新たな規制緩和の動き。ミャンマーで生産される21品目について、外国企業にも輸出を許可する見通し。

輸出分野において、農産物や鉱産物などミャンマーで生産される21品目の輸出を外国人事業主にまもなく許可することを、4月27日に行われた会談で経済・貿易省のタンミン連邦大臣が発表した。

同大臣は「外国人事業主がミャンマーの生産物を買い付けて直接販売できるようにするため、輸出許可を与える」と話した。

21品目についての詳細はまだ公表されていない。4月27日の会談に出席したミャンマー・コメ連盟のイェーミンアウン代表は「農業従事者の市場がさらに拓けるので良いこと。
投資分野への関心が下がらないよう、貿易許可と投資を結びつけて事業を行う必要がある」とコメント。

これまで、輸出入ライセンスに関しては、ミャンマー企業のみに許可されており、一部を除き、外国人事業主には許可されていない。

そんな中で、今回、21品目の輸出を外国人事業主に対しても許可することが発表された。

まだ詳細こそ発表されていないが、外国人事業主として、輸出ができるようになれば、日系商社などもようやく本格的にミャンマーで営業活動ができるようになることが予想される。

貿易事業を核として、新たな事業展開が発生することにも期待できるため、長期的な好影響にも期待したい。

関連記事

  1. 日系設計事務所WORKLOUNGE03‐ オーストラリア人共同とベトナ…

  2. マレーシアが消費税廃止に。マハティール氏公約実現

  3. 東南アジアでワークシフト時代の新しいビジネスパーソンのプラットフォーム…

  4. インドネシアで保税物流センターのライセンスを取得

  5. ミャンマー内国企業による事業投資のうち、約4分の1が不動産業への投資に…

  6. アジアのトップクリエーターをめざせ!学生対象クリエイティブフェス「GA…

  7. 旧正月明けの採用ラッシュを支援 日系Talenty、リファラル採用プラ…

  8. 人種の「るつぼ」となっているシンガポール。国際結婚が増加傾向!イスラム…

最近の記事 おすすめ記事

CATEGORIES

ARCHIVES

LINE