日本の働き方改革をベトナムへ輸出! NIKOMIXとベトナム会計事務所が業務提携及び企画を発表 オンライン会計サービスを1ヶ月1万円から開始

ベトナム、ハノイにてマーケティング支援及び営業代行をおこなうNIKOMIX VIETNAM CO.,LTD (http://www.nikomix.co.jp)とベトナム中堅会計事務所MKF CO.,LTD(http://www.mkfvn.com)は10月1日にオンラインで記帳代行及び決算、監査業務を行うサービスを開始した。

既にMKF社のホームページにて掲載、1ヶ月で2,000,000VND(約1万円)という圧倒的な価格効率の良さから問い合わせが急増しているが、両社は価格ではなく、クオリティと効率性を重視している。


(MKF代表Mai Xuan VanとNIKOMIX代表SHUJI JOZAKI)

日本の「働き方改革」で注目度が拡大。
アメリカやドイツなど先進国ではすでにオンライン会計サービスは主流になりつつあるが、日本では2016年9月に日本政府が打ち出した「働き方改革」により同種のサービスが注目を浴びてきている。
ベトナムでは特に外資系企業を中心に会計の透明性を確保したいと本サービスに注目が集まっている他、ベトナム系企業も外資系企業との取引を強化したい企業からの問い合わせが多いという。

業務内容から決算までをチャットアプリで一元化。
本サービスは日本企業ChatWorK Co.,LTDのアプリケーション「ChatWork」というチャットアプリを利用し会計コンサルと企業をダイレクトに結び、業務におけるすべてをチャットで行うことにより代表者及びマネージャー、会計士が随時チェックを行うことができる。メールとの違いは一連の流れが一つのチャットで行われる事から会計の流れを把握できる他、チーフアカウンタントや会計担当者が産休や退職なので急に業務を離れることになっても過去のやり取りを新しい担当者が把握できるため、業務の引継ぎを漏らすことなく、短縮できるのも特徴である。
このようなサービスが普及することで会計という業務の垣根がなくなり誰もが会計に携われる他、今までの会計担当者が会計の知識を活かし、営業等様々な業務に挑戦する事ができるようになった。

提供元社内でも実感。非生産部門が収益部門へとシフト。
NIKOMIX VIETNAM代表者によれば、現在NIKOMIX VIETNAM自体も先行してこのサービスを利用しており、その有用性を自社で実際に体感しているという。会計マネージャーが営業をメイン業務としていることから「コスト」として見られていた会計業務が収益を生む存在として計算できるようになったという。
日本の「働き方改革」の本質的な打開策から生まれたチャット式一元管理システム。規模の大小に関わらず、むしろ小規模事業者こそ生産効率を高めるために導入する企業が増えそうだ。

会社概要

会社名:NIKOMIX VIETNAM Co.,LTD
代表:SHUJI JOZAKI
設立:2018.5.2
事業内容:マーケティング支援、営業代行
HP:http://www.nikomix.co.jp
所在地:11st floor,TID Building,No4,Cong Vi,Lieu Giai st Ba Dinh District,Ha Noi,Vietnam
概要:2018.5.2 NIKOMIX VIETNAM Co.,LTを設立 グループ会社は株式会社NIKOMIX (JAPAN) NIKOMIX ESTONIA Co.,LTD を8月に設立。
「経営は化学」をモットーに徹底したマーケティング戦略と行動経済学、心理学をもとに戦略提案、営業代行を行う。
日本本社ではコンサル業務に加えコスメの開発やブロックチェーン開発など様々な分野の業務をおこなっており、NIKOMIX VIETNAMをサポートしている。
構成員は現役大学教授、医師、銀行、大手コンサルテントや大手広告代理店出身者など様々な分野で活躍してきた人間で構成されている。

お問い合わせ先
0243 200 3416

関連記事

  1. 2019年2月のPMI、ミャンマーがトップに。半年前には最下位に転落す…

  2. カンボジア労働市場における現地人材の実務スキル不足を解決する!企業と人…

  3. 非接触で出退勤を管理。AIを用いた製品を提供する地場企業BEET IN…

  4. フィリピン2019年の観光客増加に向け施設やイベント増加へ。サマル島へ…

  5. ミャンマーのTech系スタートアップを支援するパンディーヤが 国内5社…

  6. 軽油税増税、道路税割戻し、発電業者に炭素税を導入……激動のシンガポール…

  7. 【ミャンマー】中国〜マンダレー〜ネピドー〜ヤンゴンの幹線道路建設は、中…

  8. 株式会社トキオ・ゲッツがアジアの小学校を活用した キッズマーケティング…

最近の記事 おすすめ記事

CATEGORIES

ARCHIVES

LINE