【ミャンマー】オレドーとノキアの協力により、ヤンゴン技術大学内に5G技術センターを開設。

 ミャンマー初の5G技術センターを、オレドーとノキアが協力してヤンゴン技術大学に開設したとレドーが発表した。 同大学の通信ディプロマクラスに通う学生は同センターでノキアの最新技術などを学ぶことができる。

ヤンゴン技術大学の学長は「ノキアの技術が課程に含まれること、建物の支援もしてくれたことは有難い」とコメント。

5Gとは、第5世代移動通信システムのことであり、規格化が進行中の次世代無線通信システム。
M2MやIoT、ウェアラブル端末の普及などで通信量が急増する中、これまでの4G以上に高速でデータ通信ができる規格。

つい4年前まで、ミャンマーの通信環境は非常に悪かった。

2014年 夏頃まで3G回線の整備もままならず、電話くらいしかできない状況だった。2014年8月にライセンスを付与された外資2社のサービス開始後、一気に状況が改善されはじめ、2017年6月には 4G(LTE)回線が利用できるまでになった。

今では、ASEAN内でも トップクラスのモバイル通信環境となっている。そんなミャンマーで、次なる規格5Gの技術センターがヤンゴン市内の大学内に開設された。

モバイル通信環境については、あっという間に国際水準に追いついたミャンマー。5Gで先んじる可能性もありそうだ。

関連記事

  1. 絶え間ない経済成長と労働環境から見るベトナムのアパレル産業の光と闇

  2. 日本の介護向けの人材派遣実施へ【ミャンマー】

  3. シンガポールがPHOの食品使用を全面禁止。オムロンヘルスケア新会社設立…

  4. 中国企業参入によりバンコクの賃料が上昇中 新規建設も中国企業が大幅予約…

  5. 食品ごみで発電。シンガポール国立大学寮にスマホ充電施設

  6. ミャンマーにおける外国人観光客向けのカジノが合法化へ。改正賭博法が国会…

  7. 日系卸売業社のKURASHICO 「ベトナムに新しい文化を」 革本来の…

  8. モスバーガーがタイで出店加速!5年で8店舗→45店舗の展開へ

最近の記事 おすすめ記事

CATEGORIES

ARCHIVES

LINE