スターバックス、ミャンマー進出の計画なし

米大手コーヒーチェーン、スターバックス社の中国・アジア太平洋ディレクターは、ミャンマー進出について現時点で具体的な計画はないとの認識を示した。

同氏は「スターバックスとしては、全世界に事業拡大の機会を常に伺っているが、現時点ではミャンマーに店舗を置く予定はない」とコメント。ミャンマー投資委員会は、スターバックスが600 万ドル(=約6億7,100万円)を投じ、コーヒー・コンセプト・ミャンマーという名称で20 店舗を展開すると発表していた。

一号店の場所も決まり、進出間近という報道から一転、計画を撤回したということになる。ロヒンギャ問題や、ロイター通信記者への有罪判決など、ミャンマー政府への諸外国からの批判の高まりが影響していることも考えられる。

米大手飲食チェーンとしては、最近、クリスピー・クリーム・ドーナツが進出を果たした。期待されていたスターバックスの進出撤回は、他の欧米企業進出にも影響をもたらすかもしれない。

関連記事

  1. インドネシア地震 増える死傷者、難航する救助活動の中で観光客2000人…

  2. ASEAN諸国の女性起業家支援イベント「AJWELPビジネスプレゼンテ…

  3. 新プロジェクトでインフレと戦うダバオ 農業の予算増加における生産力上昇…

  4. インドとベトナムの繊維・アパレル貿易が活況。ベトナムの生産環境問題クリ…

  5. ミャンマー国内におけるEC普及における課題は、情報セキュリ ティと国民…

  6. KINGS GROUPが、シンガポール上場企業SUTL Enterpr…

  7. 第7回「アジア学生交流環境フォーラム(ASEP)」をマレーシアにて開催…

  8. トランスコスモス、「アジア10都市オンラインショッピング利用動向調査2…

最近の記事 おすすめ記事

CATEGORIES

ARCHIVES

LINE