ミャンマー政府、ユニコード文字使用に本腰。ユニコード使用の携帯電話のみ輸入許可へ【ミャンマー】

通信局は、携帯電話の輸入業者に対して、Unicode(ユニコード)文字をサポートする端末のみを輸入するよう指導した。同局によると、現在導入が進められている e-Government(電子政府)の方針に則るも ので、国際的な標準に従った手法が求められているという。

国際的にはユニコードによる入力方式の使用に統一されているのが一般的だが、ミャンマー国内 では、Zawgyi(ゾージー)系の入力方式が広く使用されている。ユニコードへの統一にあたっては、 ゾージー系使用者の利便性への配慮も重要とされている。

ユーザーの多くは、スマートフォンに Zawgyiキーボードアプリを入れて、文字入力時にはZawgyiキーボードを利用するのが一般的だ。Zawgyiで入力した文字は、国際基準のユニコードとは異なった表示がなされる。文字コードが異なるため、双方の互換性はない。

Google等で、Zawgyi入力をして検索してもヒットしないため、Google検索の利用は少なく、検索する人も英語のみで対応しているのがほとんど。そのため、多くの企業はZawgyiが表示されるfacebookを利用しているのが現状だ。

Zawgyiフォントの蔓延がミャンマーのウェブサービスに歪みを与えているともいえる。とはいえ、多くのユーザーが利用しているのは、Zawgyi。その移行過程には様々なトラブルも発生するだろう。ユニコード化されていけば、ウェブ関連ビジネスもさらに一段と伸びていく事は間違いないが、まだ時間はかかりそうである。

関連記事

  1. LINE株式会社がFintechに関する調査を実施 日本はキャッスレス…

  2. 日本の働き方改革をベトナムへ輸出! NIKOMIXとベトナム会計事務所…

  3. 人種の「るつぼ」となっているシンガポール。国際結婚が増加傾向!イスラム…

  4. KDDIがベトナムのDEEP C(ディープシー)工業団地でIoTの実証…

  5. 日系設計事務所WORKLOUNGE03‐ オーストラリア人共同とベトナ…

  6. フィリピン乗り合いタクシー「ジプニー」環境汚染・インフラ改善のためスク…

  7. タイでデング熱が大流行中 出張やレジャーの際には感染症情報と自衛の確認…

  8. 越境ECサイト「SD export」、安価な航空輸送サービス「ECMS…

最近の記事 おすすめ記事

CATEGORIES

ARCHIVES

LINE