空港シャトルバスが運行開始―ヤンゴン国際空港〜市内まで約40円

オムニ・フォーカス社は、ヤンゴン国際空港からヤンゴン中央駅までの区間を運行する「YBS 空港シャトルバス」を6月 22 日から運行開始した。

空港利用者や空港従業員の移動を円滑にするため、シャトルバスの運行を開始したという。同バスには 36 席あり、運賃は一律 500 チャット(=約 40 円)。同区間には 13 カ所の停留所を設けており、 21 日の朝5時から 12 時まで試運転した結果、空港から中央駅まで約2時間半かかったという。通勤時間帯はさらに時間がかかると予測されている。

運行ルートはヤンゴン国際空港~8マイル交差点~ガバエーパゴダ通り~ミャンマープラザ~動物園~ヤンゴン中央駅となっている。

ヤンゴンへ到着した観光客の多くは、ヤンゴン市内へと向かうことになる。これまで、市内への交通手段としては、タクシーに乗るか、事前に車を手配しておくしかなかった。そこに新たな格安の交通手段としてシャトルバスが導入された。空港からダウンタウンへのタクシー相場は、1万ks程度(約800円)だが、シャトルバスは500ks(40円)と、実に20分1の値段。ヤンゴン国際空港のすべてのターミナルを経由し、市内に向かうため、どのターミナルに降り立っても、乗り込むのは容易だ。

しかし、一部 かなりの渋滞エリアに突入することもあり、日中であれば、それなりに時間が掛かりそうだ。出発する時間帯や曜日にもよるだろうが、平日の朝や日中のダウンタウン行きは、タクシーの倍近く時間が掛かる覚悟が必要かもしれない。料金的には圧倒的に安く、乗り心地もそれほど悪くないはずなので、時間的余裕があれば、試してみてもいいだろう。

認知度はまだまだ低く、利用者も少ないと思われる。空港を降り立てば、タクシー運転手が我先にと声を掛けてくるため、シャトルバスの存在を知らないままタクシーになる観光客も多くいるだろう。認知度が高まり、シャトルバスサービスの運行が、短期間で終わる事なく、路線拡大等に繋がり、さらに利便性が増していくことに期待したい。

 

関連記事

  1. 【ミャンマー】経済・貿易省、イオンなど外資の小売・卸売業を許可

  2. ベトナム繊維業界は試練の年になるか?世界規模のアパレル輸出国で商品原産…

  3. フィリピン:アグリビジネスの農業起業家への予算増額 ジョブフェアに向け…

  4. ベトナム航空 2018年夏期スケジュールのご案内 (2018年3月25…

  5. ミャンマー国内におけるEC普及における課題は、情報セキュリティと国民の…

  6. 【ミャンマー】保険業界の外資参入許可へ。3社は外資100%、その他は合…

  7. 日本の大和PIパートナーズが、またもミャンマー企業に投資。今度はオンラ…

  8. ミャンマー国内におけるEC普及における課題は、情報セキュリ ティと国民…

最近の記事 おすすめ記事

CATEGORIES

ARCHIVES

LINE