【ミャンマー】ヤンゴンのライセンス取得済電気自動車2種が10月末に販売開始

中国YueDi社と国内企業カインカインサンダ・モーターカーKSD社が共同で製造している電気自動車2車種が10月末に販売開始される。

両車種ともヤンゴンライセンス取得済で5人乗り、KSDV1は1,400万チャット(=約100万円)、V2は910万チャット(=約65万1,000円)で販売される。

「バッテリー充電は、220ボルトに設定されているので家庭で充電が可能。市内も郊外も走行できるよう製造してある。
走行中に充電が少なくなってきたらガソリンで補助できる」とカインカインサンダ・モーターカー工場長ユー・ジャン・チェン氏が話した。

V1は、最高時速80キロ、走行距離800キロ、積載荷重1,460キロ、V2は、最高時速50キロ、走行距離110キロ、積載荷重960キロ。メーカー保証5年付で、故障の際は、工場で修理してくれるという。

部品を中国で生産し、ミャンマーで組み立てる。10月末に約2,000台販売するという。

既にライセンスも取得済との事で、販売に向けて乗り越えるべき壁は売れるかどうか、だけになりそうだ。家庭での充電も可能であるなど、紙面から読み解く限りは、問題なさそうだ。

関連記事

  1. 日本人と対等に働くことができるベトナム人の育成を初月無料にてホーチミン…

  2. ミャンマー内国企業による事業投資のうち、約4分の1が不動産業への投資に…

  3. 日本の介護向けの人材派遣実施へ【ミャンマー】

  4. 6月20日『世界難民の日』タイ国境難民キャンプにてサッカーフェスティバ…

  5. ヤンゴン市内の交通渋滞緩和対策。バス路線見直し、タクシーへの対策などに…

  6. ミャンマーで責任あるビジネスを推進するMCRBによる、企業透明性ランキ…

  7. 人工知能テクノロジー・スタートアップのシナモン、シリーズBラウンドの第…

  8. 「インスタ映え」狙いの海外旅行は日本だけじゃない!タイやシンガポールな…

最近の記事 おすすめ記事

CATEGORIES

ARCHIVES

LINE