癌と闘うカンボジアの子供たちのために。食から支えるためのクラウドファンディングがスタート

認定NPO法人ジャパンハートがクラウドファンディングを開始

認定NPO法人ジャパンハートは、カンボジア初の小児固形がんの手術、治療を行う「ジャパンハートこども医療センター」を運営しています。長期ボランティア(栄養管理部マネージャー)として活動を支える料理人の野村さん(23歳、大阪府吹田市出身)は、子どもたちに衛生的で安全な食を提供するため、4月1日からクラウドファンディングを開始しています。

日本では小児がんの生存率が約80%と言われていますが、貧困のため治療の継続が難しい、また適切な治療を受けることが難しいという理由で、カンボジアでは約80%の子どもが命を落としていると言われています。カンボジアの小児がんの子どもたちの治療、手術を行っているジャパンハートでは、さらに「食」の面から子どもたちの治療を支え、命を救うため「給食センター」の建設を進めており、2019年6月の完成を予定しています。

Readyfor VOYAGE「がんと闘う子どもたちを“食”で支える。病院給食を提供したい!

「All or Nothing」でのクラウドファンディングを実施予定のため、5月31日(金)23時までに目標の300万円が達成できた場合にのみ、支援が確定します。またカンボジアの食や栄養の現状、またその課題解決に取り組む活動を知るためのレポート等も纏められていますのでぜひご覧ください。

給食センターの建設費用や必要備品にかかる費用は目処が立っていますが、肝心の「子どもたちに食事を提供する資金」については残念ながらまだ十分とは言えないとのことです。今回のクラウドファンディングはその「食事提供資金」としての募りであり、寄付を通して子どもたちの命を支える病院給食を提供するためものであります。

直接的な医療行為だけではなく「食」の面から子どもたちの命を支えることが、がんと闘う子どもたちには、手術や抗がん剤治療と同じくらいに大切なことだと言えるでしょう。ぜひご紹介したURLから詳細をご覧ください。

関連記事

  1. ヨーロッパ商工会議所がマンダレーに拠点開設し、経済発展のための覚書締結…

  2. シンガポールがPHOの食品使用を全面禁止。オムロンヘルスケア新会社設立…

  3. ミャンマー企業を対象にした調査で「2018年が一番不況」との調査結果

  4. フィリピンの歴史ある祭りでトランスジェンダーが集うミス・コンテストが開…

  5. ミャンマーで働く外国人労働者を対象にした外国人労働法案が国会提出へ。

  6. タイでデング熱が大流行中 出張やレジャーの際には感染症情報と自衛の確認…

  7. インド・インドネシア2か国ホームステイでデザイン思考を深く修得! “イ…

  8. タイ企業2社が、小売・卸売業への投資を申請。ミャンマーと陸で国境を接す…

最近の記事 おすすめ記事

CATEGORIES

ARCHIVES

LINE