【ミャンマー】ヤンゴン市内を走るバスの一部が24時間運行へ。

ヤンゴン公共バス(YBS)のうち6路線が、24 時間運行となる。

6路線は、ヤンゴン空港からヤンゴン・セントラル駅までを結ぶ空港シャトルバス、YBS20、YBS56、 YBS83、YBS98、YBS99 で、年内に 24 時間運行を開始するという。現在、同6路線にはバス約 300 台が運行しており、オミニ・フォーカスジェネラル社が運営している。
現在、YBS20 はダゴンエーヤバスターミナルからタキンミャ公園まで、YBS56 はタキンミャ公園発の 市内回り、YBS83 はダゴンエーヤバスターミナルからインワハウジングまで、YBS98 はラインターヤー 郡区からボータタウン郡区まで、YBS99 はラインターヤー郡区から南ダゴン郡区までを運行している。

ヤンゴン空港からヤンゴン市内を結ぶ空港シャトルバスが24時間営業となるとの噂は以前から流れていたが、それと並行して、ヤンゴン市内を走るバスも幾つかの路線が24時間営業となる。
中でも 56番路線は、ダウンタウンを巡回するバスで、日中の利用者もそれなりに多い。これによる採算が取れるのかどうかはわからないが、便利になることは間違いないだろう。ほとんどの飲食店が 夜 10時頃には閉まる中で、どれほどニーズがあるのだろうか。タクシーや乗り合いトラック等にとっては、売上減に繋がってしまう運用だが、全体としてヤンゴンで生活する人にとって便利になることはありがたい。

関連記事

  1. ASEAN諸国の女性起業家支援イベント「AJWELPビジネスプレゼンテ…

  2. 一風堂、フィリピン マニラ屈指の大型ショッピングモール「Greenbe…

  3. カンボジア労働市場における現地人材の実務スキル不足を解決する!企業と人…

  4. シンガポールがPHOの食品使用を全面禁止。オムロンヘルスケア新会社設立…

  5. マリオット・インターナショナルとワン・バンコクがバンコク初となるリッツ…

  6. ミャンマーで働く外国人労働者を対象にした外国人労働法案が国会提出へ。

  7. フランジア、CIのアップデートを実施し、「株式会社Sun Asteri…

  8. 【ミャンマー】ネット通販でのトラブルが増加傾向

最近の記事 おすすめ記事

CATEGORIES

ARCHIVES

LINE