ホテルやレストランのルームチャージ、サービスチャージに対しても商業税を徴税すると政府が発表【ミャンマー】

国内歳入局は8月13日、ホテル、旅館、レストランでのサービス料金に対し商業税を徴収すると発表した。
ホテル、旅館、レストラン業者は、宿泊料金、食事代以外にサービス料金として請求したボトルチャージ、ルームチャージ、サービスチャージに対しても商業税の支払いが義務付けられる。

しかし、ホテル業者によるとボトルチャージは正式に請求しないため、税金の徴収は難しいという。
サービス事業者らは、領収書に徴収した税額分の印紙を貼ることが必要であり、違反した場合は税法に基づき処罰される。
印紙を貼り付けない場合、領収書1枚当たり初回は20万チャット(=約1万4,600円)、2回目は50万チャット(=約3万6,600 円)、3回目は70万チャット(=約5万1,000円)、4回目以降は100万チャット(=約7万3,000円)の罰金が科される。

これは、なかなか酷い対応である。実質的に、外国人観光客に対する課税だとも取れる。サービス料金に対しても商業税が課税される事になるのだ。

現在、多くのホテルやレストランでは、5%の商業税とは別に5%~20%程度のサービス料を支払っている。
商業税は、実質的に消費者が直接負担する事になっており、今回の増税も消費者に跳ね返るだろう。

例えば、料金が100米ドルであれば、原価の100ドルに対して、商業税5%とサービス料5%の合計10%が加わった110ドルが徴収されている。
この発表通りの動きとなれば、サービス料5%が加わった105ドルに対して、さらに5%が加算される。
合計すると、110.25ドルが徴収される事になる。サービス料が5%の場合はそれほど大きくは感じない。

しかし、サービス料が20%であるとすれば、120ドルに5%が加算され、126ドルの支払いが必要となるため、これまでよりも1ドル多く支払う必要が生じる。

日本人・韓国人の観光ビザが無料となり、観光客フレンドリーになるかと思いきや、こうした、小さな 外国人観光客をターゲットにしたような課税。
各ホテルの対応が、悪意ある方向に向かわなけことを期待したい。

関連記事

  1. 米国企業団12社が、ミャンマーを訪問。国際社会の風向きが変わる動きとな…

  2. ミャンマーでレンタカー予約アプリ。ミャンマー国内の旅行をレンタカーで楽…

  3. 【ミャンマー】オレドーとノキアの協力により、ヤンゴン技術大学内に5G技…

  4. ヤンゴン市内の交通渋滞緩和対策。バス路線見直し、タクシーへの対策などに…

  5. 日本の「美」がテーマ セレクトショップ『JAPAN BEAUTY ST…

  6. タイでの今年のデング熱死亡患者 1~7月までに45人超える。患者数は約…

  7. 【ミャンマー】ヤンゴンのライセンス取得済電気自動車2種が10月末に販売…

  8. マレーシアが消費税廃止に。マハティール氏公約実現

最近の記事 おすすめ記事

CATEGORIES

ARCHIVES

LINE