非接触で出退勤を管理。AIを用いた製品を提供する地場企業BEET INNOVATORSが、顔認証システム「BifacePro」を発売。

ベトナムにて、セキュリティーソリューション研究開発を行なっている株式会社BEET INNOVATORSは、出退勤管理が可能な顔認証システム「BifacePro」の発売をしました。

BiFace Proは、顔認証技術を使用して、人との接触の心配もなく、現在コロナウイルス感染予防対策としても非常に役に立っています。例えば、学校で使用する際は、BiFaceProは自動通知アプリと連携して、生徒の出入りの通知がリアルタイムで保護者の元に届きます。よって、保護者は常に子供達の安否を確認できます。

BiFacePro製品は、すべて自社で研究・開発し、宣伝・販売までも行っており、自社の強みでもあります。

BiFaceProデバイスの主な機能:

  • 同時に複数の顔を認識できます。
  • 顔認証の正確性は99%以上です。
  • 識別と認識にかかる時間は1秒未満です。
  • デバイス画面の幅は約25cmで、認識された情報が画面上に表示されます。
  • クラウドテクノロジーを使用して、いつでも、どこでも、どのプラットフォームにもアクセスできます。
  • 従業員、保護者向けのモバイルアプリケーションで、結果はリアルタイムで通知します。
  • インストールが簡単(プラグアンドプレイ)。
  • 24時間年中無休のオンラインサポートチームがいます。

BEET INNOVATORSのプロダクトマネージャーであるNgo Ngoc Thanh氏は、次のように述べています。
「顔認識は、監視とセキュリティー面において、非常に重要なテクノロジーとなっています。現在、弊社では自社の顔認証技術を活用し、出退勤管理等の問題を解決し、企業や学校、お店のVIP顧客であったり、見知らぬ人を特定することができます。多くのベトナム国内企業様だけでなく、海外のお客様に向けてBiFaceProの導入に成功しました。これからの社会にもっと貢献できるよう今後とも研究を続け、提供していきたいと思います。」

BEET INNOVATORS(以下BI)は元々、有限会社BEETSOFTの研究開発部門であり、2019年にはBEETSOFTはベトナムで最大のIT企業上位50+10社の中に選ばれました。また、AIテクノロジーに基づく製品を提供するベトナムでトップの会社になることを目標としています。それから、BIでは、機械学習とディープラーニングの分野で最先端のソリューションを活用して、各顧客のニーズを満たすように設計された特殊な製品を開発しています。

BIでは、セキュリティーソリューションに関連する製品とソリューションを提供しております。

  • Biface:顔認識技術を使用し、出退勤管理デバイス
  • BeKYC:ショップおよび商取引オフィス向けの製品、電子顧客識別ソリューション
  • REVA:小売業界向けの革新的な4.0ソリューション
  • BiSecurity:建物およびオフィス向けのセキュリティソリューション
  • BiTraffic:スマートに交通を監視するためのソリューション
  • AiParking:建物および産業用フレームのためのスマートな駐車ソリューション

是非一度製品を体験してみてはいかがでしょうか。
以下のURLにて、当社のソリューションの詳細もございます。ご覧ください。
https://beetinnovators.com/product/biface/
あるいは、直接当社にご連絡ください。

株式会社BEET INNOVATORS
• Tầng 6, Toà nhà MITEC, Yên Hoà, Cầu Giấy, Hà Nội
• Email: sales@beetinnovators.com
日本語・英語対応:+84 24 3554 5190
ベトナム語のみ対応:+84 86 864 6386 (Ms.Huệ)

関連記事

  1. フィリピンのクリスマスシーズン名物「クリスマスキャロル」が無くなる日

  2. テラドローンインドネシア、国際協力機構(JICA)の協力のもと UAV…

  3. ミャンマー内国企業による事業投資のうち、約4分の1が不動産業への投資に…

  4. サッカー国際交流イベント「CEREZO CUP(セレッソ・カップ)」を…

  5. 【ミャンマー】保険業界の外資参入許可へ。3社は外資100%、その他は合…

  6. 日本スポーツ界に途上国発の人材育成プログラムが導入カンボジアで展開する…

  7. ミャンマー中銀、QRコード決済サービスの一切禁止を命じる

  8. 子供地球基金30周年記念 HAPPY EARTH展 開催

最近の記事 おすすめ記事

CATEGORIES

ARCHIVES

LINE