ミャンマー政府、ユニコード文字使用に本腰。ユニコード使用の携帯電話のみ輸入許可へ【ミャンマー】

通信局は、携帯電話の輸入業者に対して、Unicode(ユニコード)文字をサポートする端末のみを輸入するよう指導した。同局によると、現在導入が進められている e-Government(電子政府)の方針に則るも ので、国際的な標準に従った手法が求められているという。

国際的にはユニコードによる入力方式の使用に統一されているのが一般的だが、ミャンマー国内 では、Zawgyi(ゾージー)系の入力方式が広く使用されている。ユニコードへの統一にあたっては、 ゾージー系使用者の利便性への配慮も重要とされている。

ユーザーの多くは、スマートフォンに Zawgyiキーボードアプリを入れて、文字入力時にはZawgyiキーボードを利用するのが一般的だ。Zawgyiで入力した文字は、国際基準のユニコードとは異なった表示がなされる。文字コードが異なるため、双方の互換性はない。

Google等で、Zawgyi入力をして検索してもヒットしないため、Google検索の利用は少なく、検索する人も英語のみで対応しているのがほとんど。そのため、多くの企業はZawgyiが表示されるfacebookを利用しているのが現状だ。

Zawgyiフォントの蔓延がミャンマーのウェブサービスに歪みを与えているともいえる。とはいえ、多くのユーザーが利用しているのは、Zawgyi。その移行過程には様々なトラブルも発生するだろう。ユニコード化されていけば、ウェブ関連ビジネスもさらに一段と伸びていく事は間違いないが、まだ時間はかかりそうである。

関連記事

  1. カンボジア・ジャパンハートこども医療センターの業務改善を「トヨタ生産方…

  2. NTTコミュニケーションズが東南アジアの大手VC、起業家を招致し、IC…

  3. 産炭国の石炭採掘・保安技術の向上に貢献

  4. 占い感覚で楽しめる!「理想の彼氏」と行く旅行プラン KKday.com…

  5. インドネシア地震 増える死傷者、難航する救助活動の中で観光客2000人…

  6. W杯メインスポンサーであるアディダス・ナイキ大手2社。アジア生産工場の…

  7. フィリピンのジプニースクラップ案廃止 新たにニーズに合わせた新型の設計…

  8. KDDIがベトナムのDEEP C(ディープシー)工業団地でIoTの実証…

最近の記事 おすすめ記事

CATEGORIES

ARCHIVES

LINE