インド格安航空会社インディゴ、ミャンマー市場に参入へ

インドの格安航空会社インディゴが、ミャンマー市場に参入する計画であることが明らかになった。

ミャンマーの他、中国、ベトナム、サウジアラビア、トルコにも参入し、市場拡大するという。

同社は今後、国際市場を50%拡大する予定。現在200機の航空機で毎日1,300本の航空便を運航している。
同社はインドの航空会社の中でシェア42.5%を占めているという。

ミャンマーの国内線は、料金が高く非常に使い勝手が悪いのが現状。

例えば外国人が、ヤンゴン~バンコクの国際線を利用する場合、「往復1万円程度」で利用できるのに対して、ヤンゴン~マンダレー間の国内線では「片道1万円程度」と、国内線が2倍近い料金になっている。
少なからず観光業界にも影響を与えている。

2017年頃から国内の航空会社が運行を停止する事態も続いており、航空業界の経営状態は厳しいのが現状。

そんな中で、インドの格安航空会社インディゴがミャンマーに参入する計画と発表され、観光業の活性化にも一役買う可能性が高い。

関連記事

  1. ミャンマー政府、ユニコード文字使用に本腰。ユニコード使用の携帯電話の…

  2. タイ旅行客が年内100万人突破確実。近日グランドオープンのアウトレット…

  3. 【ミャンマー 】JICAによる合計800億の円借款が、ヤンゴン市内の下…

  4. 日本人と対等に働くことができるベトナム人の育成を初月無料にてホーチミン…

  5. ミャンマーで責任あるビジネスを推進するMCRBによる、企業透明性ランキ…

  6. 【法人設立】日系人材派遣サンウェル、アジア3カ国目となるハノイ現法設立…

  7. 小売・卸売業への外国投資許可を延期【ミャンマー】

  8. ヤンゴン市内の交通渋滞緩和対策。バス路線見直し、タクシーへの対策などに…

最近の記事 おすすめ記事

CATEGORIES

ARCHIVES

LINE