シンガポールでミャンマー就職フェア開催(7月14日、15日)

シンガポールで働くミャンマー人労働者がミャンマーで再就職することを目的に、7月14日、15日 にシンガポールのラッフルズシティ・ショッピングセンターでミャンマー就職フェアが開催される。

国の経済発展は人材育成と密接に関連しているため、経験を積んだ労働者の Uターンを促進するめに同フェアを開催するという。

ミャンマーでオンライン求人サイトを運営する JobNet.com.mm の主催により、ミャンマーのトップ企業である協同組合銀行(CB Bank)、大手複合企業キャピタル・ダイヤモンド・スター・グループ(CDSG 社)、ミャンマー郵電公社 (MPT)、ミャンマーネット、石油・ガス掘削会社 MPRL E&P、RMA グループ、タクシー配車サービス 社 Oway など約 20 企業が出展予定。産業、経営、人事、経理、工学、情報技術、マーケティングなどの職種で、2,000 以上の職業を紹 介する。

シンガポールでは、多くのミャンマー人が働いており、第一線で働く人材も少なくない。シンガポールで働くミャンマー人の中には「機会さえあれば母国に戻りたい」と考えている人も多い。
4年ほど前に、他社が主催したシンガポールでのミャンマー就職フェアに足を運んだ事があったが、多くのミャンマー人が会場に足を運び、開場前の入り口には長蛇の列ができていた事が記憶に残っている。あれから4年が経ち、ミャンマーのビジネス環境も大きく変化している。こうしたイベントを通じて、母国に帰国するミャンマー人が増え、それが国の発展に繋がっていくだろう。今回のイベントを機に、どれくらいの数のミャンマー人が就職の機会を得るのだろうか。

関連記事

  1. 食品ごみで発電。シンガポール国立大学寮にスマホ充電施設

  2. フィリピン人口増加に懸念 背景にはローマン・カトリックの影響。地方司法…

  3. フィリピン初の地下鉄現実化へ!全面開通は2025年。2022年に先行開…

  4. 絶え間ない経済成長と労働環境から見るベトナムのアパレル産業の光と闇

  5. タイ、トランス脂肪酸の製造・輸入・販売を来年1月から全面禁止に

  6. タイ大型ショッピングモール【バンコク東急パラダイスパーク】来年3月末閉…

  7. <バリ王>バリ島旅行専門店の老舗・バリ王が平成最後 バリ島の人気ホテル…

  8. フランジア、CIのアップデートを実施し、「株式会社Sun Asteri…

最近の記事 おすすめ記事

CATEGORIES

ARCHIVES

LINE