【ミャンマー】経済状況「改善」と答える企業の割合が増加

Myanmar Insider Business誌が3カ月毎に実施している経済状況に関する調査の結果、2018年10月から12月の調査でミャンマーの現在の経済状況が「非常に悪い」と回答した人は66%から28%に減少し、経済状況は「良好」と回答した人が15%から32%に増加した。

2018年のミャンマーの経済状況についての質問に対する回答は、1月から3月は「非常に悪い」が15%、「悪い」が63%。

4月から6月は「非常に悪い」が30%、「悪い」が53.33%。7月から9月は「非常に悪い」が66.67%、「悪い」が18.18%。

10月から12月は「非常に悪い」が28.57%、「悪い」が19.29%となっている。

今後3カ月について見通しについての質問に、「悪化する」と回答した人はいなかったものの、一部の人は「やや悪化する」と回答している。

2018年に入り「景気が悪化している」と答える企業が半数以上を占めるようになり、町中の看板にも空きが目立ちはじめるなど、景気低迷が続いていた。

しかし、この3ヵ月では以前に比べて景況感が安定してきており、悪いと答える人の数は半数を割った。

未だ、看板に空きが出ている箇所もあるが、以前よりは埋まっているような感覚も受ける。

昨年の夏頃から続くミャンマー・チャット安なども、景気低迷に影響を与えていたが、少しずつ上向いてきていると、ミャンマー企業は捉えているようだ。

業界によって違いはあれど、全体として、ミャンマー経済が上向きつつある。

この流れのまま一気に経済成長へと繋がっていくのだろうか。

関連記事

  1. PT.Creative Visions Indonesia インドネシ…

  2. 日系卸売業社のKURASHICO 「ベトナムに新しい文化を」 革本来の…

  3. バリ島特有の「キャンディおつりシステム」減少の傾向 貰えたらラッキー?…

  4. 8月に控えたアジア協議大会、主催インドネシア・ジャカルタ湾の悪水質で選…

  5. フランジア、CIのアップデートを実施し、「株式会社Sun Asteri…

  6. インドネシア 第25回日本留学フェア開催 参加者は過去最高に

  7. 【ミャンマー】中国の WeChat Pay がマンダレーにおいて3ヶ月…

  8. SEMエージェンシー、東南アジア展開としてラオスに子会社SEM Age…

最近の記事 おすすめ記事

CATEGORIES

ARCHIVES

LINE