【ミャンマー】ヤンゴン市内を走るバスの一部が24時間運行へ。

ヤンゴン公共バス(YBS)のうち6路線が、24 時間運行となる。

6路線は、ヤンゴン空港からヤンゴン・セントラル駅までを結ぶ空港シャトルバス、YBS20、YBS56、 YBS83、YBS98、YBS99 で、年内に 24 時間運行を開始するという。現在、同6路線にはバス約 300 台が運行しており、オミニ・フォーカスジェネラル社が運営している。
現在、YBS20 はダゴンエーヤバスターミナルからタキンミャ公園まで、YBS56 はタキンミャ公園発の 市内回り、YBS83 はダゴンエーヤバスターミナルからインワハウジングまで、YBS98 はラインターヤー 郡区からボータタウン郡区まで、YBS99 はラインターヤー郡区から南ダゴン郡区までを運行している。

ヤンゴン空港からヤンゴン市内を結ぶ空港シャトルバスが24時間営業となるとの噂は以前から流れていたが、それと並行して、ヤンゴン市内を走るバスも幾つかの路線が24時間営業となる。
中でも 56番路線は、ダウンタウンを巡回するバスで、日中の利用者もそれなりに多い。これによる採算が取れるのかどうかはわからないが、便利になることは間違いないだろう。ほとんどの飲食店が 夜 10時頃には閉まる中で、どれほどニーズがあるのだろうか。タクシーや乗り合いトラック等にとっては、売上減に繋がってしまう運用だが、全体としてヤンゴンで生活する人にとって便利になることはありがたい。

関連記事

  1. フェイスブックのミャンマー語文字化け、まもなく解消

  2. ミャンマー政府、ユニコード文字使用に本腰。ユニコード使用の携帯電話の…

  3. 230カ国を対象にした「2019年 最安モバイル通信料ランキング」でミ…

  4. インドネシア・ロンボク島の地震による被災者支援のため、出動を決定 ~死…

  5. 世界中から注目されているミャンマーの宝石・ベイ諸島産のゴールデンパール…

  6. フィリピンのコーヒー産業、輸出の未来は明るくとも国内改革には課題が

  7. 対ドルのチャット相場が下落―1米ドル1,450チャットの予測も【ミャン…

  8. ミャンマー語未表記の製品、4月から取り締まり強化へ

最近の記事 おすすめ記事

CATEGORIES

ARCHIVES

LINE