動車の組み立てなどを行っている。

現在、ミャンマーの町を走る車を見れば、そのほとんどが日本からやってきた中古車。

しかも、その7割以上はトヨタ。

現在、トヨタはミャンマー国内での自動車製造・組み立ては行っていない。

ミャンマーの町中を走る中古車が、新車に入れ替わっていく未来を考えた時、どのメーカーの車が多くなるだろうか。

現在、すさまじい勢いで販売台数を伸ばしているのはスズキ。

新車販売台数では、トヨタを上回っているだけに、今後さらにシェアを広げていく可能性もありそうだ。

関連記事

  1. ミャンマーにおける外国人観光客向けのカジノが合法化へ。改正賭博法が国会…

  2. 世界遺産登録を目指すバガンの空港、東南アジア初のグリーン空港へ【ミャン…

  3. 日本スポーツ界に途上国発の人材育成プログラムが導入カンボジアで展開する…

  4. 株式会社アイデンティティー、ベトナム国籍のIT人材紹介事業を行う「V-…

  5. 東南アジアでワークシフト時代の新しいビジネスパーソンのプラットフォーム…

  6. シンガポールとマレーシアの領空・領海紛争が緊張緩和で合意

  7. ホテルやレストランのルームチャージ、サービスチャージに対しても商業税を…

  8. LCC エアアジア・ジャパン株式会社とシステム(API)連携開始~国内…

最近の記事 おすすめ記事

CATEGORIES

ARCHIVES

LINE