新たな規制緩和の動き。ミャンマーで生産される21品目について、外国企業にも輸出を許可する見通し。

輸出分野において、農産物や鉱産物などミャンマーで生産される21品目の輸出を外国人事業主にまもなく許可することを、4月27日に行われた会談で経済・貿易省のタンミン連邦大臣が発表した。

同大臣は「外国人事業主がミャンマーの生産物を買い付けて直接販売できるようにするため、輸出許可を与える」と話した。

21品目についての詳細はまだ公表されていない。4月27日の会談に出席したミャンマー・コメ連盟のイェーミンアウン代表は「農業従事者の市場がさらに拓けるので良いこと。
投資分野への関心が下がらないよう、貿易許可と投資を結びつけて事業を行う必要がある」とコメント。

これまで、輸出入ライセンスに関しては、ミャンマー企業のみに許可されており、一部を除き、外国人事業主には許可されていない。

そんな中で、今回、21品目の輸出を外国人事業主に対しても許可することが発表された。

まだ詳細こそ発表されていないが、外国人事業主として、輸出ができるようになれば、日系商社などもようやく本格的にミャンマーで営業活動ができるようになることが予想される。

貿易事業を核として、新たな事業展開が発生することにも期待できるため、長期的な好影響にも期待したい。

関連記事

  1. ヤマトHD、ミャンマー進出。小口配送マーケットへの進出も視野に。

  2. ヤンゴン市内の交通渋滞緩和対策。バス路線見直し、タクシーへの対策などに…

  3. インドネシア地震原因解明 北海道と地震被害国で支えあう観光と復興

  4. フィリピン・ダバオから西日本豪雨における哀悼とお見舞いの声明が発表

  5. 日本の介護向けの人材派遣実施へ【ミャンマー】

  6. NTTコミュニケーションズが東南アジアの大手VC、起業家を招致し、IC…

  7. 【ミャンマー】経済状況「改善」と答える企業の割合が増加

  8. ヨーロッパ商工会議所がマンダレーに拠点開設し、経済発展のための覚書締結…

最近の記事 おすすめ記事

CATEGORIES

ARCHIVES

LINE