東南アジアへの優良ツアーを表彰「ASEANツーリズム・アワード・ジャパン」初開催

▼ASEANツーリズム・アワード・ジャパン 2018
https://www.asean.or.jp/ja/tourism-info/20181204/

国際機関日本アセアンセンター(東京都港区新橋6-17-19 新御成門ビル1階 事務総長:藤田正孝)は、ASEAN諸国への優れた旅行商品を表彰する新規事業「ASEANツーリズム・アワード・ジャパン」を開催する運びとなり、2019年2月3日(日)を締め切りとして、応募受付を開始しました。

アンコールワット(カンボジア)などの世界遺産、近年話題のリゾート ダナン(ベトナム)など数多くの観光資源を抱えるASEAN 諸国には、日本から年間500万人近い人々が渡航します。近場で気軽に訪れることができるASEAN諸国は、食や街歩きを楽しむロング・ウィークエンド、家族で楽しむリゾート、少し贅沢な自分へのごほうび旅など、あらゆるニーズに応える事が可能です。

ASEANツーリズム・アワード・ジャパンは、そのようなASEAN諸国の魅力の開発・紹介に貢献する、優れたツアー商品を表彰する国内初の事業であり、2015年から2017年までセンターで実施していた「メコン・ツーリズム・アワード」の対象国を域内10カ国に拡大・発展させた事業です。より良い商品企画・造成を促し、当該国への旅行需要喚起につなげ、ASEAN域内の経済格差の縮小を図ることを目的としています。また、ツアーを開発した旅行会社だけでなく、ツアーオペレーター会社・航空会社の3社を一組として、業界のラインを一括して表彰することにより、アウトバウンドの機運を盛り上げる効果を期待しています。

応募用件等の詳細については、センターのホームページで公開しています。なお、応募は旅行会社からの他、ツアーオペレーターと航空会社から、自社の関わるツアー商品を推薦することも可能です。

▼ASEANツーリズム・アワード・ジャパン 2018
https://www.asean.or.jp/ja/tourism-info/20181204/

<<ASEANツーリズム・アワード・ジャパン 2018概要>>

【名 称】 ASEANツーリズム・アワード2018

【運営概要】
旅行会社を対象に公募を行い、ASEAN10カ国への優れた旅行商品を造成、販売した旅行会社、手配オペレーター、航空会社の3社を1組として表彰。審査は、国際機関日本アセアンセンター、(一社)日本旅行業協会(JATA)、(一社)日本海外ツアーオペレーター協会(OTOA)などの代表者が行う。
応募締切は2019年2月3日(日)、表彰式は2019年3月上旬に都内で行う。

【表彰カテゴリー】
① ニュー・デスティネーション賞(新しいデスティネーションの開発に貢献し、ASEANの新しい観光の魅力を紹介するツアー)
② ラグジュアリー・トラベル賞(ワンランク上の上質な旅を提案するツアー)
③ ユニーク・ツアー賞(今までにない新しい視点でASEANの魅力を紹介したツアー)
④ サステナブル・ツアー賞(持続可能な観光を商品化したツアー)
⑤ メコン賞(カンボジア・ラオス・ミャンマー・ベトナムの魅力を紹介したツアー)
⑥ 審査員特別賞

【主 催】国際機関日本アセアンセンター

【後 援】 外務省、観光庁、(一社)日本旅行業協会、(一社)日本海外ツアーオペレーター協会

【詳細・応募要項】
下記、日本アセアンセンターウェブサイトをご覧ください。
https://www.asean.or.jp/ja/tourism-info/20181204/

【お問い合わせ先】
日本アセアンセンター観光交流クラスター
電話:03-5402-8008
Eメール:info_to@asean.or.jp

<<国際機関日本アセアンセンター>> 
正式名称:東南アジア諸国連合貿易投資観光促進センター ASEAN10カ国政府と日本政府により1981年に設立。 貿易・投資・観光・人物交流の4分野を中心に、ASEAN商品の輸出促進、日系企業の進出支援、人材育成、日ASEAN間の観光促進等を通して、日本とASEAN諸国との関係促進に貢献する国際機関です。
URL:http://www.asean.or.jp/ja/

<<本リリースについてのお問合せ先>>
国際機関日本アセアンセンター
東京都港区新橋6-17-19 新御成門ビル1F
観光交流クラスター
電話:03-5402-8008
Fax:03-5402-8009
e-mail: info_to@asean.or.jp

関連記事

  1. 【ミャンマー】ヤンゴン市内を走るバスの一部が24時間運行へ。

  2. eスポーツイベント開催! YEAHアジアリーグ in ペナン。

  3. 【ミャンマー】商品説明のミャンマー語表記義務化は、1年延期へ。しかし、…

  4. シンガポールNETS 経営幹部 Alvin Seck氏 ニッポンプラッ…

  5. ミャンマーで働く外国人労働者を対象にした外国人労働法案が国会提出へ。

  6. 【ミャンマー】スズキの新型エルティガ、一週間で4千台超の先行予約

  7. フィリピンGlorietta Activity Centerで『HAB…

  8. ネオキャリアの海外サービスブランドREERACOEN、マレーシア・ジョ…

最近の記事 おすすめ記事

CATEGORIES

ARCHIVES

LINE