ミャンマー政府、ユニコード文字使用に本腰。ユニコード使用の携帯電話のみ輸入許可へ【ミャンマー】

通信局は、携帯電話の輸入業者に対して、Unicode(ユニコード)文字をサポートする端末のみを輸入するよう指導した。同局によると、現在導入が進められている e-Government(電子政府)の方針に則るも ので、国際的な標準に従った手法が求められているという。

国際的にはユニコードによる入力方式の使用に統一されているのが一般的だが、ミャンマー国内 では、Zawgyi(ゾージー)系の入力方式が広く使用されている。ユニコードへの統一にあたっては、 ゾージー系使用者の利便性への配慮も重要とされている。

ユーザーの多くは、スマートフォンに Zawgyiキーボードアプリを入れて、文字入力時にはZawgyiキーボードを利用するのが一般的だ。Zawgyiで入力した文字は、国際基準のユニコードとは異なった表示がなされる。文字コードが異なるため、双方の互換性はない。

Google等で、Zawgyi入力をして検索してもヒットしないため、Google検索の利用は少なく、検索する人も英語のみで対応しているのがほとんど。そのため、多くの企業はZawgyiが表示されるfacebookを利用しているのが現状だ。

Zawgyiフォントの蔓延がミャンマーのウェブサービスに歪みを与えているともいえる。とはいえ、多くのユーザーが利用しているのは、Zawgyi。その移行過程には様々なトラブルも発生するだろう。ユニコード化されていけば、ウェブ関連ビジネスもさらに一段と伸びていく事は間違いないが、まだ時間はかかりそうである。

関連記事

  1. アジアリーグ主催テリフィック12 出場チーム発表。日本、フィリピン含め…

  2. フィリピン2019年の観光客増加に向け施設やイベント増加へ。サマル島へ…

  3. アジア主要10カ国対応SIMカード「Wi-Ho!SIM アジア周遊」販…

  4. 現地の消費習慣に合わず?ベトナム進出の日本大手コンビニチェーン苦戦の状…

  5. 絶え間ない経済成長と労働環境から見るベトナムのアパレル産業の光と闇

  6. 東南アジアへの優良ツアーを表彰「ASEANツーリズム・アワード・ジャパ…

  7. 世界遺産登録を目指すバガンの空港、東南アジア初のグリーン空港へ【ミャン…

  8. NTTコミュニケーションズが東南アジアの大手VC、起業家を招致し、IC…

最近の記事 おすすめ記事

CATEGORIES

ARCHIVES

LINE