インド格安航空会社インディゴ、ミャンマー市場に参入へ

インドの格安航空会社インディゴが、ミャンマー市場に参入する計画であることが明らかになった。

ミャンマーの他、中国、ベトナム、サウジアラビア、トルコにも参入し、市場拡大するという。

同社は今後、国際市場を50%拡大する予定。現在200機の航空機で毎日1,300本の航空便を運航している。
同社はインドの航空会社の中でシェア42.5%を占めているという。

ミャンマーの国内線は、料金が高く非常に使い勝手が悪いのが現状。

例えば外国人が、ヤンゴン~バンコクの国際線を利用する場合、「往復1万円程度」で利用できるのに対して、ヤンゴン~マンダレー間の国内線では「片道1万円程度」と、国内線が2倍近い料金になっている。
少なからず観光業界にも影響を与えている。

2017年頃から国内の航空会社が運行を停止する事態も続いており、航空業界の経営状態は厳しいのが現状。

そんな中で、インドの格安航空会社インディゴがミャンマーに参入する計画と発表され、観光業の活性化にも一役買う可能性が高い。

関連記事

  1. 世界遺産登録を目指すバガンの空港、東南アジア初のグリーン空港へ【ミャン…

  2. 最低賃金4,800チャットに引き上げ、適用開始【ミャンマー】

  3. 日本女性とコスメ比率が全然違う!「インドネシア20代女性の美容実態」。…

  4. ミャンマーで責任あるビジネスを推進するMCRBによる、企業透明性ランキ…

  5. 【ミャンマー】中国〜マンダレー〜ネピドー〜ヤンゴンの幹線道路建設は、中…

  6. インドネシア・ロンボク島の地震による被災者支援のため、出動を決定 ~死…

  7. 中小企業のデジタル成熟度がアジア太平洋で最高のシンガポール。世界最短の…

  8. フィリピン:アグリビジネスの農業起業家への予算増額 ジョブフェアに向け…

最近の記事 おすすめ記事

CATEGORIES

ARCHIVES

LINE