今年もミャンマー水かけ祭りでスプラッシュウォークが開催

4/13~4/16の4日間、ミャンマーでは新年を迎えるにあたりティンジャンと呼ばれる水かけ祭りが行われます。スプラッシュウォークとはミャンマーの中心都市ヤンゴンの若者が中心となり、ミャンマー伝統の風習を復活させる事を目的とし企画され2016年から始まったイベントです。このイベントは、ヤンゴンにあるマハバンドゥーラ公園を出発し全長2kmほどの公道を大勢の若者が水鉄砲やバケツなどで通行人に水を掛けながら行進するというものです。

ミャンマー国民は水をかけあう事で1年間の悪い習慣、苦しみ、犯した罪を洗い流すと信じています。そのためティンジャン(水かけ祭り)の期間中は、綺麗な身体で新年迎えるため、お祝いの気持ちを込めて様々な場所で水のかけ合いが行われます。その他、街の至る所にピダウというミャンマーでは、とても有名な黄色の花が飾られ、主要道路にはいくつものステージが設置され伝統的なミャンマー舞踊が行われたり、流行りのダンスミュージックを流しながらパーティーも行われます。

ティンジャンの過ごし方をまだ決めて無い方は、ぜひ水鉄砲は買ってスプラッシュウォークに参加しましょう。

Bellaさん(@bella.saung)がシェアした投稿

Max 😎さん(@maxdenech)がシェアした投稿

関連記事

  1. 【ミャンマー】1月からヤンゴンの路線バス乗車で、カード決済が可能に。

  2. ミャンマー現地大手飲食チェーンのYKKOが、ヨマに株式売却へ。

  3. ヤマトHD、ミャンマー進出。小口配送マーケットへの進出も視野に。

  4. 日本女性とコスメ比率が全然違う!「インドネシア20代女性の美容実態」。…

  5. ダバオで「子供にやさしいバランガイ(住民自治組織)」を認定

  6. ダバオの交通渋滞問題。新しいバスシステムと土地の駐車場転用での免税で解…

  7. 【ザ・リッツ・カールトン バリ】新たなウエディングの需要喚起を目的とし…

  8. 【ミャンマー】モバイルアプリ経由で消費者問題訴え可能に

最近の記事 おすすめ記事

CATEGORIES

ARCHIVES

LINE