【ミャンマー】ヤンゴンでプラスチックゴミ削減啓発の劇を披露。各所でゴミに対する意識を高めるイベントが開催中。

ヤンゴン中心部のマハバンドゥーラ公園で4月8日、プラスチックゴミ削減のための啓発イベントが開催された。

イベントではゴミ問題に関する劇が披露され、「25年前と比べてプラスチックゴミの量が10倍以上に増えている」「プラスチックが無いと生活できなくなってしまっている」などといった現状が訴えられた。

イベントを主催したヨマ銀行の担当者は「交通の便が良くなり、都会でしか手に入らなかったプラスチックが農村部にもたくさん入るようになった。ただゴミが増えるばかりの現状を危惧しており、多くの人に危機意識を持ってもらうためにこのイベントを開催しテイル」と話す。

イベントは今回で7度目の開催。今後マンダレーやネピドーなど、全国15カ所を巡回予定だという。

 

ヤンゴンでも、先進国同様にゴミ問題への意識が高まりつつある。今回のイベントはプラスチックゴミ削減を掲げたものだが、これまでにも各方面で様々なゴミをテーマにした活動が行われている。

農村部に行けば、ヤンゴンなどの都市に比べて、プラスチックゴミが少ないのが現状だが、都市化が進むにつれて増えていくことは明白。

世界中で、プラスチックストローの使用をやめる動きが生まれているが、ミャンマーでも徐々にそうした活動は増えており、竹ストローを見かける事も多い。
そもそものごみ処理能力が追いついていない現状もあり、そこにアプローチするスタートアップ企業「Recyglo」は、最近注目を浴びている。

HerBESTが2年ほど前から毎月開催するイベント「CleanYangonGreenYangon」や「TrashHeroMyanmar」などの気軽に参加できるイベントも開催されている。

一部が動くだけでは解決できない社会的な課題だけに、大勢を巻き込んだイベントを通じて市民の意識が高まる事に期待したい。

関連記事

  1. ベトナムにおける「器楽教育」の導入・定着化施策が、ジェトロの「社会課題…

  2. 全国の電力の約半分をヤンゴン管区で使用【ミャンマー】

  3. ベトナム ハノイ にPlan・Do・See運営ホテルが誕生 HOTEL…

  4. 夏休み自由研究イベント “わくわく探検隊” フィリピン・韓国を歩こう

  5. 【ミャンマー】経済状況「改善」と答える企業の割合が増加

  6. サッカー国際交流イベント「CEREZO CUP(セレッソ・カップ)」を…

  7. ベトナム・インドで設計解析等 オフショア開発の日系アールテクノベトナム…

  8. ミャンマー政府、ユニコード文字使用に本腰。ユニコード使用の携帯電話の…

最近の記事 おすすめ記事

CATEGORIES

ARCHIVES

LINE