インド格安航空会社インディゴ、ミャンマー市場に参入へ

インドの格安航空会社インディゴが、ミャンマー市場に参入する計画であることが明らかになった。

ミャンマーの他、中国、ベトナム、サウジアラビア、トルコにも参入し、市場拡大するという。

同社は今後、国際市場を50%拡大する予定。現在200機の航空機で毎日1,300本の航空便を運航している。
同社はインドの航空会社の中でシェア42.5%を占めているという。

ミャンマーの国内線は、料金が高く非常に使い勝手が悪いのが現状。

例えば外国人が、ヤンゴン~バンコクの国際線を利用する場合、「往復1万円程度」で利用できるのに対して、ヤンゴン~マンダレー間の国内線では「片道1万円程度」と、国内線が2倍近い料金になっている。
少なからず観光業界にも影響を与えている。

2017年頃から国内の航空会社が運行を停止する事態も続いており、航空業界の経営状態は厳しいのが現状。

そんな中で、インドの格安航空会社インディゴがミャンマーに参入する計画と発表され、観光業の活性化にも一役買う可能性が高い。

関連記事

  1. ヒューマンリソシア、海外ITエンジニア採用フェア「Japan IT J…

  2. 日系KURASHICO 1000年の歴史持つ日本六古窯の瀬戸焼をホーチ…

  3. サッカー国際交流イベント「CEREZO CUP(セレッソ・カップ)」を…

  4. シンガポールの人気植物園『ガーデンズ・バイ・ザ・ベイ』に試験展示決定!…

  5. 対ドルのチャット相場が下落―1米ドル1,450チャットの予測も【ミャン…

  6. ミャンマー語未表記の製品、4月から取り締まり強化へ

  7. アジアリーグ主催テリフィック12 出場チーム発表。日本、フィリピン含め…

  8. ベトナム経済は今年は良好か 非小売ビジネスの激化と外資系アパレルの増大…

最近の記事 おすすめ記事

CATEGORIES

ARCHIVES

LINE