イオンマレーシアにおける店舗のオムニチャネル化に向けた業務提携

グループ共通戦略「デジタリゼーション」の推進を加速

AEON Co.(M) BHD.(以下、 イオンマレーシア)は、 1月24日(水)デジタリゼーション戦略の一環として、 マレーシア首都圏で買い物代行サービスを運営するHonestbee Sdn. Bhd. (以下、 オネストビーマレーシア)とオムニチャネル化に向けた業務提携に関する覚書を締結しました。

イオンマレーシアは、 イオングループ中期経営計画(2017年~2019年)のグループ共通戦略のひとつ「デジタルシフト」を推進すべく、 数年来実験を重ねてきたデジタリゼーションを本年より本格的に推進し、 昨今ますます需要が高まるオンライン市場への対応を図ります。 販売チャネルのみならず、 流通の各段階におけるデジタル化を進めることで、 当社が有する店舗網やトップバリュをはじめとしたプライベート商品などの強みとの相乗効果により、 お客さまのさらなる利便性向上を目指します。

提携第一弾のサービスとして、 ネットスーパーに相当する機能となるオネストビーマレーシアの買物代行サービスを、 1月24日よりイオンミッドバレー店、 2月2日よりイオンタマンマルリ店にて導入しました。 各店を中心とした半径17kmにお住まいのお客さまに、 食品をはじめとした 約5、000品目を、 ご注文より最短で1時間以内に指定先まで配送します。 今後、 対象品目や対応店舗を順次増やし、 人口が密集する首都圏クランバレーや南部ジョホールバルにおいてサービス拡大を図ります。

イオンは、 お客さまへの新たなサービスの創出に取り組み、 より一層豊かな生活づくりに貢献してまいります。

以上

関連記事

  1. ミャンマーの4G 通信速度、アジアで4位

  2. 日本・韓国・中国・インドに続いて、ドイツ・フランス・イタリアに対しても…

  3. 2019年2月のPMI、ミャンマーがトップに。半年前には最下位に転落す…

  4. 日本人と対等に働くことができるベトナム人の育成を初月無料にてホーチミン…

  5. FinTechベンチャーのグローバルモビリティサービス、4カ国目となる…

  6. 世界にとって存在意義のあるスタートアップを創り出す! ICMGシンガポ…

  7. ミャンマーにおいて自動車ローン制度整備が進んだことで、購入者の8割が分…

  8. 2018年のミャンマーの新車販売台数は1.5万台。新車市場のシェア約5…

最近の記事 おすすめ記事

CATEGORIES

ARCHIVES

LINE