インド格安航空会社インディゴ、ミャンマー市場に参入へ

インドの格安航空会社インディゴが、ミャンマー市場に参入する計画であることが明らかになった。

ミャンマーの他、中国、ベトナム、サウジアラビア、トルコにも参入し、市場拡大するという。

同社は今後、国際市場を50%拡大する予定。現在200機の航空機で毎日1,300本の航空便を運航している。
同社はインドの航空会社の中でシェア42.5%を占めているという。

ミャンマーの国内線は、料金が高く非常に使い勝手が悪いのが現状。

例えば外国人が、ヤンゴン~バンコクの国際線を利用する場合、「往復1万円程度」で利用できるのに対して、ヤンゴン~マンダレー間の国内線では「片道1万円程度」と、国内線が2倍近い料金になっている。
少なからず観光業界にも影響を与えている。

2017年頃から国内の航空会社が運行を停止する事態も続いており、航空業界の経営状態は厳しいのが現状。

そんな中で、インドの格安航空会社インディゴがミャンマーに参入する計画と発表され、観光業の活性化にも一役買う可能性が高い。

関連記事

  1. 中国企業参入によりバンコクの賃料が上昇中 新規建設も中国企業が大幅予約…

  2. シンガポールとマレーシアの領空・領海紛争が緊張緩和で合意

  3. マリオット・インターナショナルとワン・バンコクがバンコク初となるリッツ…

  4. 全盲の人も楽しめる絵画の美しさ!ベトナム・ハノイ市で「マリス作品展」開…

  5. フィリピンが米の輸入自由化へ 国内生産者からは大きな不満相次ぐ

  6. 国交省の官民研究開発投資拡大プログラムに 日越連携による建築業界向けA…

  7. ダバオで「子供にやさしいバランガイ(住民自治組織)」を認定

  8. タイ、トランス脂肪酸の製造・輸入・販売を来年1月から全面禁止に

最近の記事 おすすめ記事

CATEGORIES

ARCHIVES

LINE