6人に1人が中絶経験、ベトナム6省・市で調査

保健省人口・家族計画化総局および国連人口基金(UNFPA)が発表した研究結果によると、ベトナム人女性の約17.4%が少なくとも1回の中絶を経験していることが明らかになりました。

居住区による比率の違い

中でも、農村部の中絶経験率は16.5%、都市部では19.6%に上ります。地域別で見ると、中絶経験率が高いのは紅河デルタ地方(33.5%)で、北部沿岸地方および南中部沿岸地方は7.7%であることが分かりました。

さらに、15~49歳の既婚女性の80.5%が性行為の際に何らかの避妊法を使用しています。このうち、コンドームをはじめとする近代的な避妊道具の利用率は64.4%だとのことです。都市部の避妊道具の利用率は農村部を上回っています。

高い中絶率の原因は?

中絶率が高い原因として、既婚・未婚に関わらず近代的な避妊道具の利用者の37.8%が使用前に適切な指導を受けていないことが挙げられます。また避妊道具の質に関する使用前の確認が十分でないことも原因の1つとして考えられます。

今回の調査は2015年から2016年にかけてハノイ市、西北部地方イエンバイ省、南中部沿岸地方フーイエン省、南中部高原地方ダクラク省、東南部地方ドンナイ省、メコンデルタ地方アンザン省の6省・市で15~49歳の女性6000人を対象にインタビュー方式で実施されました。

関連記事

  1. アジア諸国へのボランティアを「廃棄買取」で実現させる株式会社Shoic…

  2. 旧正月明けの採用ラッシュを支援 日系Talenty、リファラル採用プラ…

  3. フィリピン乗り合いタクシー「ジプニー」環境汚染・インフラ改善のためスク…

  4. タイにて高速道路が次々完成予定 デジタル免許証の復旧の加速にも期待

  5. 【ミャンマー】ヤンゴンでプラスチックゴミ削減啓発の劇を披露。各所でゴミ…

  6. ベトナム最⼤の⽇系会計事務所I-GLOCAL 給与代行専門会社を設立

  7. 第7回「アジア学生交流環境フォーラム(ASEP)」をマレーシアにて開催…

  8. フィリピン初の地下鉄現実化へ!全面開通は2025年。2022年に先行開…

最近の記事 おすすめ記事

CATEGORIES

ARCHIVES

LINE