ミャンマー中銀、QRコード決済サービスの一切禁止を命じる

ミャンマー中央銀行は、ミャンマー国内で支店開設許可を得ている外国銀行に対し、貿易事業者への融資を認可する予定であることを明らかにした。年内の開始を予定しているという。

現在、外国銀行からの融資は国内銀行を経由して行われている。
貿易事業者が直接外国銀行の融資が受けられるようになれば、事業拡大に繋がると期待されている。

ミャンマー中央銀行は、日本、シンガポール、タイ、インド、韓国などの外国銀行13行に対し支店開設を認可している。

外資銀行に対する規制緩和の流れが加速中だ。同じ金融分野の保険業界においても、外資系企業にライセンスを交付する旨が報道されているが、今度は、銀行業に対する規制緩和が行われる。

現在、日本の三菱UFJ銀行、三井住友銀行、みずほ銀行の3行がミャンマー国内における支店開設の認可を取得して、事業を展開しているが、営業範囲に限りがあるのが現状。
今回の動きを通じて、貿易事業者に、直接融資できるようになれば、経済の活性化も見込める。

規制緩和を通じて、金融業全体も活性化し、若干冷え込み気味のミャンマー経済全体が活性化していくことを期待したい。

関連記事

  1. タイ大型ショッピングモール【バンコク東急パラダイスパーク】来年3月末閉…

  2. タイでの今年のデング熱死亡患者 1~7月までに45人超える。患者数は約…

  3. ミャンマー語未表記の製品、4月から取り締まり強化へ

  4. 【ミャンマー】ヤンゴンでオフィス物件の供給量が増加。2018年で3万平…

  5. はなまるうどんインドネシア1号店が開店!インドネシアの味覚に合わせつつ…

  6. 海外サービスアパートメント 3拠点目となる カンボジア プノンペン現地…

  7. FinTechベンチャーのグローバルモビリティサービス、4カ国目となる…

  8. ベトナム繊維業界は試練の年になるか?世界規模のアパレル輸出国で商品原産…

最近の記事 おすすめ記事

CATEGORIES

ARCHIVES

LINE