米国企業団12社が、ミャンマーを訪問。国際社会の風向きが変わる動きとなるか。

4月30日、米国企業12社がミャンマーを訪問し、ミャンマー商工会議所連盟の事務所で協議会を開催。
12社には、石油関連企業のシェブロン、物流サービスを提供するフェデックス、水質浄化、天気予報・情報配信サービスに関連する企業などが含まれる。

ミャンマー商工会議所連盟のマウンマウンレイ副会長によると、スコット・マーシール米国大使による企画で、政治的要因で経済が停滞しないようにする目的があるという。同大使は、6月にワシントンDCで開かれる投資についての協議会に、ミャンマーの企業経営者を招待している。

これまでにも、同大使は2月に国内物流の発展や米国との共同事業について2度協議を行い、2月14日にはミャンマー商工会議所連盟を訪れて、金融を含む投資事業について協議を行ったという。

ミャンマーで事業を行う米国企業は、GE、ペプシ、コカ・コーラ、KFCを始め合計20社で投資総額は4億3,000万米ドル(=約480億円)以上。

 

現在、政治的な要因を受けて、経済が停滞しかかっているミャンマーだが、それをサポートする目的もあるようだ。
ロヒンギャ問題等もあり、国際社会からの積極投資は見込みにくい現状において、アメリカが積極投資を行なう展開になれば、ミャンマーにとっては、追い風となる。前向きな動きに期待したい。

関連記事

  1. 産炭国の石炭採掘・保安技術の向上に貢献

  2. 世界的暗号資産企業であるHuobiがシンガポールの起業家Eric Ch…

  3. 【ミャンマー 】JICAによる合計800億の円借款が、ヤンゴン市内の下…

  4. 日本人と対等に働くことができるベトナム人の育成を初月無料にてホーチミン…

  5. タイでデング熱が大流行中 出張やレジャーの際には感染症情報と自衛の確認…

  6. ミャンマーで責任あるビジネスを推進するMCRBによる、企業透明性ランキ…

  7. ベトナムにPCコンクリートの合弁工場を設立

  8. 非接触で出退勤を管理。AIを用いた製品を提供する地場企業BEET IN…

最近の記事 おすすめ記事

CATEGORIES

ARCHIVES

LINE