AnyMind Group(エニーマインドグループ)、マレーシアに現地法人を設立

~10カ国目の拠点として、東南アジアでのさらなるビジネス拡大を目指す~

 

AI(人工知能)を活用したSaaSソリューションをアジア9カ国に展開するAnyMind Group(本社:シンガポール、 CEO:十河 宏輔)は、 2018年2月21日よりマレーシアに現地法人(AnyMind Malaysia SDN BHD)を設立し、 事業を開始いたしました。 この設立により、 AnyMind Groupの拠点数は10カ国11拠点となりました。

 

マレーシアオフィスのCountry Managerには官田 晃房(Akifusa Kanda)が就任いたします。 官田は前職のGenieeにて、 東南アジアを中心としたSSPビジネスの拡大及びマネジメントを担当して参りました。 これまでの経験と知見を活かし、 AnyMind Groupのマレーシアにおけるビジネスの拡大と統括を行います

AnyMind Malaysia Country Manager 官田 晃房

 AnyMind Malaysia Country Manager 官田 晃房
「すでに数多くの広告主をはじめとする取引先企業から、 マレーシアへの展開に関する要望を強く受けており、 これまで隣国のシンガポールやタイなどの既存拠点からリモートによるビジネスを行ってきました。 現地法人の設立に伴い、 マレーシアでのビジネス規模の拡大を目指すとともに、 アジアにおけるAnyMind Groupのプレゼンスをさらに高めて参ります」

 AnyMind Malaysia オフィス所在地
Level 15, Menara Darussalam (Grand Hyatt, KLCC) No.12, Jalan Pinang, 50450 Kuala Lumpur, Malaysia
電話番号:+60 3-2178-6460


 AnyMind Group について】
AnyMind GroupはAI(人工知能)を活用したSaaS(Software as as Service)ソリューションを提供するテクノロジーカンパニーです。 グループ傘下であるAdAsia Holdings、 TalentMind、 CastingAsiaが展開している各事業をはじめ、 あらゆる業界におけるビジネスの変革を目指しています。 前身のAdAsia Holdingsは2016年4月にシンガポールで創業し、 2018年1月にAnyMind Groupを親会社とする組織改編を行いました。 2018年2月現在、 10カ国11拠点で270名以上の従業員が勤務しています。 また2018年内に、 フィリピン、 中東、 インド、 ロシアへの進出を計画しています。

関連記事

  1. 農業従事者用アプリ開発、農業ツーリズム。ASEAN諸国の農業を支える技…

  2. 「ASEANツーリズム・アワード・ジャパン2018」受賞ツアー決定

  3. 新たな規制緩和の動き。ミャンマーで生産される21品目について、外国企業…

  4. フィリピン:アグリビジネスの農業起業家への予算増額 ジョブフェアに向け…

  5. 癌と闘うカンボジアの子供たちのために。食から支えるためのクラウドファン…

  6. フランジア、CIのアップデートを実施し、「株式会社Sun Asteri…

  7. フィリピンが米の輸入自由化へ 国内生産者からは大きな不満相次ぐ

  8. 全国の電力の約半分をヤンゴン管区で使用【ミャンマー】

最近の記事 おすすめ記事

CATEGORIES

ARCHIVES

LINE