【ミャンマー】ヤンゴンでプラスチックゴミ削減啓発の劇を披露。各所でゴミに対する意識を高めるイベントが開催中。

ヤンゴン中心部のマハバンドゥーラ公園で4月8日、プラスチックゴミ削減のための啓発イベントが開催された。

イベントではゴミ問題に関する劇が披露され、「25年前と比べてプラスチックゴミの量が10倍以上に増えている」「プラスチックが無いと生活できなくなってしまっている」などといった現状が訴えられた。

イベントを主催したヨマ銀行の担当者は「交通の便が良くなり、都会でしか手に入らなかったプラスチックが農村部にもたくさん入るようになった。ただゴミが増えるばかりの現状を危惧しており、多くの人に危機意識を持ってもらうためにこのイベントを開催しテイル」と話す。

イベントは今回で7度目の開催。今後マンダレーやネピドーなど、全国15カ所を巡回予定だという。

 

ヤンゴンでも、先進国同様にゴミ問題への意識が高まりつつある。今回のイベントはプラスチックゴミ削減を掲げたものだが、これまでにも各方面で様々なゴミをテーマにした活動が行われている。

農村部に行けば、ヤンゴンなどの都市に比べて、プラスチックゴミが少ないのが現状だが、都市化が進むにつれて増えていくことは明白。

世界中で、プラスチックストローの使用をやめる動きが生まれているが、ミャンマーでも徐々にそうした活動は増えており、竹ストローを見かける事も多い。
そもそものごみ処理能力が追いついていない現状もあり、そこにアプローチするスタートアップ企業「Recyglo」は、最近注目を浴びている。

HerBESTが2年ほど前から毎月開催するイベント「CleanYangonGreenYangon」や「TrashHeroMyanmar」などの気軽に参加できるイベントも開催されている。

一部が動くだけでは解決できない社会的な課題だけに、大勢を巻き込んだイベントを通じて市民の意識が高まる事に期待したい。

関連記事

  1. 2018年のミャンマーから国外への派遣者は22万人超に。最多はタイ。日…

  2. ベトナム ハノイ にPlan・Do・See運営ホテルが誕生 HOTEL…

  3. ミャンマー現地大手飲食チェーンのYKKOが、ヨマに株式売却へ。

  4. 日本・韓国・中国・インドに続いて、ドイツ・フランス・イタリアに対しても…

  5. ベトナム繊維業界は試練の年になるか?世界規模のアパレル輸出国で商品原産…

  6. 2019年元旦に誕生した命、世界で約39万5千。内4分の1はインドネシ…

  7. <バリ王>バリ島旅行専門店の老舗・バリ王が平成最後 バリ島の人気ホテル…

  8. ミャンマー国内で自動車の製造・組み立て事業を行なう許可を得た企業は18…

最近の記事 おすすめ記事

CATEGORIES

ARCHIVES

LINE