【ミャンマー】ヤンゴンでプラスチックゴミ削減啓発の劇を披露。各所でゴミに対する意識を高めるイベントが開催中。

ヤンゴン中心部のマハバンドゥーラ公園で4月8日、プラスチックゴミ削減のための啓発イベントが開催された。

イベントではゴミ問題に関する劇が披露され、「25年前と比べてプラスチックゴミの量が10倍以上に増えている」「プラスチックが無いと生活できなくなってしまっている」などといった現状が訴えられた。

イベントを主催したヨマ銀行の担当者は「交通の便が良くなり、都会でしか手に入らなかったプラスチックが農村部にもたくさん入るようになった。ただゴミが増えるばかりの現状を危惧しており、多くの人に危機意識を持ってもらうためにこのイベントを開催しテイル」と話す。

イベントは今回で7度目の開催。今後マンダレーやネピドーなど、全国15カ所を巡回予定だという。

 

ヤンゴンでも、先進国同様にゴミ問題への意識が高まりつつある。今回のイベントはプラスチックゴミ削減を掲げたものだが、これまでにも各方面で様々なゴミをテーマにした活動が行われている。

農村部に行けば、ヤンゴンなどの都市に比べて、プラスチックゴミが少ないのが現状だが、都市化が進むにつれて増えていくことは明白。

世界中で、プラスチックストローの使用をやめる動きが生まれているが、ミャンマーでも徐々にそうした活動は増えており、竹ストローを見かける事も多い。
そもそものごみ処理能力が追いついていない現状もあり、そこにアプローチするスタートアップ企業「Recyglo」は、最近注目を浴びている。

HerBESTが2年ほど前から毎月開催するイベント「CleanYangonGreenYangon」や「TrashHeroMyanmar」などの気軽に参加できるイベントも開催されている。

一部が動くだけでは解決できない社会的な課題だけに、大勢を巻き込んだイベントを通じて市民の意識が高まる事に期待したい。

関連記事

  1. 8月に控えたアジア協議大会、主催インドネシア・ジャカルタ湾の悪水質で選…

  2. 新たな規制緩和の動き。ミャンマーで生産される21品目について、外国企業…

  3. ベトナム日本大使館、外務省Sports for Tomorrowなどか…

  4. ベトナム経済は今年は良好か 非小売ビジネスの激化と外資系アパレルの増大…

  5. ミャンマー国内初の外国人雇用法の原案を作成中。

  6. EUがミャンマー産米の特恵関税適用を3年間停止へ。新たな販路の開拓が必…

  7. <バリ王>バリ島旅行専門店の老舗・バリ王が平成最後 バリ島の人気ホテル…

  8. はなまるうどんインドネシア1号店が開店!インドネシアの味覚に合わせつつ…

最近の記事 おすすめ記事

CATEGORIES

ARCHIVES

LINE