ミャンマー政府、ユニコード文字使用に本腰。ユニコード使用の携帯電話のみ輸入許可へ【ミャンマー】

通信局は、携帯電話の輸入業者に対して、Unicode(ユニコード)文字をサポートする端末のみを輸入するよう指導した。同局によると、現在導入が進められている e-Government(電子政府)の方針に則るも ので、国際的な標準に従った手法が求められているという。

国際的にはユニコードによる入力方式の使用に統一されているのが一般的だが、ミャンマー国内 では、Zawgyi(ゾージー)系の入力方式が広く使用されている。ユニコードへの統一にあたっては、 ゾージー系使用者の利便性への配慮も重要とされている。

ユーザーの多くは、スマートフォンに Zawgyiキーボードアプリを入れて、文字入力時にはZawgyiキーボードを利用するのが一般的だ。Zawgyiで入力した文字は、国際基準のユニコードとは異なった表示がなされる。文字コードが異なるため、双方の互換性はない。

Google等で、Zawgyi入力をして検索してもヒットしないため、Google検索の利用は少なく、検索する人も英語のみで対応しているのがほとんど。そのため、多くの企業はZawgyiが表示されるfacebookを利用しているのが現状だ。

Zawgyiフォントの蔓延がミャンマーのウェブサービスに歪みを与えているともいえる。とはいえ、多くのユーザーが利用しているのは、Zawgyi。その移行過程には様々なトラブルも発生するだろう。ユニコード化されていけば、ウェブ関連ビジネスもさらに一段と伸びていく事は間違いないが、まだ時間はかかりそうである。

関連記事

  1. 2018年のミャンマーの新車販売台数は1.5万台。新車市場のシェア約5…

  2. インドネシアで初となる“政府承認ドローン”飛行開始 東南アジアでのドロ…

  3. 世界中から注目されているミャンマーの宝石・ベイ諸島産のゴールデンパール…

  4. ダバオの交通渋滞問題。新しいバスシステムと土地の駐車場転用での免税で解…

  5. B-EN-Gの「mcframe」がタイで中堅製造業の競争力強化のための…

  6. 2019年2月のPMI、ミャンマーがトップに。半年前には最下位に転落す…

  7. ダバオで「子供にやさしいバランガイ(住民自治組織)」を認定

  8. 【SDGsに貢献】ヨーロッパ生まれ、植物性由来のお肉「earthmea…

最近の記事 おすすめ記事

CATEGORIES

ARCHIVES

LINE