ミャンマー中銀、QRコード決済サービスの一切禁止を命じる

ミャンマー中央銀行は、ミャンマー国内で支店開設許可を得ている外国銀行に対し、貿易事業者への融資を認可する予定であることを明らかにした。年内の開始を予定しているという。

現在、外国銀行からの融資は国内銀行を経由して行われている。
貿易事業者が直接外国銀行の融資が受けられるようになれば、事業拡大に繋がると期待されている。

ミャンマー中央銀行は、日本、シンガポール、タイ、インド、韓国などの外国銀行13行に対し支店開設を認可している。

外資銀行に対する規制緩和の流れが加速中だ。同じ金融分野の保険業界においても、外資系企業にライセンスを交付する旨が報道されているが、今度は、銀行業に対する規制緩和が行われる。

現在、日本の三菱UFJ銀行、三井住友銀行、みずほ銀行の3行がミャンマー国内における支店開設の認可を取得して、事業を展開しているが、営業範囲に限りがあるのが現状。
今回の動きを通じて、貿易事業者に、直接融資できるようになれば、経済の活性化も見込める。

規制緩和を通じて、金融業全体も活性化し、若干冷え込み気味のミャンマー経済全体が活性化していくことを期待したい。

関連記事

  1. ミャンマーにおける、モバイル端末によるインターネット利用者数は 全国民…

  2. 一風堂、インドネシア首都ジャカルタに3号店オープン! – …

  3. 日本・韓国・中国・インドに続いて、ドイツ・フランス・イタリアに対しても…

  4. ミャンマー企業を対象にした調査で「2018年が一番不況」との調査結果

  5. 12/4(火)カンボジア障がい者支援活動報告会 ―心のバリアを取り除く…

  6. ネオキャリアの海外サービスブランドREERACOEN、マレーシア・ジョ…

  7. タイ総選挙目前!禁酒日も発表。結果発表は戴冠式の5月9日以降

  8. 新たな規制緩和の動き。ミャンマーで生産される21品目について、外国企業…

最近の記事 おすすめ記事

CATEGORIES

ARCHIVES

LINE