【ミャンマー】ヤンゴンのライセンス取得済電気自動車2種が10月末に販売開始

中国YueDi社と国内企業カインカインサンダ・モーターカーKSD社が共同で製造している電気自動車2車種が10月末に販売開始される。

両車種ともヤンゴンライセンス取得済で5人乗り、KSDV1は1,400万チャット(=約100万円)、V2は910万チャット(=約65万1,000円)で販売される。

「バッテリー充電は、220ボルトに設定されているので家庭で充電が可能。市内も郊外も走行できるよう製造してある。
走行中に充電が少なくなってきたらガソリンで補助できる」とカインカインサンダ・モーターカー工場長ユー・ジャン・チェン氏が話した。

V1は、最高時速80キロ、走行距離800キロ、積載荷重1,460キロ、V2は、最高時速50キロ、走行距離110キロ、積載荷重960キロ。メーカー保証5年付で、故障の際は、工場で修理してくれるという。

部品を中国で生産し、ミャンマーで組み立てる。10月末に約2,000台販売するという。

既にライセンスも取得済との事で、販売に向けて乗り越えるべき壁は売れるかどうか、だけになりそうだ。家庭での充電も可能であるなど、紙面から読み解く限りは、問題なさそうだ。

関連記事

  1. 【ミャンマー】JICAによる合計800億の円借款が、ヤンゴン市内の下水…

  2. フィリピンのコーヒー産業、輸出の未来は明るくとも国内改革には課題が

  3. インドネシア地震原因解明 北海道と地震被害国で支えあう観光と復興

  4. 日本スポーツ界に途上国発の人材育成プログラムが導入カンボジアで展開する…

  5. こんな校舎で学んでみたい!世界各国の学校をめぐる写真集『世界の美しい学…

  6. IT産業が熱いベトナムへの進出

  7. 第7回「アジア学生交流環境フォーラム(ASEP)」をマレーシアにて開催…

  8. ベトナム経済は今年は良好か 非小売ビジネスの激化と外資系アパレルの増大…

最近の記事 おすすめ記事

CATEGORIES

ARCHIVES

LINE