新たな規制緩和の動き。ミャンマーで生産される21品目について、外国企業にも輸出を許可する見通し。

輸出分野において、農産物や鉱産物などミャンマーで生産される21品目の輸出を外国人事業主にまもなく許可することを、4月27日に行われた会談で経済・貿易省のタンミン連邦大臣が発表した。

同大臣は「外国人事業主がミャンマーの生産物を買い付けて直接販売できるようにするため、輸出許可を与える」と話した。

21品目についての詳細はまだ公表されていない。4月27日の会談に出席したミャンマー・コメ連盟のイェーミンアウン代表は「農業従事者の市場がさらに拓けるので良いこと。
投資分野への関心が下がらないよう、貿易許可と投資を結びつけて事業を行う必要がある」とコメント。

これまで、輸出入ライセンスに関しては、ミャンマー企業のみに許可されており、一部を除き、外国人事業主には許可されていない。

そんな中で、今回、21品目の輸出を外国人事業主に対しても許可することが発表された。

まだ詳細こそ発表されていないが、外国人事業主として、輸出ができるようになれば、日系商社などもようやく本格的にミャンマーで営業活動ができるようになることが予想される。

貿易事業を核として、新たな事業展開が発生することにも期待できるため、長期的な好影響にも期待したい。

関連記事

  1. 食品ごみで発電。シンガポール国立大学寮にスマホ充電施設

  2. 産炭国の石炭採掘・保安技術の向上に貢献

  3. ミャンマーのTech系スタートアップを支援するパンディーヤが 国内5社…

  4. eスポーツイベント開催! YEAHアジアリーグ in ペナン。

  5. 【ミャンマー】経済・貿易省、イオンなど外資の小売・卸売業を許可

  6. 絶え間ない経済成長と労働環境から見るベトナムのアパレル産業の光と闇

  7. 【ミャンマー】スズキの新型エルティガ、一週間で4千台超の先行予約

  8. 【FUN! JAPAN Lab】アニメや漫画でおなじみのキャラクターが…

最近の記事 おすすめ記事

CATEGORIES

ARCHIVES

LINE