EUがミャンマー産米の特恵関税適用を3年間停止へ。新たな販路の開拓が必要に。

EUはミャンマー産米に対する特恵関税(GSP)の適用を3年間停止することを決定した。

ミャンマー・コメ連盟によると、低価格なミャンマー産米が大量に輸入されていることについて、EU加盟国の中で米を生産しているイタリアやスペインなどから批判が相次いだ。

これを受けてEUは、3年間のGSP適用停止を決定。

1月19日より、1トンあたり1年目は175ユーロ(=約2万1,700円)、2年目は150ユーロ(=約1万8,600円)、3年目は125ユーロ(=約1万5,500円)の関税が課されることとなった。

同連盟のティンゾーライン共同事務局長は「米の輸出先のうち、EUは大きな割合を占めていた。

今後取引量が減ることは確実なので、他の販路を早急に開拓したい」と話した。

今回のGSP適用停止はコメのみが対象で、縫製業などには影響は及ばないが、その影響の大きさが懸念される。

ミャンマーとしては大きな方向転換を迫られる事になる。

関連記事

  1. ベトナム経済は今年は良好か 非小売ビジネスの激化と外資系アパレルの増大…

  2. 世界の国々のネット利用時間、第1位はダントツのフィリピン!その驚くべき…

  3. 日中韓の観光客に対しビザ免除を検討【ミャンマー】

  4. マレーシア、不法労働者の再雇用 6月打ち切りへ

  5. SEMエージェンシー、東南アジア展開としてラオスに子会社SEM Age…

  6. インドネシア・ロンボク島の地震による被災者支援のため、出動を決定 ~死…

  7. ミャンマー政府、ユニコード文字使用に本腰。ユニコード使用の携帯電話の…

  8. 小売スペース賃料下落も、需要増で今後3年は緩やかに上昇か

最近の記事 おすすめ記事

CATEGORIES

ARCHIVES

LINE