【ミャンマー】ヤンゴンのライセンス取得済電気自動車2種が10月末に販売開始

中国YueDi社と国内企業カインカインサンダ・モーターカーKSD社が共同で製造している電気自動車2車種が10月末に販売開始される。

両車種ともヤンゴンライセンス取得済で5人乗り、KSDV1は1,400万チャット(=約100万円)、V2は910万チャット(=約65万1,000円)で販売される。

「バッテリー充電は、220ボルトに設定されているので家庭で充電が可能。市内も郊外も走行できるよう製造してある。
走行中に充電が少なくなってきたらガソリンで補助できる」とカインカインサンダ・モーターカー工場長ユー・ジャン・チェン氏が話した。

V1は、最高時速80キロ、走行距離800キロ、積載荷重1,460キロ、V2は、最高時速50キロ、走行距離110キロ、積載荷重960キロ。メーカー保証5年付で、故障の際は、工場で修理してくれるという。

部品を中国で生産し、ミャンマーで組み立てる。10月末に約2,000台販売するという。

既にライセンスも取得済との事で、販売に向けて乗り越えるべき壁は売れるかどうか、だけになりそうだ。家庭での充電も可能であるなど、紙面から読み解く限りは、問題なさそうだ。

関連記事

  1. 人工知能テクノロジー・スタートアップのシナモン、シリーズBラウンドの第…

  2. 230カ国を対象にした「2019年 最安モバイル通信料ランキング」でミ…

  3. シンガポール WIFIスポット 2万ヵ所突破。Wireless@SG政…

  4. Mastercard調査「2018年度アジア太平洋渡航先ランキング」~…

  5. 株式会社トキオ・ゲッツがアジアの小学校を活用した キッズマーケティング…

  6. シンガポール植物園 絶滅危惧の生姜を繁殖・保存

  7. 世界的暗号資産企業であるHuobiがシンガポールの起業家Eric Ch…

  8. ベトナム航空 2018年夏期スケジュールのご案内 (2018年3月25…

最近の記事 おすすめ記事

CATEGORIES

ARCHIVES

LINE