スターバックス、ミャンマー進出の計画なし

米大手コーヒーチェーン、スターバックス社の中国・アジア太平洋ディレクターは、ミャンマー進出について現時点で具体的な計画はないとの認識を示した。

同氏は「スターバックスとしては、全世界に事業拡大の機会を常に伺っているが、現時点ではミャンマーに店舗を置く予定はない」とコメント。ミャンマー投資委員会は、スターバックスが600 万ドル(=約6億7,100万円)を投じ、コーヒー・コンセプト・ミャンマーという名称で20 店舗を展開すると発表していた。

一号店の場所も決まり、進出間近という報道から一転、計画を撤回したということになる。ロヒンギャ問題や、ロイター通信記者への有罪判決など、ミャンマー政府への諸外国からの批判の高まりが影響していることも考えられる。

米大手飲食チェーンとしては、最近、クリスピー・クリーム・ドーナツが進出を果たした。期待されていたスターバックスの進出撤回は、他の欧米企業進出にも影響をもたらすかもしれない。

関連記事

  1. 絶え間ない経済成長と労働環境から見るベトナムのアパレル産業の光と闇

  2. ミャンマーのTech系スタートアップを支援するパンディーヤが 国内5社…

  3. ダバオで「子供にやさしいバランガイ(住民自治組織)」を認定

  4. 小売スペース賃料下落も、需要増で今後3年は緩やかに上昇か

  5. タイにて高速道路が次々完成予定 デジタル免許証の復旧の加速にも期待

  6. ハノイZARA 店員が女性客に不当な対応で炎上、不買行動数週間続く Z…

  7. 日系PIXTAとハノイ工科大学が機械学習に関する共同研究で合意

  8. タイで電子タバコ所持の外国人が続々逮捕に ナイトマーケット摘発で逮捕者…

最近の記事 おすすめ記事

CATEGORIES

ARCHIVES

LINE