ミャンマーのTech系スタートアップを支援するパンディーヤが 国内5社に投資

新しい技術を用いて操業開始する国内の企業5社が、パンディーヤのアクセラレータープログラムから2万5,000ドル(=約270万円)ずつ投資を受けたことが分かった。

投資を受けた企業は同プログラムからの投資金に加え、専門家からの6カ月のトレーニングや、場所も提供される。

同5社は、絵画作品をネット販売するAsiaArtConnect、建設業で人材紹介するHivephing、農民に安くて正確な農法を提供するHydroPlant、不動産サービスのNayYar、仕立ての個人店を持てない人が定期的な収入を得られるようにするOneSett。同プログラムは2016年から開始し、現在までに企業11社を成功させ、その内4社は国内外からの 投資を受け、ミャンマーのスタートアップ市場において、存在感を示している。

ミャンマーのスタートアップコミュニティの規模はそれほど大きくないのが現状だが、パンディーヤの存在はその中でも一際目立つ。

パンディーヤが運営するFounder Institute Yangon 出身企業の中には、日本人が立ち上げた企業もあり、ミャンマーでストレスに苦しむ人々をサポートするサービスを「MEEPYA TIKE」(日本語で「灯台」の意味)の名称で提供している。

パンディーヤは近年急速に通信環境の整備が進むミャンマーにおいて「Tech x ◯◯」企業を支援し、メンタリングや初期投資、投資家とのマッチングなどもサポートしている。

関連記事

  1. ミャンマーで責任あるビジネスを推進するMCRBによる、企業透明性ランキ…

  2. ダパオにヨーロッパの技術を使った排水処理施設設置 今年中にも建設完了に…

  3. 【ミャンマー】保険業界の外資参入許可へ。3社は外資100%、その他は合…

  4. <バリ王>バリ島旅行専門店の老舗・バリ王が平成最後 バリ島の人気ホテル…

  5. 【ミャンマー】ヤンゴン市内の一部エリアで、電気代の確認・支払いをスマホ…

  6. タイ警察 東北下部にて一斉取締り 4000人以上逮捕 半数以上は麻薬関…

  7. インドとベトナムの繊維・アパレル貿易が活況。ベトナムの生産環境問題クリ…

  8. タイでデング熱が大流行中 出張やレジャーの際には感染症情報と自衛の確認…

最近の記事 おすすめ記事

CATEGORIES

ARCHIVES

LINE